戦後70年に向きあう

2015年9月19日 (土)

満身の怒りをこめ違憲の戦争法を強行した勢力に抗議

 9月18日夜中から19日未明にかけて、ネット、テレビで国会審議と国会周辺の動きに注目し続けました。

20150918

あらためて憲法前文と9条を読みました。

 安倍内閣と自民党、公明党、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革この人たちはこの憲法をどう読んでいるのでしょうか。
 寸分なく戦争法=安保法は違憲であることがわかるではありませんか。
 戦争法をを強行した人々は、戦後の日本史に大きな汚点を残す役割を果たしてしまいました。社会進歩を押しとどめる役割をはたしてしまいました。

 日本国憲法を持った国民の「戦争法案反対」「国民の声を聞け」「民主主義ってなんだ」の声は日本全国に燎原の火のように広がっていきました。“すごい”と思いました。〝国民が主人公〟この国民の歩みはだれも止めることはできないと思いました。
 戦後最悪の悪法が強行されましたが、私も主権者の一人として、私のできる方法で、力を合わせ、たたかいに参加し続けようと決意しています。

 元裁判官75人が9月15日に山崎正昭参院議長に意見書を出しましたが、その意見書の中に次のような意見が述べられていることを知り、同感で「そうだと」と強く思いました。

「人類はいまだ戦争という流血の惨事を乗り越えられないこの時代にあって日本国憲法が示した戦争放棄の理想は世界を導く灯台の光にもたとえられるものであり、これを我が国に定着させることが国民的な願いでありました。私たちも裁判官として憲法99条に課せられた憲法を尊重し擁護する義務を自覚し、憲法が要請している士道の役割を果たすべくその職責の行使に努めてまいりました」

Photo

Photo_6


pout 戦争法案反対討論

 戦争法案反対のたたかいで、もう一つすばらしいと思ったのは、民主党、共産党、維新の党、社民党、山本太郎となかまたち、無所属会派の6党会派が、安全保障政策の違いや様々な条件があって心配になる時もありましたが違いを超えて、衆院から参院まで共同しあってきたことでした。

2015091901392381

movie  小池晃さんの動画をご覧下さい。

次をクリックすると見れます。

https://youtu.be/xPT6javLuSE?list=PL3M7AtnZgh3U41I_9TybULqo1e-H5dluu

 福山哲郎(民主党)、小野次郎(維新の党)さんが反対討論を行いました。
社民、山本太郎となかまたちは議席数のため反対討論ができませんでした。

201509190036531

201509190128271_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

憲法を乱暴に蹂躙する安倍内閣は退陣を  9月18日

201509181922363

movie 日本共産党
志位和夫委員長が安倍内閣不信任案賛成討論

次をクリックすると動画を見れます。

https://youtu.be/ZofG2fFfTH4?list=PL3M7AtnZgh3U41I_9TybULqo1e-H5dluu

rock 民主、維新、共産、社民、生活の野党5党が共同して衆議院で安倍内閣不信任決議案を提出し、民主党の枝野幹事長が趣旨説明し、民主、維新、共産の3党が賛成討論を行いました。結果は否決されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相は責任をとって辞めろ!!  9月18日

野党6党・会派
安倍首相に問責決議を突き付ける


日本共産党書記局長
山下芳生議員が賛成討論

201509181411185

movie 動画をご覧ください。
次をクリックすると見れます。
https://youtu.be/vCqqzEiyf1M


● 民主党、維新の党も賛成討論

201509181345251_2

201509181400541_2






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

戦争法案の採決は許さない。国民の声を聞け 9月17日

井上哲士共産党参院幹事長の参院鴻池委員長不信任動議への賛成討論

201509181004442

すばらしい討論で、だれもが聞く耳もたざるを得ないものでした。

movie 次をクリックすると動画を見れます。

https://www.youtube.com/embed/RLMv2WPGpzE?list

pout  戦争法案の参院特別委員会での採決を数だけを力に、国民の声も聞かずに強行した、安倍内閣、自民党、公明党、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の行為は絶対、絶対許せないし、許さない!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

強行審議は許さない!違憲の法案は廃案に!   9月16

国会周辺は違憲法案を数の力で審議を強行しようとしている安部内閣と与党に、抗議する人々が時間が過ぎるにつれてあふれています。

201509161910153

201509161913463

201509161920313

movie  毎日動画 怒りに包まれた国会周辺
https://amp.twimg.com/v/f58f7ccc-5ab8-4819-9048-aeb6cfd24495


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

若者に希望を!国民の声に耳をかたむけて! 9月15日

奥田愛基(おくだ・あき)氏の公述人発言

201509151928121

参議院中央公聴会 9月15日(火)

次をクリックすると動画で奥田愛基氏の発言を聞くことができます。

movie https://youtu.be/p0fGJhFjgyU

 感動しました。

 胸が揺さぶられました。

 一人の青年が公述に数日、ねむることもできずに過ごしながら、国の主権者と

 しての思いを堂々と表明しました。

 戦争法案は許さない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦争する国はダメ!政府・与党は国民の声を聞け  9月14日

Photo

201509142246181_2

1_150914_5

201509142246186

pout 政府・与党は主権者国民の声をきくべし

 アジア太平洋戦争の反省のうえに、世界に誇れる憲法9条を持った日本。
世界では紛争、戦争が依然として絶えたことがないけれど、だからこそ、憲法9条は益々輝いているのでは。“戦争はダメ”何があってもダメ。戦争にならないように、諸国民の諸国民の公正と信義を信頼して、外交を積極的に展開することが求められれているのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

海外で戦争する国への道は許さない!!  9月10日

安保法制と安倍政権の暴走を許さない演劇人・舞台表現者の会が声明を発表!!

