« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

戦争の犠牲にされた悲しい動物たちⅡライオン 7月30日

7月28日(木)、思ってもいなかったNHKニュースウオッチ9の特集ダイジェストで“かわいそうなライオン” 1本のフィルムが語る戦争の悲劇が伝えられました。

 私はアジア太平洋戦争敗戦から70周年の2010年8月15日、以前から胸に抱いていた戦争で犠牲になった動物たちのことを知るために上野動物園を訪ね調べ、その内容をブログに掲載しました。(2010年8月24日掲載)

 私は動物たちとふれあうことが好きで時々動物園を訪ねたりします。そのたびに、動物たちから様々なことを学ばされ、活力をよみがえさせられます。

 神奈川県立津久井やまゆり園で、考えると苦しくなるような悲惨な事件が引き起こされました。この事件が発生し7月26日に、「全国手をつなぐ育成会連合会」がアピールを出しました。
その最後で次のようによびかけています。

 「事件の容疑者は、障害のある人の命や尊厳を否定するような供述をしていると伝えられています。しかし、私たちの子どもは、どのような障害があっても一人ひとりの命を大切に、懸命に生きています。そして私たち家族は、その一つひとつの歩みを支え、見守っています。事件で無残にも奪われた一つひとつの命は、そうしたかけがえない存在でした。犯行に及んだ者は、自らの行為に正面から向きあい、犯した罪の重大さを認識しなければなりません。
また、国民の皆様には、今回の事件を機に、障害のある人一人ひとりの命の重さに思いを馳せてほしいのです。そして、障害の有る無しで特別視されることなく、お互いに人格と個性を尊重しながら共生する社会づくりに向けて共に歩んでいただきますよう心よりお願い申し上げます。」

 この関係は人間と動物の間にも共通しているように思えるのです。

 私のブログ記事を読み返してみたら、福田三郎さんのこと、ライオン3頭が殺処分され、2頭のライオンは8月22日に毒物を与えたが食べないので心臓部を穿刺して死なす。と書かれていました。その2頭がアリ(オス)とカテリーナ(メス)のライオンであることを今回知りました。
2頭のライオンの写真は掲載されていませんでした。

 そういう経過もあって、ニュースウオッチ9の特集を掲載させていただきます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;::;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

“かわいそうなライオン” 
1本のフィルムが語る戦争の悲劇

田中泉
「こちら、東京・上野動物園の様子です。 夏休みに入り、連日、多くの子どもたちでにぎわい
をみせています。」

河野憲治
「その上野動物園で、戦前に撮影された貴重な映像が見つかりました。そこからは、戦争をめぐる悲劇の知られざる一面が見えてきました。」

フィルムに写っていたのは…
東京の古道具店から見つかった、1本のフィルム。

その中に、2頭のライオンが映っていました。
5年前まで園長を務めていた、小宮輝之(こみや・てるゆき)さんに映像を見てもらいました。
201607291830173

上野動物園前園長 小宮輝之さん
「この顔はやっぱりアリかな。
そうですね、カテリーナと。
動画は初めて見た。」

2016072918301710
(アリ オス)
2016072918301713
(カテリーナ メス)
アリ(オス)とカテリーナ(メス)。
昭和6年に、アフリカ・エチオピアの皇帝から贈られたライオンです。
当時、日本ではまだ珍しく、人気を集めました。

2016072918301716
(かわいそうなぞう)

今も読み継がれている絵本、「かわいそうなぞう」。
太平洋戦争中、空襲で動物園のおりが壊れ、猛獣たちが町に逃げ出したら危険だとして、飼育員たちの手で殺された3頭のゾウの実話をもとにした物語です。
取材を進めると、映像に映っていたライオンは、この絵本でゾウとともに殺されたライオンであることがわかりました。

かわいそうなライオン
当時、動物たちの処分を指揮したのが、園長代理を務めていた福田三郎(ふくだ・さぶろう)さんでした。
今回の取材で、福田さんの長女が東京に住んでいることがわかりました。

