« もう一度あの場所に家族の家を建てるんだ  3月15日 | トップページ | 入間市・牛沢のカタクリ自生地を訪ねる  3月29日 »

2016年3月23日 (水)

オオミスミソウ、春蘭が見頃でした  3月16日

 わが家の庭の春蘭が咲きはじめ、の春蘭も開花しているのでは??と出かけました。やはり、シュンラン(春蘭)が咲いていました。わが家の春蘭とは種類が違うようですが、花はよく似ていていますが、自然の中で咲く花は格別の趣があるように思います。

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_0894
春蘭(シュンラン)

この場所には春蘭の他に、オオミスミソウ(雪割草とも言う)、キクザキイチゲが咲いていました。毎年のように来ているのですが、わずかの日数の違いで咲く花も違ってくるようです。今回、オオミスミソウがすごくきれいに見えました。

Img_0907
オオミスミソウ(雪割草)
Img_0882

Img_0888

Img_0890

Img_0900
この場所で、みないっしょに咲いています

Img_0860_2
紫色がオオミスミソウで右の白い花がキクザキイチゲ

Img_0863

Img_0867

Img_0870

Img_0898

野草コースを歩きだすと山肌に猿の腰かけが

Img_0914

Img_0921

ここで、アクシデント
カメラにエラー表示が出て写せなくなりました。時間を置くと1枚は撮れるのですが、またエラー表示で撮れなくなりました。

ザゼンソウが苞を

野草コースで確認しようと思っていたのが、ザゼンソウです。
埼玉県ではザゼンソウは絶滅危惧種ⅠB類に指定されていて、絶滅の危険にさらされている植物です。
 2株を確認し、1株はザゼンソウの名の由来の苞もみごとに膨らんでいました。
この姿を見たときにはすごく嬉しくなりました。
これからも見守りたい植物です。
Img_0926

カタクリが山の斜面一面に咲きはじめていました

Img_0929
カタクリ

 ザゼンソウもカタクリもカメラの故障で悪戦苦闘しながら撮れた貴重な写真です。























|

« もう一度あの場所に家族の家を建てるんだ  3月15日 | トップページ | 入間市・牛沢のカタクリ自生地を訪ねる  3月29日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオミスミソウ、春蘭が見頃でした  3月16日:

« もう一度あの場所に家族の家を建てるんだ  3月15日 | トップページ | 入間市・牛沢のカタクリ自生地を訪ねる  3月29日 »