文化・芸術

2013年4月16日 (火)

三國連太郎さん逝く  4月16日

 三國連太郎さんが4月14日に90歳で亡くなられました。
心から哀悼の気持ちをお伝えします。

 三國連太郎さんは私が好きな俳優の一人でもあり、三國連太郎さんの「釣りバカ日誌シリーズ」はよく見ました。三國連太郎さんの発言にはいつも注意して聞くようにもしていました。
 私の印象に強く残っていた記事に、2004年11月3日の「しんぶん赤旗」に掲載された「発言=2004 憲法」での三國連太郎さんの発言がありました。
 三國さんの訃報を聞いてその切り抜き記事を探し出しました。読んでみて、9年も前の記事とは思えないほど現在にもピッタリなするどい発言に敬服しました。
 もう一つは、子どもの頃に田舎の学校の体育館で見た「異母兄弟」の映画がずうっと私の記憶に残っている、すごい映画だったということです。

 そういうことで、2004年11月3日の「しんぶん赤旗」の記事を再録させていただきます。

発  言

 2004 憲法

 三國連太郎

みくに・れんたろう 1923年生まれ。 50年松竹に研究生として入り、51年「善魔」でデビュー。そのときの役名が芸名に。主な出演作は「異母兄弟」「飢餓海峡」「神々の深き欲望」「釣りバカ日誌シリーズ」など。ドラマ「新幹線をつくった男たち」(東京系 きょう3日放送)で国鉄総裁・十河信二役。著書に『白い道』『三國連太郎 梁石臼 風狂に生きる』など。
Mikunirentarou01
(2004年11月3日 「しんぶん赤旗」掲載写真より)

不合理な権力に抗して

 僕はね、10代のころ、二度、家出をしたんです。最初は、伊豆の下田から「神風」という輸送船にもぐりこんでチンタオ(青島)まで行った。年齢を偽ってダンスホールで働いたり、プサン(釜山)で駅弁売りをしました。中学2年から20歳まで、朝鮮半島と中国大陸を通算して5ヵ月ほど放浪したでしょうか。
 日本にいなきゃ軍事教練もしなくていいし、戦争に行かなくてすむと思ったんですね。二度目の逃亡の時、佐賀の唐津からおふくろに手紙を書いた。その手紙をおふくろは警察に届けたんです。消印で、僕は捕まりしてね。本籍地の伊豆に連れ戻された。20歳の時です。仕方なく静岡連隊に入隊して、一ヵ月後に中国戦地に送られました。
 当時の女性の置かれてる立場を思うとそうするかなかったんでしょうね
僕みたいな子どもがいると世間からつまはじきにされる。弟妹がかわいそうだってことでしょうか。僧んだことはないです。母親を。

  父は「生きろ」と

 戦地に行ってから信条にしたのは、出征の時のおやじの言葉です。「絶対、生きて帰ってこい」と言った。見送りにも来ませんでした。おやじはシペリアに出兵したことがありました。戦争がどういうものか、肌で感じていたんでしょう。軍隊というのは、ウソで固められた組織でした。終戦は中国の漢口で迎えました。デング熱で二週間ぐらい意識不明になって、治った時に敗戦を知りました。捕虜になって翌年、帰国したのですが、あと一年、作争が続いていたら生きてなかったかもしれない。中学の同級生も三分の二は死にました。
生き延びて思ったのは、死んでいった仲間は、ひょっとすると犬死にだったのではないか、ということでした。僕は、祖国のために命をささげるという関係がどうしてもわからなかったんですね。僕にとって祖国とは何なのか。この疑問は中学の時から、81歳の今まで続いています。
 戦後、役者になって、山本薩夫さん、家城巳代治さん今井正さんといった優秀な監督と出会いました。この人たちの作品を通して戦争に対するものの考え方を主人公に負わせて芝居をしてきました。いつのまにか、そういうものが排除され、憲法が変えられそうな妙な時代にすべりこんできたなと感じます。
 僕には一人息子(俳優の佐藤浩市さん)がいます。息子に「男の子だけは産むな。徴兵制でとられるぞ」と言ったことがありました。生れてきたのは男の子でした。今、小学2年ですがこの子が大きくなった時、日本はどうなっているのか空恐ろしい気がします。 僕は生理的に権力というものが嫌いなんです。昔はそれで、結構、仕事を干されたりもしました。

   大事にしたこと

 墨子の言葉で「非無安居也 我無安心也」というのがあります。安じて居る場所がないわけではない、安んじる心がないから安居がないのである。自分自身を失ったら安心もない、ということでしょうか。僕は安心とは、不合理な権力に抵抗することで生まれるんじゃないかと思っています。
 この仕事を始めて53年になりますが、大事にしたことはただ一つ、歴史をゆがめたものには出ないということです。でも僕は弱い人間です。今は憲法に守られているから自由にものが言えますけど、言えなくなったらどうなるか。戦争は殺し合いです。あれだけの犠牲を出して構築した平和憲法だけは、守っていかなきゃいかんと思います。

 聞き手 板倉三枝記者
 写 真 滝沢清次記煮

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

長野県青木村と栗林一石路  10月22日~23日

義民の里の歴史を受け継ぐ青木村
明治・大正・昭和を生き抜いた栗林一石路


clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 長野県小県郡にある青木村は、平成のアメとムチによる大合併に組みせずに、自治と自立の道を歩んでいます。そんな青木村にいつも尊敬の念をいだいて村の発展を願い続けている私です。
Img_5775Img_5728 私は、青木村と上田市の境界近くの上田市浦野で生まれ、私が中学3年の時に分村合併があり、旧浦里村の一部であった当郷が青木村に行ったという忘れられぬ思い出があります。青木村の象徴でもある子檀嶺岳と夫神岳が私の生家からもよく見えます。嬉しいにつけ悲しいにつけいつも二つの嶺を仰いで育ってきました。青木村とは切っても切れぬ関係にあると思っています。

東山道を通してさまざまな文化が入ってきた青木
有史に5回の百姓一揆  正義感と反骨精神ある村


 1300年前の奈良時代、幹線道の一つであった東山道。青木から上田に向かう途中に浦野駅がありました。東山道を通してさまざまな文化が青木村に入りやすかったようです。
Img_5668
(青木村歴史資料館で)
 青木村の歴史には百姓一揆が5回も起きています。私は5回も百姓一揆があったとは知りませんでしたが今回知りました。でも、おばあさんら百姓一揆の話を聞いた記憶があり、長兄に聞いてみると、明治2年の百姓一揆の時に商売をしていた(東山道浦野駅で)おじいさんが酒だるを用意し、おにぎりの炊き出しで出迎えたということをおばあさんから聞いていました。
  貧しいから百姓一揆ということではなかった
 桜田義文さんの話では、江戸時代、上田藩の山の中の村であまり重視されなかった。正義感があり反骨精神がある村で、貧しいから一揆ということではなかったようだと言います。
青木村では、百姓一揆の首謀者はいつも厳罰にされるので、みんなで首謀者の家族を守り育ててきた気風がありました。ですから、神様として祀られ、義民太鼓も伝わっています。