20160729183017282016072918301727

柳川泰子(やながわ・やすこ)さん。
動物が処分された当時、16歳の女学生でした。
父親の三郎さんは、メスライオンのカテリーナにひときわ愛情を注いでいたといいます。

福田三郎さんの長女 柳川泰子さん
「仕事がうれしいっていう感じが、私にも伝わってくる父でしたね。」

しかし、次第に戦況が悪化。
動物園も戦争の荒波に飲み込まれていきます。

この頃、福田さんがつけていた日記です。

2016072918301729

家族が大切に保管していました。

昭和18年8月16日。
東京都から、福田さんにある命令が下されます。

“猛獣類を射殺せよとのことなり。”

2016072918301730

2016072918301733

1か月以内に、すべての猛獣を処分するよう命じられたのです。

2016072918301734

2016072918301736

日記のページの間に、仙台と名古屋の動物園に送った手紙の原案が挟まっていました。

“安全なる貴園において収容の御希望あり。”

福田さんは、ライオンたちの命を助けるため、ほかの動物園に疎開できないか模索しました。

しかし、都の反対で願いは届かず、命令から6日後(8月22日)、アリとカテリーナは処分されることになったのです。

2016072918301720

2016072918301723

2016072918301743

“午後6時5分
毒薬3グラムをウマの肉に入れて与える。
にがいのか、すぐ吐き出す。”
“6時58分
けいれん発作。
苦もん、はなはだしい。”

苦しみ続けるカテリーナを見かねた飼育員が、とどめを刺しました。

7時33分
“心臓部をやりで刺す。”

“7時42分
呼吸停止、絶命。
所要時間1時間37分。”

2016072918301748

すべての動物が殺されたあとに撮られた福田さんです。
体重は1か月たらずで8キロ減っていました。

『動物園物語』(著者:福田三郎)より
“夜、床に入っても眠れない日が幾日もつづきました。
眠られぬ夜は、なかなか死ねなかったライオンの雌を思い出してなりませんでした。”

娘の泰子さんがこうした事実を知らされたのは、戦後しばらくたってからのことでした。

2016072918301754

2016072918301755

福田三郎さんの長女 柳川泰子さん
「その時、何して帰ってきたか想像もできないから、わからなかったです。
“こういう係はやりたくない”と、どんなにみんなが思っても、口に出せる社会ではなかったんです。
それぐらい厳しいですよ、戦争って。
父はどんなにつらかったろうと思います。」

戦後、活気をとりもどした動物園。

2016072918301759

2016072918301763

2016072918301765

園内の一角に、アリとカテリーナが剥製となって今も残されていることがわかりました。
あの日の悲劇を伝えようと保管されてきましたが、その存在はほとんど知られていません。
今回、特別に倉庫から出し、撮影が許されました。
カテリーナの胸には、ヤリでとどめを刺された跡が確かに残されていました。

この日、泰子さんは、孫と一緒に戦争で犠牲になった動物たちをまつる慰霊碑を訪れました。

2016072918301766

福田三郎さんの長女 柳川泰子さん
「お互いつらかったよねって、安らかに眠ってって。」

20160728_19

20160728_20

福田三郎さんの長女 柳川泰子さん
「平和っていいなって、つくづく思います。
ライオンを見て本当にそう思いました。
動物園があるってことは、平和の印。」

2016072918301769

2016072918301771

フィルムの中で生き続ける2頭のライオン。
知られざる戦争の悲劇を訴えかけています。

戦争の悲劇伝える かわいそうなライオン

田中泉
「『かわいそうなぞう』の話は知っていましたが、他の動物たちにも、こうした悲しい物語があったんですね。」

河野憲治
「実際、戦時中に処分された動物は、全国であわせて160頭以上に上るといわれているんです。
それぞれの動物園では、毎年夏のこの時期になると慰霊祭などを開いているということなんですが、戦争と平和について家族で考えるきっかけになればいいのではと思います。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウバユリ、アイエナ、フシグロセンノウ武蔵丘陵森林公園

