「死んでもブレスト(送話器)を外すな」という戦中の軍国主義思想の合言葉によって28名の女性と3名の職員が犠牲になりました。31名の名前が刻まれていました。