青年が多くたのもしく思いました。