栗林一石路没後50年・雑草忌のつどい
新俳句人連盟主催・10月22日~23日 青木村で開催


Photo
(栗林一石路)
 青木村での開催を知り、私は俳句は全く作らず、「俳句人」の読者ですが参加可能ということで参加させてもらいました。
 考えてみると青木村のことを知らない事が多かったの、この機会に少しでも青木村の事を知りたいと思ったのです。参加して本当によかったと主催者に感謝しています。

delicious 栗林一石路の略歴

1894年(明治27)青木村夫神で生まれる
本名 上野農夫(たみお)母の再婚で栗林姓に
1907年(明治40)この頃から俳句をつくる
1914年(大正 3)徴兵で入営
1921年(大正10)斎藤たけじと結婚、青木時報創刊、編集主任
1923年(大正12)上京、改造社に就職
1927年(昭和 2)改造社を退社し、新聞連合社に就職
1930年(昭和 5)プロレタリア俳句を宣言
1938年(昭和13)従軍記者で中国広東へ
1940年(昭和15)皇紀2600年式典に出席
1941年(昭和16)治安維持法違反で逮捕、投獄
1943年(昭和18)保釈出獄、判決は懲役2年、執行猶予3年
1945年(昭和20)11月「民法」創刊、編集局長
1946年(昭和21)「新俳句人連盟」創立、幹事長、「俳句人」創刊
1947年(昭和22)「私は何をしたか」を「俳句人」に掲載、日本共産党入党
1948年(昭和23)「民法」廃刊
1949年(昭和24)「新俳句人連盟委員長(1954年まで)、妻たけじ死去
1955年(昭和30)「栗林一石路句集」「短歌と俳句」刊
1957年(昭和32)結核で入院治療
1960年(昭和35)自宅で結核療養、「プロレタリア俳句の主張とその検証」「俳句」刊
1961年(昭和36)5月25日死去

delicious  シャツ雑草にぶっかけておく
Img_5725

delicious  ぼんおんと鳴る鐘きいて   畑をしまいけり
Img_5731

delicious  義民いまは神にして   冬の山はあり

 
三つの〝とげ〟をのこすまいと念願している

Img_5625 
今回、こんなご縁で「私は何をしたか  栗林一石路の真実」 栗林一石路を語る会編著を読むことができ、青木村郷土美術館館長桜田義文さんのお話も聞き、名前だけは知っていた栗林一石路の全体を知ることができました。そうして、栗林一石路の俳人としてジャーナリストとして生きた生涯に尊敬の念を持ちました。
 特に、戦後「私は何をしたか」で戦中に自らが絶対主義的天皇制のもとですすめられた、アジア諸国への侵略戦争に加担してしまったことを〝三つのとげ〟として自己反省したことが私には強烈な印象となりました。
Img_5650 現在もそうですが、戦時中に明確に戦争責任がある政治家が復権していたり、戦争協力の作品を書いて戦争鼓舞の役割を果たした多くの文化人が、そのことへの反省を口にしない状況があります。そうした中で、栗林一石路の態度には尊敬の念がわきました。栗林一石路は「私は何をしたか」の最後の部分で「もちろん私の不敏は今後もおそらく数々の過ちを犯すであろう。しかしふたたび一つの過ちの上に、反省することなしに次の過ちを重ねないようにつとめることによって心に〝とげ〟をのこすまいと念願しているのである」と述べています。
(三つのとげとは-従軍して従軍記を書いた事、皇紀2600年に出席し、讃美の俳句を作る、転向の手記を書いた)
 多くの文化人に慕われていた栗林一石路
Img_5664
(見舞い者の記録から-青木歴史資料館で)
 青木村の歴史資料館で展示されている栗林一石路の資料を見ましたが、その中に一石路が結核で入院治療することになった時に、その当時の著名な文化人の多くが見舞いを寄せた記録が在りました。見ていた人たちの間から「すごいねえ」とささやきが漏れました。

国宝大法寺三重塔
いつ来ても、何回来ても懐かしい

 この国宝三重塔(見返りの塔ともいう)は私が子どもの頃から何回ともなく通った場所で、誇りに思っている貴重な文化財です。中学生の時に、三重塔の大修理があって先生の案内で、塔の内部にも入ってじっくりと見学したことがありました。懐かしい思い出です。
 生家に帰省すると一人で歩いてこの塔をよく見に来ます。そして写真も撮るのですが、なかなか満足できる写真が撮れないでいます。
 やっぱりすばらしい文化財ですね。
(鎌倉時代最後の年1333年に建立された)
Img_5703
(国宝大法寺三重塔=見返りの塔とも呼ぶ)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

ジャズピアニスト 秋吉敏子 inかすかべ   11月6日

「私はジャズというミュージシャンとしてしか存在しない」
             ― 秋 吉 敏 子  ー

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 高久价章・豊織子氏主宰による10回スペース悠悠チャリティーコンサートが、11月6日(日)春日部市春日部高校センテニアルホールで開催されジャズピアニストの秋吉敏子さんが出演されました。

 タフで親しみのある演奏に感嘆

 81才を超えている人の演奏だろうかと思ってしまうほど、迫力があって、ジャズの旋律に合わせて身をふっている自身に気付きます。そして、親しみがすごくあるのにも驚きました。Akiyoshi_b
全身を使って演奏しているのです。右足を強く後ろに踏み返し、床を強く踏んでいる音も聞こえます。
 ジャズって生活に根ざいしている音楽で、秋吉さんが表している全てがジャズなんだろうなと感じた私でした。
 やはり、生演奏会に参加できて本当によかったです。
そして、「私はジャズというミュージシャンとしてしか存在しない」という秋吉敏子さんの言葉を思い出したのでした。

 ジャズに日本の伝統文化を取り入れて

 111106Reposeという曲が演奏された曲が他の曲とはすごく違って感じられました。マイクの感度がわるく秋吉さんのトークが良く聞き取れない部分があったのが残念でしたが、青森県弘前での事を作曲したもののようでした。リンゴ、コメ作り、春が来るのを待っている、雪が落ちる音がステキとも言っていたように思います。

 

「ホープ 希望」を作曲した経過についてもふれられ、防空豪から顔を出したている女性の表情にショックを受けたことなど・・・。
 アメリカに1956年に渡り、それ以来アメリカを拠点に演奏活動をしていること事。そのアメリカには根強い人種差別意識があって特にアジア人に対する差別意識がある事など。

最後の演奏曲は「てんてんてまり」でした

 温かった手の感触

Img_6473 
 演奏会が終わってからロビーでサイン会があり、秋吉さんは多くの人の希望に快く応えていましたが、その笑顔がすばらしいと感じました。演奏しているときの姿とは違った表でした。
 私は秋吉さんのCDは持っているので、握手だけ求めましたが快く応じてくれ、温かな手でした。
 秋吉敏子さんありがとうございました。これからも健康に留意され、益々援総括度で活躍されることを願ってやみません。


  ジャズと秋吉敏子さん

 私は、音楽鑑賞をするのが好きで、一番好きなのはピアノ曲です。
ジャズも「いいなあ」という感じはずうっと持っていました。
 昨年12月2日、NHK放送「100年インタビュー~ジャズピアニスト・秋吉敏子~」を聞く機会がありました。
Photo
 秋吉敏子さんが生きて来た人生と哲学に、すごく共感できることがたくさんあり、感銘しました。
 日本の伝統文化をジャズに取り入れた事。娘さんのMonday満さんとの事、「ヒロシマ-そして終焉から」「HOPE  希望」作曲の経過など々。そして「政治の在り方と社会問題は離れていない。ミュージシャンなのでジャズ語で表現したい」
 秋吉敏子さんの哲学として言っていた言葉「自分の持っているものは、しっかり持ちながら、相手の持っているものを理解すること」が印象に残りました。

 それ以来、あらためてジャズに関心が高まり、秋吉さんのCD、その他のジャズCDを購入して聞くようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

「ローマの休日」〝赤狩り〟と闘った人たち 5月20日

happy01 12月2日Bsプレミアム放送で
「ローマの休日」がまた放送されました。


 今回、2011年6月4日に掲載した、ブログ記事の【「ローマの休日」〝赤狩り〟の嵐の中で〝赤狩り〟と闘った男たちの知られざる物語】があって、過去とはまったく違う感覚で
映画を見ました。
 不思議な気がしたのですが、映画の中での俳優たちの表情の細かい動きにまで、自分が見ていたのです。そして、新鮮な、見終わってじわ~とくる、余韻が残る、そいういう気分になったのでした。
 この映画は名作と言っていい、そういう映画ではないでしょうか。

 そんな私の気持ちを表現したくなり、初めてのことですがトップに持ってきてみました。

● 以下は2011年6月4日の記事です。

Bs歴史館 シリーズ ハリウッド100年①
「ローマの休日」〝赤狩り〟の嵐の中で
〝赤狩り〟と闘った男たちの知られざる物語

Img_5635_2

clover  写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

NHKBsプレミアムで2011年5月20日放送
鳥谷部寛巳プロデューサー
菊池正浩プロデューサー


 happy01  出演者  happy01
Img_5375_2 Img_5373_2





Img_5367_2Img_5484_2








    東京大学大学院教授 藤原帰一(国際政治学)
女優 斉藤由貴
作家 中村うさぎ
映画評論家 上島春彦(著書 レッドパージ・ハリウッド他)

私は、これまでにテレビで2~3回「ローマの休日」を観ていました。
番組表をよく見なかったので「またローマの休日をやるんだ」程度に推察してしまっていました。ところが、放送が始まってみて違うことに気づき、放送に引き込まれて熱心に観ました。「ローマの休日」製作の背景にこんなにすごい闘いがあったことに感動し、また新しい事を知ることができて本当によかったと思っています。
 日の丸、君が代の押し付け問題や、ビラの配布の自由権の問題と、ダブって考えさせられました。人間の精神活動を本当に大切にし、思想・良心の自由、言論・表現の自由、政治活動の自由、信教の自由はどんな政治体制の元でもしっかりと保障し守らなければならないと強く感じました。

それで、ブログで放送の内容をできる限る忠実に伝えたいと考え記事を書いています。
ですから、まとめるのに時間がかかりました。

  プロローグ

1911年、最初の撮影所が作られてから今年でハリウッド誕生100年を迎える。

(中村うさぎ)
「ローマの休日」を観たのは、10代後半から20代前半の頃で「甘っちょろいロマンス」ぐらいにしか思っていなかった。今回、はじめて、脚本家が赤狩りにあって、なんでそんな人がわざImg_5723_2 5264_2 わざこんな作品を書いたのか。たとえば、太宰治が「走れメロス」を書いたようなものなのかな。
(上島春彦)
トランボが「ローマの休日」を書いた時には、投獄されることがほぼ決まっていた。そいう切羽詰まった中で企画され脚本が書かれたのが「ローマの休日」だった。
(藤原帰一)
「ローマの休日」と〝赤狩り〟の関わりについてご存知でしたか?(斉藤由貴に問いかけ)
(斉藤由貴)
全く知らなくて、本当に陳腐な話。背景をかみしめて考えると、こういう作品が求められたのかな

book  「ローマの休日」は1953年に公開

監督 ウィリアム・ワイラー
アカデミー賞のオリジナル・ストーリー賞受賞
オードリー・ヘップバーン 主演女優賞
最初しばらく字幕の脚本家のクレジットはマクレラン・ハンターとなっている。
    =本当の脚本家は別にいたことが
                 後年わかりましたが、ダルトン・トランボでした=
なぜ、名前を代えていたのか。〝赤狩り〟によってハリウッドを追放された男だったから。

歴史的背景

1929年、世界恐慌
1933年、ルーズベルトのニューディール政策が進められたImg_5425_2
Img_5285_2アメリカ共産党が勢力を拡大し7万人にも
1937年、日・独・伊防共協定
1938年、アメリカ下院に非米活動委員会が発足(1975年廃止)
1939年9月1日、第二次世界大戦はじまる。
1941年12月8日、日本が太平洋戦争を開始
反フアシズムで米・英・ソが共同戦線
ダルトン・トランボ 1944年アメリカ共産党に入党
1947年 トルーマン・ドクトリン(共産主義封じ込め政策)
米・ソ冷戦のはじまり

最初のターゲットにされたのがハリウッドだった。

1947年9月 トランボ、非米活動委員会に召喚される
1947年10月 非米活動委員会公聴会開始
第1週は共産主義反対の有名スターを召喚し注目を集めさせた。
Img_5301_2  ロバート・テイラー、ロナルド・レーガン、ゲーリー・クーパーなど
 ウォルト・ディズニー「自由の国アメリカから共産主義をあぶり出すべきだ」と先頭に
第2週はハリウッド10(テン)と呼ばれる人たちが召喚された
(委員会尋問) あなたは共産党員ですか。かつて共産党員だったことが有りますか
(トランボ)  あなたはいかなる理由でその質問をしているのですか と追求をかわす
Img_5313(委員会尋問) 質問するのはあなたではない。あなたは共産党員だったことがありますか
(トランボ)  私は質門の根拠を知る権利がある。あなたはいかなる権利を持っているのか。
共産主義者だと認めれば仕事や地位を失う。しかし、共産主義者でないと証言すれば自からの思想・信条に反する。トランボたちは証言しないことで〝赤狩り〟に抵抗した。

「ハリウッドテンとは」
1Img_5306.アルヴァ・ベッシー (脚本家)
2.ハーバート・ビーバーマン (映画監督・脚本家)
3.レスター・コール (脚本家)
4.エドワード・ドミトリク (映画監督)
5.リング・ラードナー・ジュニア (ジャーナリスト・脚本家)
6.ジョン・ハワード・ローソン (作家・脚本家)
7.アルバート・マルツ (作家・脚本家)
8.サミュエル・オーニッツ (脚本家)
9.エイドリアン・スコット (脚本家・プロデューサー)
10.ダルトン・トランボ (脚本家・映画監督)

ハリウッドテンを激しく非難する者、応援する者。ハリウッド映画界は〝赤狩り〟で分断された。

「ローマの休日」監督ウィリアム・ワイラー

Img_5326
1902年 フランスアルザス地方に生まれる。(ユダヤ系)
1920年(18歳)でアメリカに移住。24才で映画監督に
1942年 「ミニバー婦人」でアカデミー賞 作品賞・監督賞
1946年 「我等の生涯の最良の年」でアカデミー賞 作品賞・監督賞
 この映画の中で「共産主義は敵だ」とさわぐ男をなぐりつけるシーンが。共産主義への差別を痛烈に批判したワイラー。この翌年、赤狩りがハリウッドを襲う。
1947年 ワイラーは抗議運動の先頭に立ちますが、厳しい現実の前に民主主義の理想は挫折。
1981年7月27日亡くなる

heart02  アメリカ憲法  修正1条(1791年)
連邦議会は、国教の樹立に関し、自由な宗教活動を禁止し、言論または出版の自由、平和的に集会し、苦情の救済を求めて政府に請願する人民の権利を縮減する法律を制定してはならない。

ウィリアム・ワイラー自身は共産主義とは距離を置いていImg_5662ましたが、〝赤狩り〟に反対しハリウッドテンを真っ先に応援した一人でした。ワイラーは有名監督、スターたちと抗議団体を設立。「思想・言論の自由を保障する憲法に反する」として抗議を呼びかけました。
「ローマの休日」の監督を引き受けたのがウィリアム・ワイラーだった。
アカデミー賞にノミネート2回、受賞3回と。ハリウッドに残る巨匠でいまだに破られていない。
映画のタイトルに不思議な言葉をクレジットしている。「撮影そして編集のすべてをローマで行った」
そして、オードリー・ヘップバーンを発掘

(ジャン・ハーマン=ワイラーの伝記作家)
ローマの休日」はワイラーが監督でなければローマで撮影されなかったでしょう。なによりも、アン王女はオードリーではなかったから。

(長女キャサリン・ワイラーの回想)
父は共産主義と言うだけで迫害されることは思想・信条の自由という憲法の理念に反すると怒りました。非米活動委員会こそ非アメリカで〝赤狩り〟を阻止しなければならないと考Img_5333 え抗議したのでした。父にとってアメリカが平和・平等を象徴する理想の国でした。
父は、抗議行動が効力を発揮できなかったことに失望しました。しかし、映画監督として赤狩りと闘う別の方法を探したのです。
  《別の方法とは「ローマの休日」の監督を引き受けることだった》
脚本はハンターが書いたと思っていました。脚本家がトランボだとは想像もしませんでした。明らかに父は知っていたのです。そこには、暗黙の了解があったと思います。公になれば深刻な問題になります。父にとってハリウッドから追放された人たちと仕事ができる唯一のチャンスだったのです。〝赤狩り〟に対する彼なりの闘いであり希望だったと思います。

  ● ワイラーは抗議行動にラジオも活用しました ●
その時の録音テープが70年代にハリウッドのラジオ局で発見され保存されています。ラジImg_5674Img_5339_2 オ番組名は「ハリウッドは反撃する」でした。
・ ジュディ・ガーランドは「ここ数週間、非米活動委員会が映画界を調査しています。私は絶対に許すことはできません」
・ ワイラーは「映画監督のウィリアム・ワイラ―です。非米活動委員会は表現を抑圧しハリウッドに恐怖を作り出している。恐怖は検閲をもたらす。検閲はスクリーンを麻痺させる」とラジオから呼びかけました。

 1947年11月、アメリカ下院はハリウッドテンの議会侮辱罪を可決。映画製作者協会は協力を表明。「ハリウッドテンが共産主義ではないと宣言しない限り、誰であろうと雇Img_5356 用しません」
こうしてダルトン・トランボはハリウッドを追放されました。ワイラーは憲法の思想・言論の自由がふみにじられ〝赤狩り〟に敗れました。

(中村うさぎ)
自分の身を置き換えてみると、思っていることとか、そいうことを全然書けない。書いたら仕事がこない。そんなことになると本当にどうするんだろうと彼の気持ちを考えながら見ていました。
(斉藤由貴)
左翼に攻撃が集中した。まずハリウッドから切り込みが入った。やっぱり、みんなの眼が集中するところで、たとえ彼らがコミュニストであれ、濡れ衣を着せられたにせよ「言うことを聞かなければこういう目に会うんだよ」という的な策略というか、あったんではないか。
(藤原帰一)
ハリウッドが踏み絵を踏まされた。
1947年にハリウッドのストライキがあり、共産主義者を追放しようという動きが強まります。
1947年10月 ハリウッドテン公聴会。
1947年11月 アメリカ下院で議会侮辱罪採決。映画製作者協会が共産主義者排斥表明。
Img_5304 ハリウッドで〝赤狩り〟が行われるということがアメリカ中で放置される大イベントになる。
ディズニーは〝赤狩り〟派で、赤狩りに賛成だった人たちは企業の経営者側に立っている人たち。労働問題があって、たくさんの人たちが働かないとアニメが作れない時代だった。そいう事もあって共産主義に一番強く反対した一人がウォーズ・ディズニーだった。
(上島春彦)
ハリウッドテンのほとんどの人は、第二次世界大戦中にアメリカの国策に積極的に関わって〝民主主義プロパガンダ的〟な戦争映画を作った脚本家とプロデュ―サーだった。そういった戦争映画においてダルトン・トランボが最もすぐれたメッセージを込めた脚本を書いてなおかつヒット。
(斉藤由貴)
トランボは戦時中から共産党員として存在していたにもかかわらず、作る作品としては、民主主義を推進しようとするプロパガンダ的な作品を職業として作っていたということ?
(上島春彦)
そういう事も言える
(中島うさぎ)
ファシズムとの闘いということだったから
(上島春彦)
対ファシズムとなる限りコミュニズムも資本主義も同じ立場になるんですね。トランボがアメリカの国策に積極的に関わるということは自分の思想・信条になんら反することはなかった。
(中村うさぎ)
トランボが戦後になってから共産主義的な映画を作って人々を洗脳していくことを恐れたのでは。
(上島晴彦)
恐れた。その通り。
(藤原帰一)
話はさらに悪くなっていく。
共産主義者でないということを身の証を立てなければ映画の世界では食べていけなくなる。食べていけないとはっきりしてくると、みな腰砕けになっていく。更に、公聴会に出た時に、ただ共産主義者じゃないというだけでなく、仲間の名前を言わなければならない。「共産主義者の友だちがいるだろう。それをここで明かしなさい」と求められるわけ。非常に厳しいグロテスクな密告の強要が行われる。
(斉藤由貴)
Img_5369政治的な背景などについて知識がないんですけど、共産主義のいわばダークサイド的な密告システムって、赤狩りをやっているアメリカの民主主義を自由を掲げる人たちが悪いことをやっていたように私には聞こえるんですけど。
(藤原帰一)
全くその通りだと思います。ワイラーのような共産主義者じゃないリベラルな人が赤狩りに反対したのはそこなんですね。結局、共産主義に反対する過程でソ連と全く同じことをしているではないか。それが共産主義の立場をとらないリベラルな赤狩りに対する反発だったんですね。
(斉藤由貴)
トランボは公聴会で、ああいう場に立って自分のカラーを出しながら敵対する自分に対して絶対よく思っていない人に対して相当勇気のあることと思う。なかなかできないですね。ああいう所でああいう事を。

(中村うさぎ)
アメリカって「正義」っていうものが存在すると思っているじゃないですか。第二次世界大戦の時はヒットラーやそういう「正義」に反する敵であり、赤狩りの時代になると共産党員が敵で、資本主義が「正義」だというようになってアメリカの一貫した「正義」主義みたいなのがちょいちょい出てきますよね。
(藤原帰一)
それがアメリカ社会をまとめている原則なんですよ。多数民族社会ですからね。自分たちの中にいる敵を追い出さないとアメリカが壊れてしまうという恐怖の限りに。

  「脚本家 ダルトン・トランボ」

1905年12月9日、コロラド州の靴屋の息子として生れ、南カルホニィア大学でジャーナリズImg_5265ム作家をめざす。1935年(30歳)アシスタントライターとして映画界に入る。
1939年(34歳)「ジョニーは銃を取った」を出版。1971年にトランボ唯一の監督作品「ジョニーは戦場へ行った」(原作・脚本・監督)を製作し反戦への強いメッセージを発した。
1950年6月アメリカ最高裁はハリウッドテンに実刑判決を下し、トランボは10ヶ月間投獄されました。 1953年に公開された「ローマの休日」を脚本。
1979年9月10日亡くなる。

《驚きました。「ジョニーは戦場へ行った」は全てがダルトン・トランボの製作だったことです。私も一度この映画を観ていて、すごい映画を作る監督がいるんだなと印象に残っていたのが鮮明に蘇りました》
Img_5405 Img_5693

《主な脚本作品》
東京上空三十秒 Thirty Seconds Over Tokyo(1944年)
ローマの休日 Roman Holiday (1953年)イアン・マクレラン・ハンター名義
テキサスの死闘 Terror in a Texas Town(1958年)劇場未公開、米JBSでTV放映、ベン・L・ベリー名義
スパルタカス Spartacus(1960年)
栄光への脱出 Exodus(1960年)
ジョニーは戦場へ行った Johnny Got His Gun(1971年)
ダラスの熱い日 Executive Action(1973年)
《主な原作作品》
ジョニーは戦争へ行った Johnny Got His Gun(1939年)
新妻はお医者様 You Belong To Me (1941年)
ローマの休日 Roman Holiday (1953年)
黒い牡牛 The Brave One(1956年)ロバート・リッチ名義

ハリウッドを追われたトランボがどうやって「ローマの休日」を映画化できたのか

キャリアの絶頂期を襲ったのが赤狩りで映画界を追われたトランボ。家族でメキシコに移住。1949年、ソ連が核実験に成功しアメリカの軍事的優位が脅かされた。米ソ冷戦のもと赤狩りは激しさを増した。その中心にいたジョセフ・マッカーシー議員の名前からマッカーシズムと呼ばれるようになった。
ハリウッドで共産主義者のブラックリストが作られ、仲間を裏切り、密告、偽証する者さえ現れた。そして300人以上の映画人が追放されました。
 しかし、トランボは脚本家の仕事を捨てることはありませんでした。架空の名前で脚本を執筆し続けたのです。
 「拳銃魔」脚本家名 ミラード・カウフマン
 「テキサスの死闘」脚本家名 ベン・エル・ペリー
などB級映画を手掛けながらハリウッド復帰をめざしました。

(トランボの長女ニコラの回想)
父は自分の境遇を嘆くことはありませんでした。本当に怒っていたのは密告者が横行するImg_5435 ハリウッドに対してでした。自分が助かりたいばかりに罪のない人の名を告げてしまう。密告を恐れ古くからの友人同士がある日から口も利かなくなるのです。本当に痛ましい時代でした。

《〝赤狩り〟の嵐が吹き荒れる中、トランボが書きあげたのが「ローマの休日」でした。
この作品では親友の脚本家イアン・マクレラン・ハンターの名前を借ります》

(長女ニコラの回想)
ハンターが自分の名前を使わせることはとても危険な事でした。それが父の脚本だとわかImg_5711 れば、二人の関係が疑われハンターも職を失うことになるからです。秘密をもらさない固い信念が必要でした。

《親友の力を借りて映画化をめざした「ローマの休日」そこにトランボはどんな思いをこめたのでしょうか》

(トランボの伝記作家ハンソン)
トランボは富と名声を犠牲にして偽名で脚本を書くなかで、本当の役割や使命に気づくのです。それは、アン王女がブラッドリーとの幸福を犠牲にして国務に戻ることと、どこか似ています。

《アン王女の「私が義務をわきまえていなかったら、今晩帰ってこなかったでしょう」のセリフに自立した存在へと成長する姿が》

 1950年6月アメリカ最高裁はハリウッドテンに実刑判決を下し、トランボは10ヶ月間投獄されました。自らの意思を曲げなかったトランボ。「ローマの休日」は彼の静かな闘いを貫くための心の支えだったのかもしれません。

(斉藤由貴)
印象に残ったのは「拒む姿勢」「拒絶する姿勢」。トランボは、生きる上で拒絶するということが時に美徳だし、それが自分を作っていく場面でもあるのでは。
(中村うさぎ)
戻らない(ハリウッドに)という選択もあったのではないか。そうしなかったのは、トランボはハリウッドに戻りたかったのではないか。反戦思想を持ちながらも第二次世界大戦中にプロパガンダ思想の作品を作ってしまった。今度、ハリウッドに戻った時は毅然と自分の意思を貫ける人間としてハリウッドに戻りたいと考えたのでは。
(上島春彦)
「ジョニーは戦場に行った」でトランボはクリスマスが好きで、自分の人生を映画の中に投影する。バスタブで脚本を書く人、ユーモアある人、そういうことがトランボという人を創り上げた要因では。
(中村うさぎ)
Img_5293 本当にバスタブで書いていたのかしら。自己演出っぽい。
(遠藤帰一)
書いていたのかもしれませんよ。
(上島春彦)
トランボはこの時代に、他の人よりお金を稼いでいる。刑務所に行く前にお金を作らないと家族を養えないという現実。
(中村うさぎ)
なるほど。生活のためですね。すごく納得しました。
(斉藤由貴)
投獄されるかもしれないという状況があったにしても、彼の中で「よし、おもしろい作品を作ってみんなに楽しんでもらうぞ」という物づくりの人間としてのピユアさも必ずあったのではないかなあ~。
(中村うさぎ)
それはあるかもしれない。普通なコメディーを書いているような精神状態ではないと思うけど。あえてコメディーを書く。ロマンスを書く。それも一つの考えようによっては反骨ですよね。
(遠藤帰一)
結果的にお金目的で作ったのかもしれないのに、ここで出てきた女性の成熟、大人になることで諦めること。トランボは自分の運命を引き受ける。監獄に行くしか仕方ないのだから。トランボは赤狩りに直面し困難に出会う事で脚本家として明らかに力を伸ばしたのでは。
(中村うさぎ)
逆境でね。

  happy01 出演俳優について  happy01  
当初、ケーリー・グラントとエリザベス・テイラーが主役でしたがワイラーは、グレゴリー・ペImg_5586 Img_5526 ック(赤狩り反対の抗議団体にいち早く参加した俳優だった)をジョ-・ブラッドレー(新聞記者)に起用し、アン王女はオーディションでオードリー・ヘップバーンを発掘しました。


オードリー・ヘップバーン

Img_5749

「終戦の1年ほど前、1944年の頃には、公演にも参加しました。私なりに何らかの形で貢献出来たらと公演で得たお金をレジスタンスに寄付しました」・・彼女はオランダのファシズム政権下で秘密裏にレジスタンスを支援した少女でした。
(1925年5月4日ベルギーで生れ、オランダで成長。1993年1月20日没)

 ワイラーは映画製作過程で会社側に譲歩し、予算の関係でモノクロになりました。それはあきらめたけれど、ローマ行きにはこだわりました。
1952年 夏 ローマで撮影開始
Img_5757 ワイラーは信頼できる人物だけをローマに連れて行きました。
ワイラーの右腕で赤狩りのブラックリストに載り業界を追放された共同プロデューサーのレスター・コーニックも。
 
(ワイラーの伝記作家ジャン・ハーマン)
ローマでなら、スタジオから注文がついても、「知らなかった」ふりができる。完璧に彼がリーダーでした。ワイラーの意のままに撮影できたのです。

《ワイラーが自らシナリオに加えたシーン“真実の口”(〝嘘つき〟が手を入れると噛まれて手を失うという言い伝えがある)はアドリブだったのです。 ワイラーは後に「こImg_5783 5264_3 れを映画のどこかに入れなければと思ったんだ。二人の人間がお互いに嘘をついている物語だから」と語りました。》

(遠藤帰一)
ワイラーは私の大好きな監督なんです。非常にしっかりした信頼できる人格者。フランスのアルザス出身でユダヤ系でアメリカとの間に、ある種の距離感がある。しかも〝赤狩り〟の中には実は秘められたテーマとしてユダヤ人に対する差別が有り、ユダヤ人はインテリで左翼、共産党じゃないかと疑いをかけられ安いところがある。ワイラーは共Img_5779産主義者ではありませんけれど、自分と同じユダヤ人でしかも共産主義と疑いをかけられた人たちを守らなければいけないと考えていた一人なんです。
(中村うさぎ)
そう考えてみると“真実の口”のシーンは確かにその当時の〝赤狩り〟の時代に偽証し て、罪のない人を被害者にした人とか、噓つきが右翼にいたわけですよね、ハリウッドの中に。トランボの脚本にはなかったけれど監督の胸にはそいう物があったのかな。
(上島春彦)
実はトランボ以外にもブラックリストの人物が紛れ込んでいる。
Img_5557 レスター・コーニック(1951年ハリウッド追放処分)でワイラーが第二次世界大戦中に知り合った人で信頼していて、プロデューサーして自分の共同製作者の一人として扱う。そういった選択をとるためにローマでの仕事を選んだのではないか。
(斉藤由貴)
女優の立場として言うと、スタジオで撮影するのと外で撮影するのとではものすごい大きな違いがある。空気が動いているってすごく大事なんですよ。特にヘップバーンは新人じゃないですか。ローマで暑かったり、寒かったりいろいろな事があったはず。その中で「みんなでやろう」という撮影をやったからこそ、その中で、一瞬の輝きとか、きらめきとか、うまく言えないけれど、ジャポンと跳ね上がったきれいなところを、シュツとワイラーがつかんだのではないだろうか。
(中村うさぎ)
ロケだからこそ自由のリアリティーさっていうか、王女がバッサリ髪を切って自由になるとか。
(藤原帰一)
Img_5723_3 みんなで、ローマで休日を楽しんで作っちゃつて。原題は「ローマ人の休日」で、「ローマの休日」これがいろいろな意味がありそうなんですけど。ハリウッドが行き詰まっていた時に、ローマが自由な映画活動ができる所、しかも、ハリウッドではパージされているような人との仕事もここならできる。
(上島春彦)
そして、もう一つ、この時代のヨーロッパ映画の撮影技術のすごさ。ロケーションなど。撮影監督のアンリ・アルカン(フランスの名カメラマンで1909年~2001年)は代表作「美女と野獣」「ベルリン・天使の詩」などを撮った人。
ハリウッドが姑息な形で衰えかけている時に、世界中からどんな人でもよい、映画が好きな人だったら来てくださいって形で人材を呼び寄せるすばらしい都でもあったんです。
(藤原帰一)
ローマだから赤狩りで追われた人間も仕事ができるし、オールロケーションで、新人俳優で、自由に映画を撮れる。ローマとアメリカ、悠久の都と新世界の都が逆になってしまっている。変な気がするんですけど。
(中村うさぎ)
古代ローマはすごく古い都ではあるけれど、言ってみれば、民主主義発祥の地のようなものではないですか。
(遠藤帰一)
共和国も伝統がありますけれどね。
(中村うさぎ)
この当時のローマは落ちぶれた古い国になってしまったんだろうけれども、逆にそこが自由を保障してくれる大地となったのがおもしろいですね。

 1954年(「ローマの休日」公開の翌年)マッカーシーは失脚し、〝赤狩り〟の嵐も収まって行った。しかし、ブラックリスト入りした映画人たちの多くはハリウッドに復帰できませんでした。

(ハワード・スーパー)(カリフォルニア大学名誉教授-映画史)
ハリウッドは常に新しい才能が求められる競争社会です。たえず、古いものは淘汰され新しいクリエーターが活躍します。政治的な思想・信条ではなく、あくまで才能の勝利であり、追放された過去の人たちが簡単に戻れる環境ではなかったのです。

 ダルトン・トランボは厳しい現実の中で諦めませんでした。
Img_5796 1950年(55歳)、「栄光の脱出」(実名で発表)。非国民のレッテルを貼られてから13年後のことで、米ソ雪解けの時代でも。1960年、米ソ文化交流のモスクワで「ローマの休日」が公開され、試写会には3万人が押しかけました。

《映画公開40周年を記念して1993年、アカデミー選考委員会はトランボにオリジナル・ストーリー賞を授与。既にトランボは他界していて、トランボ婦人がオスカーを手にしました。
 2003年、映画公開50周年を記念して、ついにImg_5831、「ローImg_5800マの休日」字幕にトランボの名前がクレジットされました》
 

(トランボの長女ニコラの回想)
Img_5815 「ローマの休日」を見て涙したのはラストシーンでした。
いくつもの、思いがこみ上げてきました。無邪気さ、そして純真、アン王女の「人々の友情を信じる」「信念は裏切られない」というセリフは父が語りかけているかのようです。父は、この映画から新しいアメリカが生れることを願っていたのです。

《ローマを去る最後の日の記者会見。アン王女はここで初めてジョー・ブラッドレー(新聞記者)がスクープ記事をねらっていた事を知ります。しかし、二人は信頼を確かめ合う言葉を密かに交わすのです》

「永遠を信じます」           (アン王女)
Img_5452 Img_5808 「人と人の間の友情を信じるように」   (アン王女
「王女のご信念が裏切られぬ事を信じます」(ジョー)
「それで安心しました」         (アン王女)

Img_5807


「あの時代に悪漢も英雄も聖人も悪魔もいなかった」「みな長い悪夢の時代の犠牲者だったのだ」

   トランボは後年、赤狩りの時代を振り返り、こう語りました。
Img_5603 Img_5605

(斉藤由貴)
トランボの家族はつらい思いをたくさんしたはずですよね。しかも投獄の理由は自分が悪いとか、何もないのですからね。それでも、何の抵抗もできない大きな力に取り巻かれて、そういうことになっちゃう。すごく空虚ですよね。
(藤原帰一)
トランボが「私は正しかった」という言い方をしないのが救いですよね。
彼は節を通した人でしょ。ずうっと自分の考えを曲げなかった。中には、裏切った人がたくさんいるわけです。裏切った人も犠牲者だと見る視点をトランボは表現していると思います。これって勇気のいることです。
(上島春彦)
一番の犠牲者はだれだったんだろうと考える時に、トランボは犠牲者ではなかったかもしれませんね。1956年の「黒い牡牛」脚本家名はロバート・リッチで実名を隠して書くのですけど、結果的にはこの脚本もアカデミー賞をとってしまうんですね。だから、そうしてみると、トランボという人は実はブラックリストに載っている時代に一番すぐれた仕事を行った人だったのかもしれません。
(中村うさぎ)
そうかもしれませんね。
(藤原帰一)
Img_5633_2 アメリカ映画では50年代の中頃から60年代の中頃までは政治的には非常に抑えた。政府批判のようなものがわずかしかない映画の時代。みんなが受け入れる、安心できるエンタテーメントをめざした。赤狩りの傷が50年代の後半までずうっと残っている。ハリウッドの表現を痩せさせてしまったということを否定できない。
(中村うさぎ)
ヨーロッパにも昔、魔女狩りという暗黒時代があり、自由と民主主義を標榜したアメリカが同じような事を、形を変えてやってしまう。人間って本当に繰り返すな。この先も絶対にあるぞと。
(斉藤由貴)
どんなに自分の力ではどうしようもないような、不条理なというか、境遇に置かれても、時代の流れに巻き込まれても、でも、人間というのは、そういうのに負けずに何か良きものに向かっていこうとする力があるんだなあと感じた。そういう事を知って「ローマの休日」を観ると二重、三重に深い理解ができると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

「二人の旅路」 日中激動を生きた京劇夫婦  3月6日

梁嘉禾・柴田真理夫婦の京劇にかけた人生

Img_9702
clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 3月1日、NHKBShiで午後8時~9時半まで放映されました。
二人の生きざまに心うたれるものがたくさんあり、感動しながら見ました。


誠実に生きている人は平穏な人生が送れる
                 梁嘉禾


梁嘉禾(りょう・かほ)(70歳)さんと妻の柴田真理(65歳)さんは福岡に住んでいますが、二人とも中国生まれで、二人とも京劇の道を進んでいて瀋陽の劇場で知り合いました。梁さん22歳、真理さん17歳でした。

寧夏京劇団から
「覇王別姫」(はおうべっか)出演の依頼


 2010年秋、二人が20年前にいっしょに活動した寧夏京劇団からの依頼を受け「覇王別姫」(はおうべっき)を演ずるために訪中することになりました。
 真理さんにはもう一つ、亡くなった母親の遺骨と義父の遺骨を親族と海に流すという特別の事情もありました。

兄弟の、すばらしい思いやり

 瀋陽の地域では、夫婦が亡くなると骨壷を赤い紐で結えて海に流す風習があり、兄弟もそれに従い両親を弔いました。
Img_9557  私も見ていて涙が流れてしまったのですが、兄妹は父親が違う真理さんのことを配慮し、古くからの風習にとらわれずに、紐を結えないで海に一緒になって流したのでした。
兄弟のすばらしい配慮で、真理さんもすごく嬉しく兄妹に感謝しました。
 母は昔、真理さんに「私が亡くなったら散骨して」といっていたそうですが、真理さんが思ったのは、海は日本にもつながっている。母の心には海の向こうのもう一人の夫がいたのでは・・・・

寧夏で熱烈歓迎のもと「覇王別姫」を演じる

「私のために演じてくれるんでしょう」   真理
「そう。最後の舞台だ。『うん悪くない。やっぱり一流だ』と真理に言わせたい」   梁


Img_9298 Img_9303  (取材記者) 真理さんは梁さんから京劇を奪ってしまったと悩みましたか
(真理さん) 悩みました。時々思うのですが彼は中国にいれば良い暮らしができて、こんなに苦労しなくて済んだはずです。「自分さえいなければ」「死んだ方がましだ」と考えました。
(梁嘉禾さん) 考えすぎだよ。そんな考えを持ってはいけない。その考えは何の役にも立たないよ。人生は苦労するのが当たり前なんだよ。

寧夏では劇団の昔の同僚が43年前の梁さんの衣装を大切に保管していてくれました。
Img_9624 寧夏では梁さんがいなくなってから、「覇王別姫」は上演されていませんでした。今回、梁さんの「覇王別姫」が上演された後に劇場を建て替えることになっているのだそうです。
梁さんの相手役の「虞姫」を真理さんにという要請もあったそうですが真理さんは断っていたのです。
 みなが心こもった対応をしてくれました。

私の一生の中で、日本での暮らしが一番幸せ
よいイメージを彼女の心の中に残したい

Img_9706

Img_9708
梁さんは開演前の化粧中にこう述べて舞台に臨みました。

Img_9323

舞台が終わって

(真理さん)
Img_9333

とても感動しました
私と日本に行ったことで梁さんは京劇を捨てることになりました。でも梁さんは奇跡を起こしました。

Img_9336 20年間、舞台に上がっていないのに、私は梁さんを誇りに思います。
まるで心の氷が溶けるようです。
私につらく当たった人たちの顔がよく現れました。とても深い傷を負っていたのです

Img_9350皆が全力で支えてくれました。
Img_9351
昔のことはどうでもいいと感じられるようになりました
Img_9357

真理さんの顔が舞台前とは全く違う、生き生きとした気力ある表情に変っていましImg_9367た。 驚 ような変化でした。(私が映像を見ていて感じたこと)この変化にすごく感動しました。

梁さんにむかって「ありがとう。あなたのおかげです」
Img_9370
Img_9373

梁さん 満足できる舞台になりました

Img_9389

翌日、舞台に真理さんが立っていました。そして二人だけの「覇王別姫」を踊ったのでした。


私がこの「二人の旅路」から学んだこと

私は京劇についての知識がありません。
Img_9284
Img_9289 「覇王別姫」という演目についても全く知りませんでした。このブログ記事を書く準備を始めて、疑問を持ちネットで調べました。
この劇は中国の紀元前、秦の始皇帝の時代が終わり、それに代わる覇権をめざしてのたたかいで、項羽と劉邦の戦いで項羽が敗れ劉邦が漢を創った前漢時代のことでした。
「覇王」は項羽のことで別姫は項羽の愛人虞姫のことで劇などでは虞姫を妻としているそうです。
項羽が最後に追い詰められ、逃げ延びるのに足手まといになってはいけないと、虞姫が自害するところが劇にされているようです。(私の理解が正確かどうかわかりませんが・・・)

 そういう悲劇であるので、真理さんの精神状態では虞姫役を引き受けられなかったのだと思います。
Img_9399  そういう精神状態を梁さんの舞台が変えて、生きる力を真理さんに取り戻させることができたのではないでしょうか。
 梁さんの、どんなことにも動じないで誠実に生きようとする姿にすごく感動しました。
 そして、お国柄は違っても、芸術を通じてお互いを理解することは時間がかかってもできるのだ。中国もすばらしい人たちがいっぱいいるのだと思いました。

真理さんの異父兄弟の心配りは、本来は人間だれもが持っているすばらしさだと思いました。


梁嘉禾さんと柴田真理さんの足跡

 真理さんは父親が日本人で母親が中国人でした。両親は武漢で1945年8月7日に結婚しましたが8日後に終戦で、父親は収容所に入れられました。
Img_9291  1946年1月2日に真理さんは湖北省武漢で生まれました。
真理さんはのちに母親から「戦争について、自分たちの運命について、もしああなったら、こうなったらと寝ずに二人で話し合った」ということを聞きました。
 父親は真理さんが生後5ヶ月の時に日本に強制的に退去ささられました。
Img_9524 お母さんは夫といっしょに日本に行くことを望みましたが許可されませんでした。
母親は日本人と結婚した罪で2年間も投獄されました。お母さんと真理さんは連絡が途絶えた夫を10年間待ち続けましたがなにも起こりませんでした。

母親は真理さんを育てていくために再婚を決意。相手は武漢から1000キロも離れた瀋陽でした。日本名では迫害されるので、真理さんの名を「柴正莉(サイ・シンリ)と変えました。
新しい夫との間には一女四男の5人の兄弟が生まれ8人の家族となりましたが苦しい生活でした。お母さんは85歳で亡くなりました。

 真理さんは家計を助けるため14歳で京劇に入団し励みましたが、日本人の子であることは「秘密」でした。
Img_9565

Img_9563

梁嘉禾(りょう・かほ)さんは8歳の時に人民解放軍の劇団に入団し各地を歩きました。
Img_9466 1989年、京劇俳優の最高峰である国家一級俳優になり、押しも押されもせぬ京劇俳優になったのです。
1963年、梁さんが巡業で瀋陽にやってきて、劇場で二人は出会いました。
梁さんの活動拠点は寧夏(ねいか)の銀川(ぎんせん)でした。
真理さんが梁さんに手紙を出したことから瀋陽と寧夏の文通が始まりました。
真理さんは梁さんに父親が日本人であることも告白しました。

1966年文化大革命が始まり、二人は北京の集会に合わせて参加し初デートでした。
Img_9585瀋陽に帰った真理さんは文革の先頭に立つ紅衛兵に推薦されましたが、紅衛兵になるの には厳しい身元調査がありました。
「彼女は日本人の子だ」と壁新聞で攻撃され、「日本人は紅衛兵になってはならない」「侵略者の子」と名前を逆さまに書き×印がされました。×印は「弾圧」するという意味で真理さんは追い詰められました。

1967年梁さんと真理さんは結婚し寧夏で生活

梁さん27歳、真理さん22歳でしたがいっしょに生活することはできませんでした。
Img_9601

Img_9687  京劇の練習は禁止され、下方政策で農村に送られ重労働を強いられ、二人がいっしょに暮らせるようになったのは結婚から3年後で、真理さんの嫁入り道具は布団カバー1枚だけでした。
 真理さんは寧夏の劇団で誰よりも練習に打ち込みました。
願いは新しい街で「秘密」が守られることでした。
 それから21年間、日本に移住するまで寧夏で暮らしました。

父親の柴田正和さんから手紙が届く

1972年日中の国交が回復し、中国残留孤児の肉親捜しが始まりました。
Img_9681真理さんも北京の日本大使館に父親の消息を尋ねる手紙を書きましたが、1979年に日本大使館から父親の柴田正和さんが南米ウルグアイで貿易商を経営しているとの連絡が ありました。
 それから1年後に、正和さんから真理さん宛ての手紙が届きました。手紙は英語で書かれていて、中国語に訳してもらって読みました。

「秘密」が発覚し追い詰められる真理さん

 しかし、手紙のやりとりから、ついに真理さんの「秘密」が発覚してしまいました。
そうしたこともあって、中国では最高の役柄である共産党幹部役を真理さんが演じることになっていましたが、「日本人の子である」ということで実現しませんでした。

990年3月-寧夏京劇団の日本公演

 真理さんも一員に選ばれ初めて日本を訪問しました。
しかし、その公演先に父親の正和さんがウルグアイで亡くなったという悲しい連絡が入ったのでした。
Img_9695

Img_9699
 父の死後から2年後(1992年)に梁さんと真理さんは日本に移住しました。
梁さんは真理さんを守るために国家一級俳優をやめて京劇から去ったのでした。

どこも雇ってくれなかった

 日本に来て思いもしなった事ですが、どこも雇ってくれませんでした。
二人はペンキ塗りのアルバイト、夜中の2時、3時まで餃子を包んだり、缶詰工場でパートで働いたりもしました。
Img_9736  二人で努力し中華料理店を始めましたが真理さんが過労で倒れ1年間で閉店せざるをえませんでした。
 2009年から二人は、残留孤児支援給付費で暮らしています。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

大人たのしいCafe Live  12月19日

Cocolog_oekaki_2010_12_20_09_38
  今年は横井久美子さんのライブを一度も聴く機会がなかったので、このまま歳を越せないと国立市まで出かけました。
 きっと参加者は女性たちが圧倒的だろうと覚悟して参加したのですが、やっぱり、男性は2人のみでした。
 でも時間をかけて出かけてよかったというのが私の実感です。

  「ガソリンまみれのオートバイ」-沖縄のたたかいに思い

横井久美子さんが香川県高松市から買ったという着物姿でライブ&トークをしました。「漫才S_dsc_0056_2になるのでは」と本人は気にしたりしていましたが、これもいいのではと感じました。不思議だったのは横井さんがはいていた草履の足踏みの音がすばらしく心地よい音をたてていたことでした。
 「ガソリンまみれのオートバイ」「赤い椿と青いげんぼし」が私にはよかったです。

 休憩30分の間のバザー&ショップ

私は押し花を買い求め、ワイン1杯とコーヒー1杯で協力し、ベトナム旅行でいっしょした人たちに声をかけ元気を確かめ合いました。
 二部  ワハハ車座セッション   
              にんげんだれでも表現者


 二部は何をするのかイメージがはっきりしていんかったのですが、始まってみて「これはすばらしい発想と企画」と感心しました。
 8人が出演というよりか、自らの思いを様々な表現で表していて、どの人もすばらしく、輝いていて感動しました。
 1組に与えられた時間は7分だそうですが、短い時間で伝えたい事を、音楽、言葉、映像、おどりなどで見事に伝えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

第18回平和ミニコンサート    10月24日

春日部市非核平和都市宣言実践の一環として
佐藤輝夫と仲間たちによる
平和ミニコンサートが今年も


10月24日(日) 春日部高校 センテニアホール

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます

 これまでに、佐藤輝夫さんを中心に18回も平和ミニコンサートが続けられていることはすばらしいことだと思います。
Img_56081  私は2回目の参加ですが、会場も近く気軽に参加できて幸せです。
会場はほぼ満席で盛会でした。
今年は、写真撮影が禁止されていて演奏中の写真を撮ることはできませんでしたが、開会前と参加者みんなで「故郷」を歌った時の2枚だけ写真を撮りました。

● 今回の演奏者

 佐藤輝夫  (チェロ)
 永 井  豊  (チェロ)
 横山二葉  (チェロ)
 小宮山裕子 (バイオリン)
 今泉文行  (コントラバス)
 呉 信  樹  (ピアノ)


