« 被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会   | トップページ | 平和な世界ぬどぅ大切 沖縄慰霊の日に  6月23日 »

2016年6月21日 (火)

9条の全面実施という方向で国民と共に国民の合意で

日本記者クラブ主催の党首討論会が㋅21日に開催されました。

0160621at15_p

その質疑応答のなかで、自衛隊についての日本共産党の考え方が志位和夫委員長からありました。

mobaq 惠村順一郎さんの質問

 当面の政策と将来の政策の違いということなんですけど、さきほど自衛隊のことも議論になりましたけれども、災害救援なども含めて今の自衛隊の機能・役割というものが大事であるということは国民の中で異論はないと思うんですね。それを将来廃止解消していくというところ、やっぱりわかりにくいな、ダブルスタンダードじゃないかという人が多いと思うんで、そのへんわかりやすく説明していただけないでしょうか。

A 志位和夫共産党委員長が答える

201606211700227

 憲法9条に照らしますと、やはり自衛隊が憲法違反だということは私たちは明瞭だと思っております。じゃこの矛盾をどうやって解決するか、やはり9条の理想に向かって自衛隊の現実を回復していくと、こういう方向で解決すべきだろうと考えます。

ただ、これは、すぐにはできません。これは私たちが参画した本格的政権ができ、そして、その外交政策によって世界の全ての国と平和的な関係をつくって、そして日本を取り巻く平和的環境が成熟して、国民の圧倒的多数が、もう自衛隊がなくても安心だという合意が成熟したところで、初めてふみだすことができるというふうに私たち考えております。

そうしますと、かなりの期間自衛隊と共存する期間が続くわけですから、この期間には急迫不正の主権侵害、あるいわ大規模災害など必要に迫られた場合には自衛隊を活用するということは、これは当然だということを大会で決めております。

 これはね、矛盾のように見えますけど、矛盾を作ったのは自民党政治なんです。その矛盾を私たちは引き受けて、そして9条の全面実施という方向で国民とともに国民の合意で変えていこう。これが共産党の立場なんです。

|

« 被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会   | トップページ | 平和な世界ぬどぅ大切 沖縄慰霊の日に  6月23日 »

憲法を生かし守ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536404/63810903

この記事へのトラックバック一覧です: 9条の全面実施という方向で国民と共に国民の合意で :

« 被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会   | トップページ | 平和な世界ぬどぅ大切 沖縄慰霊の日に  6月23日 »