小さな祠に家を向いて北向きに祀られていました。
江戸時代の天保年間に造られたようで、知恵と財産を守る菩薩だそうです。