Img_3913

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 ウバユリ

 公園南口からの近くにウバユリの自生地があります。
ウバユリはどんな具合だろうかと回ってみると、ウバユリが林の中一面にきれいに咲いていました。ウバユリのこうした光景を見るのは初めてで、うれしい気持ちでいっぱいになりました。

Img_3907

Img_3893

Img_3905

Img_3902

Img_3901

Img_3909

 
アイナエ

ヤマユリを梅園で見たときに、グループで来た人たちのガイド役の方の説明をいっしょに聞かせてもらって知りました。
 国の絶滅危惧種に指定されている植物で、埼玉県では準絶滅危惧種に指定されている貴重な野草であることを知りました。

Img_36051

Img_3608

Img_3610

 
フシグロセンノウ が咲きはじめていました

Img_3573

Img_3576








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

スイレン、チョウトンボ、コブシ 武蔵丘陵森林公園で

武蔵丘陵森林公園に舞台と池を中心とした「雅の広場」があります。

 池にはスイレンが咲き、季節の変化とともに、メダカ、オタマジャクシ、チョウトンボ、ミヤマアカネなど多様な昆虫とも出会える貴重な場所です。

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 スイレン

Img_3637

Img_3641_2

Img_3642

Img_3712

Img_3715

Img_3886

 チョウトンボ、ミヤマアカネ

Img_3674

Img_3682

Img_3841

Img_3860

Img_3865

Img_3878

Img_3650

Img_3875

 コブシ が実をつけていました

Img_3869

Img_3634

Img_3632





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

ヤマユリに魅せられて 武蔵丘陵森林公園 7月24日

 梅林で

 やまゆりの小径から園内バスで野草コース入口まで引き返し、梅林に歩いて向かいました。
 この日は日曜日とも重なり、どこでも来園者と出会いました。お母さんに「歩いている間はやめてね」と注意されながらポケモンゲームに熱中する小学生とも出会い、どういうものか、ちょっとだけ見せてもらいました。

 梅林では、20名ほどのガイド付きのグループとも出会いました。

clover 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_3578

Img_3579

Img_3584

Img_3590

Img_3592

Img_3593

Img_3615

Img_3617

Img_3620

Img_3622

Img_3623














 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

障害のあるみなさんへ 安心して堂々と生きてください

津久井やまゆり園の事件について
 (障害のあるみなさんへ)

7月26日に、神奈川県にある「津久井やまゆり園」という施設で、障害のある人たち19人が 殺される事件が 起きました。容疑者として逮捕されたのは、施設で働いていた男性でした。亡くなった方々の ご冥福をお祈りするとともに、そのご家族には お悔やみ申し上げます。また、けがをされた方々が 一日でも早く 回復されることを 願っています。

容疑者は、自分で助けを呼べない人たちを 次々におそい、傷つけ、命をうばいました。とても残酷で、決して 許せません。亡くなった人たちのことを思うと、とても悲しく、悔しい思いです。

容疑者は「障害者はいなくなればいい」と 話していたそうです。みなさんの中には、そのことで 不安に感じる人も たくさんいると思います。そんなときは、身近な人に 不安な気持ちを 話しましょう。みなさんの家族や友達、仕事の仲間、支援者は、きっと 話を聞いてくれます。そして、いつもと同じように 毎日を過ごしましょう。不安だからといって、生活のしかたを 変える必要は ありません。

障害のある人もない人も、私たちは 一人ひとりが 大切な存在です。障害があるからといって 誰かに傷つけられたりすることは、あってはなりません。もし誰かが「障害者はいなくなればいい」なんて言っても、私たち家族は 全力でみなさんのことを 守ります。ですから、安心して、堂々と 生きてください。

(原文にはふりがなが付いています)