● 演奏曲

 ヘンデル   ホーンパイプ
 ヘンデル   2本のチェロとピアノの為のソナタⅠ.Ⅳ楽章

 とうりゃんせ
 赤とんぼ

 星に願いを(ピノキオから)
 おくりびと

 ロッシーニ  チェロとコントラバスの為の二重奏よりⅠ、Ⅲ楽章
 バッハ    無伴奏チェロ組曲 第三番 ハ長調BWB1009より 前奏曲

 カタロニア民謡   カザルス編 鳥の歌

 シューマン  ピアノ三重奏第一番ニ短調63より4楽章

 会場のみんなと合唱・演奏  故郷

Img_56091

 私は、カザルスの「鳥の歌」を、日常生活の中でも時々聞いている大好きな曲の一つです。今回もしみじみと演奏を聴きました。何回聴いても生演奏はやはりすばらしいと思いました。
 佐藤輝夫さんの思いも込められた曲ではないのでしょうか。

演奏者のみなさんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

行田市八幡山古墳石室を訪ねました   5月25日

 街中で古墳の石室跡を見れることに驚き

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 26日に書きましたが、さきたま古墳群についてネット検索していて、この八幡山古墳石室の写真を見て数年ぶりにさきたま風土記の丘を訪ねようと思ったのです。
Img_2256
 (八幡山古墳横穴式石室)

■ 行田市藤原町1-27-2
   円墳   直径 約74㍍  高さ 11㍍
   7世紀後半に築造


 行田市内の街中にあり、1977年から2年かけて復元整備され、埼玉県の史跡として八幡公園の中にありました。
Img_2277  この古墳を見て想像したのは奈良県飛鳥の石舞台古墳で、よく似ているではありませんか。”関東の石舞台古墳”とも呼ばれているそうですが、なるほどと思いました。
Img_2209  私の故郷の山に石室があり、その中でよく遊び、古墳の跡だよと教えられた記憶もよみがえりました。

 説明によると、記録で江戸時代から古墳の石室は開口していて、石室の中に八幡社を祀ってきたようです。
Img_2232  この古墳は本来は封土で覆われ、周濠で囲まれた円墳だったそうです。現況になったのは1935年に近くの沼を埋め立てるために封土が削られたことによるそうで、それまでは石室の上10㍍近くの高くまでお椀を伏せたように土が盛られていたそうです。
Img_2224  1977年から2年がかりで修復工事で復元されました。
石室には入れないようになっていましたが、鉄格子の間から石室の中を写しました。
Img_2248 Img_2205


 石室の石は、飛鳥の石舞台古墳の比ではありませんが、それでも近くで見るとなかなかな物で、こんな遺跡が残っていることに感動し、多くの人に観てほしいなと思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

さきたま古墳群を歩く    5月25日

数年ぶりにさきたま風土記の丘を訪ねました

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 ふとしたきっかけで、ネット検索をしていて埼玉(さきたま)古墳群を訪ねてみたくなって、数年ぶりに行ってきました。

 行田市崎玉(さきたま)に古墳群を中心にして30㌶のに県立公園「さきたま風土記の丘」が整備されています。
Photo
            (さきたま風土記の丘略図)
ここには8基の前方後円墳と1基の円墳が明確な姿で残っています。(修復・復元も含め)
また、県立さきたま資料館も整備されていて発掘品などを見学することができます。

    数年前、稲荷山古墳は復元工事中でした
 私の記憶では、稲荷山古墳が円墳の形をしていましたが、実は前方後円墳だった物が開墾などで崩されてしまって、円墳のようになってしまっていたのです。稲荷山古墳からは国宝になった「金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)」が発見され、資料館に展示されています。
 そういう経過もあって前方部の復元工事がされていて、それを見たのが私の最後でした。
今回、稲荷山古墳は草木も伸びて緑に彩られていました。

   まず、丸墓古墳から展望

 Img_2103
      (丸墓古墳から稲荷山、将軍山古墳を展望)
稲荷山古墳がきれいに整備された以外は変わった様子は感じませんでした。この季節緑が映えて気持ちよい眺めでした。
 丸墓古墳で2才の女の子を連れた行田市の方や秩父から来たという方と出会いました。女の子とは稲荷山古墳でもいっしょになり、古墳の階段を 元気に登っていました。

● 丸墓古墳
 ○ 円墳 ○ 直径 105㍍ 高さ 18.9㍍ ○ 築造 6世紀前半
Img_2109

● 稲荷山古墳
 ○ 前方後円墳  ○ 全長 120㍍ 後円部の直径 62㍍ 高さ 11.7㍍ 削られた前方部の幅 74㍍  高さ 10.7㍍  ○ 築造 5世紀末 ○ 金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)発掘
Img_2113

Img_2121
  (稲荷山古墳後方部の埋葬施設を復元)

● 将軍山古墳
 ○ 前方後円墳 ○ 全長 90㍍ 後円部直径 39㍍ 高さ(復元) 8.45㍍  前方部 68㍍  高さ 9.4㍍(推定)       ○ 築 造 6世紀後半
Img_2131

● 二子山古墳
 ○ 前方後円墳 ○ 全長 138㍍  後円部直径 70㍍  高さ 13㍍  前方部の幅 90㍍高さ 14.9㍍  ○ 築 造  6世紀初頭前後 (墳丘の発掘調査はしていない)
Img_2162

● 愛宕山古墳
 ○ 前方後円墳 ○ 全長 53㍍  後円部直径 30㍍  高さ 3.4㍍  前方部幅 30㍍  高さ 3.3㍍  ○ 築  造 6世紀前半
Img_2185

■ 将軍山古墳を見て二子山古墳に向かう途中から、公園の大きな木々の間から風に乗って綿ほこりが公園と古墳を包み込むように舞ってきて驚きました。写真に撮りましたが、なかなかあの感じは表現できずにちょっと残念です。(白い点々が綿ほこり)
Img_2148
  (白い点々が綿ほこり)

この後、行田市藤原町の八幡山古墳石室に行きましたので、追って投稿します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

春日部市指定有形文化財 「やじま橋」  2月5日

1737年-江戸時代(元文2年)に造られた石橋
   粕壁と岩槻を結んでいた  やじま橋

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 やじま橋については一度投稿したことがありますが、久しぶりに古隅田公園を歩いた際にあらためて写真を撮りました。投稿記事は無くなっているので投稿することにしました。
 やじま橋は古隅田川に架けられていた橋で、1984年3月の改修工事の際に、古隅田公園に移設され保存されるようになり、1985年2月26日に春日部市の指定有形文化財に指定されました。石橋としては埼玉県内で最古の一つとされています。

  公園の説明板を参考にして紹介します

      や じ ま 橋

 この橋は春日部市の南中曽根とさいたま市岩槻区小溝の間を流れる古隅田川(俗に逆川(さかさがわ)とも言う)に架けられていた橋です。
  1984年3月の河川改修工事の際に現在の場所(南中曽根)に移設されました。
 この橋は1737年(江戸時代の元文2年)に構築された埼玉県内で最も古い石橋の一つとされています。
 江戸時代この春日部市豊春地区は岩槻領に属しており、特に粕壁から岩槻に通じる唯一の道になっていたので人馬の往来も多く、藩政上きわめて重要な役割を持っていたようです。
 この橋が今日まで当時の姿をそのまま残していることから堅個な設計と高度な技術によって完成されたことがわかります。
 この橋に使われている石材は安山岩類の新小松石で、(俗に真鶴(まなづる)小松とも呼ばれる)産地は神奈川県真鶴地方で、この石は江戸時代広く土木建築面で利用され、特に江戸城構築時の石垣などとして使用されていてことから、御用石とも呼ばれていました。
 この橋には18枚の長方形の大石が使われていて、その1枚に「元文二巳歳 永井氏のため志 鶴のハシタテ亀のカウラン」の銘文が発見されています。
 永井氏とは信州飯山城主を経て1711年(正徳元年)岩槻城主となった永井直敬(なおひろ)をはじめとして、3代にわたり禄高3万2千石で45年間、岩槻城主をつとめた永井氏のことです。永井氏は1756年(宝暦6年)に愛知県の美濃加納城主に転じています。

  写真を紹介します

Img_9579 Img_9583 Img_9584 Img_9588 Img_9585 Img_9586 Img_9592 Img_9594 Img_9596 Img_9600 Img_9602

| | コメント (0) | トラックバック (0)