うれしい気持ちでいっぱで、賛同の署名をしました。

安保関連法案(戦争法案)を廃案にするまで力を合わせましょう。

次をクリックするとホームページへ
happy02  http://www.aaby-butai.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

権力の暴走許してはならない 戦争法案  9月6日

「風をよむ」 ~声を上げはじめた人々~
サンデーモーニング 9月6日 より


岸井成格氏がコメント

メディアの責任、正念場に

2015060720493310_3

 キング牧師の〝沈黙は罪だ〟という、あの言葉は非常に重いと

思うんですよね。

今回の問題は何かといえば〝民意とは何か〟という、その民意は

本当に国政に反映されているかどうか。そのかい離、ずれをみん

な敏感に感じていると思うんですよね。

そういう中であらためて、メディアの責任って正念場だなあって感

がするんですね。安保法制は中身もそうですけれども、強引な

やり
方もそうですけど、まぎれもなく、権力の暴走なんですよ。これ

をどうやって止めるか、一番大事なことでメディアの非常に大きな

使命でもあると思ってるんですよね。    

 これは戦前のまさに反省なんですよ。その教訓をどう生かすか

ですよ。あの無謀な戦争を止められなかったっていう。沈黙

して、ある場合にはあおっちゃった、そういう責任があると思うん

ですね。


happy02 一貫してぶれずに発言し続けている岸井成格氏の発言だけにジャーナリストとして責任を果たそうという重みがありました。力を合わせ戦争法案は廃案に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

春日部からも戦争イヤだ!戦争法案反対の声  8月9日

           集 会 決 議
 

 自民党・公明党を与党とする安倍政権は、日本を「海外で戦争する国」につくり変える戦争法案の採決を、衆議院で強行しました。多くの憲法学者が法案は違憲だと指摘し、12,000入を超える学者・研究者が反対を表明し、かつてない多くの国民が全国各地で反対の声をあげているにもかかわらず、強行採決に踏み切ったのです。今回の暴挙は、憲法が攻治権力を縛るという立憲主義を否定し、多数を占める与党議員の数の力で主権者国民の多数意思を踏みにじる独裁政治、専制政治そのものです。わたしたちは満身の怒りを込めて断固抗議します。

 日本は、戦後70年問、戦争によってだれ一人殺し、殺されることなく、平和憲法を持つ国としての国際的地位を確立してさました。これこそ真の平和主義であり、安倍首相の言う偽りの「積極的平和主義」に騙されてはなりません。積極的とは、武力を背景とする抑止力を強めることです。いま、世界のいたるところに悲惨な難民を生み出している紛争は抑止力であるはずの武力によって拡大し、憎悪の連鎖からテロを深刻化させています。武力による抑止力で平和を守れないことは明らかです。武力を背景とした戦争法案は廃案にするしかありません。武力を強めるのでなく、若者には安定した雇用を実現し、高齢者には穏やかな老後を実現するなど、すべての国民に健康で文化的な生活を保障していくのが真の平和主義です。戦争法案によって活気付くのは軍需産業だけです。

 論戦の舞台は参議院に移りました。戦争法案をこのまま成立させれば、民意を踏みにじってでも、国会議員の多数決で何でもできるという安倍自公政権の誤った民主主義観を追認することにもなります。強引に衆院を通過させたものの、矛盾を深めているのは安倍政権です。急落した内閣支持率を突きつけられ「支持率のために政治をやっているわけではない」と強弁する姿こそ追いつめられている証拠です。戦争法案を廃案にし、安倍内閣を退陣させるためにも日々大きく発展している国民のたたかいを一層広げ、ここ春日部からも、さらに追いつめていこうではありませんか。民意を侮ったらひどい目にあうと知らしめようではありませんか。

 以上決議します。

       2015年8月9日
      戦争イヤだ!戦争法案反対、怒りの市民集会

Dsc01122

Dsc01145

movie 次をクリックすると集会とパレードの動画をご覧いただけます。

(集会) https://youtu.be/t7Qh2lNuj6I

(パレード) https://youtu.be/1LWsne13PIM


 長崎に原爆が投下されてから90年の8月9日(日)埼玉県春日部市で、「戦争イヤだ!戦争法案反対、怒りの市民集会&パレード」が行われました。

 春日部市では「わたしたちも、戦争法案に反対します!!」の呼びかけが「戦争イヤだ!『戦争法案』に反対する春日部市民の会」(略称市民の会)から行われ、1,000名を超える市民から賛同署名と募金が集められ、市民の会では8万枚のチラシをつくり戸別配布、駅頭宣伝などで市民に届けて「戦争法案」に反対しましょうと訴えてきました。
 その活動を結集して8月9日の集会&パレードとなりました。この日の行動には230名が参加しました。

 集会は司会を菊里隆さんが行い、市民の会を代表して代表世話人の牛山積さんが基調報告。そのあと吉岡壮也さん、嶋田徹さん、萱場篤史さん、矢野恭子さん、山本智子さんの5人が、私も戦争法案に反対しますと、それぞれの思いを参加者に訴えました。そして、上記の決議を行い、春日部駅東口までパレードをおこないアピールしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)