  平成28年 7月21日

                      全国手をつなぐ育成会連合会
                      会長      久保 厚子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県立津久井やまゆり園での事件について 声明

    神奈川県立津久井やまゆり園での事件について(声明文)

 平成28年7月26日未明、障害者支援施設「神奈川県立津久井やまゆり園」(相模原市緑区、指定管理者・社会福祉法人かながわ共同会)において、施設入所支援を利用する知的障害のある方々が襲われ、19 人が命を奪われ、20 人が負傷するという未曾有の事件が発生しました。被害に遭われ亡くなられた方々に、衷心よりご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にはお悔やみ申し上げます。また、怪我をされ治療に当たられている方々の一日も早い回復をお祈り申し上げます。

 抵抗できない障害のある人に次々と襲いかかり死傷させる残忍な行為に私たちは驚愕し、被害にあわれた方々やそのご家族の無念を思い、悲しみと悔しさにただただ心を震わせるばかりです。職員体制の薄い時間帯を突き、抵抗できない知的障害のある人を狙った計画的かつ凶悪残忍な犯行であり、到底許すことはできません。

 事件は、当会会員・関係者のみならず、多くの障害のある方やご家族、福祉関係者を不安に陥れ、深く大きな傷を負わせました。このような事件が二度と起きないよう、事件の背景を徹底的に究明することが必要です。

 今後、事件対応に関わる皆様には、まずは被害者及び被害者の遺族・家族、同施設に入所されている方々のケアを十分に行ってくださるようお願いいたします。その上で、事件の背景・原因・内容を徹底して調査し、早期に対応することと中長期に対応することを分けて迅速に行いつつ、深く議論をして今後の教訓にしてください。加えて、本事件を風化させないように今後の対応や議論の経過を情報として開示してください。

 また、事件で傷ついた被害者やご遺族が少しでも穏やかに過ごせるよう、特に報道関係機関には特段の配慮をお願いします。

 事件の容疑者は、障害のある人の命や尊厳を否定するような供述をしていると伝えられています。しかし、私たちの子どもは、どのような障害があっても一人ひとりの命を大切に、懸命に生きています。そして私たち家族は、その一つひとつの歩みを支え、見守っています。事件で無残にも奪われた一つひとつの命は、そうしたかけがえない存在でした。犯行に及んだ者は、自らの行為に正面から向きあい、犯した罪の重大さを認識しなければなりません。

 また、国民の皆様には、今回の事件を機に、障害のある人一人ひとりの命の重さに思いを馳せてほしいのです。そして、障害の有る無しで特別視されることなく、お互いに人格と個性を尊重しながら共生する社会づくりに向けて共に歩んでいただきますよう心よりお願い申し上げます。

  平成28 年7 月26 日
                      全国手をつなぐ育成会連合会
                       会長 久保 厚子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林野に咲き誇るヤマユリに魅せられました  7月24日

 “すばらしい”と満たされた気持ちに

ヤマユリを見るために何回武蔵丘陵森林公園を訪ねているでしょうか。
前回は13年7月28日でした。
すばらしいものは何回見てもすばらしい。それが実感です。

clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_3592

《公園の案内から》
「里山の宝石」として、夏の森林公園を代表する花です。自生の花とは思えないほどの豪華さ、芳香は、まさに「ユリの女王」。園内全体で約1万株が自生し、うち約三千株が開花します。早咲きの花は七夕を過ぎたころ、遅咲きの花は8月初旬ごろと時期をずらして開花していきますが、はずれがないのは例年720日前後です。

やまゆりの小径(500輪近く)ほか、梅林(300輪以上)、紅黄葉樹園など、各所で咲いています。

 ヤマユリは発芽から開花までに少なくとも5年から7年かかるのだそうです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜

やまゆりの小径で

Img_3557


Img_3500

Img_3504

Img_3511

Img_3513

Img_3520

Img_3526

Img_3529

Img_3540

Img_3543

Img_3560

Img_3569

Img_3570













 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »