« 憲法を乱暴に蹂躙する安倍内閣は退陣を  9月18日 | トップページ | 自然の中に足を運ばないといけないね  9月20日 »

2015年9月19日 (土)

満身の怒りをこめ違憲の戦争法を強行した勢力に抗議

 9月18日夜中から19日未明にかけて、ネット、テレビで国会審議と国会周辺の動きに注目し続けました。

20150918

あらためて憲法前文と9条を読みました。

 安倍内閣と自民党、公明党、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革この人たちはこの憲法をどう読んでいるのでしょうか。
 寸分なく戦争法=安保法は違憲であることがわかるではありませんか。
 戦争法をを強行した人々は、戦後の日本史に大きな汚点を残す役割を果たしてしまいました。社会進歩を押しとどめる役割をはたしてしまいました。

 日本国憲法を持った国民の「戦争法案反対」「国民の声を聞け」「民主主義ってなんだ」の声は日本全国に燎原の火のように広がっていきました。“すごい”と思いました。〝国民が主人公〟この国民の歩みはだれも止めることはできないと思いました。
 戦後最悪の悪法が強行されましたが、私も主権者の一人として、私のできる方法で、力を合わせ、たたかいに参加し続けようと決意しています。

 元裁判官75人が9月15日に山崎正昭参院議長に意見書を出しましたが、その意見書の中に次のような意見が述べられていることを知り、同感で「そうだと」と強く思いました。

「人類はいまだ戦争という流血の惨事を乗り越えられないこの時代にあって日本国憲法が示した戦争放棄の理想は世界を導く灯台の光にもたとえられるものであり、これを我が国に定着させることが国民的な願いでありました。私たちも裁判官として憲法99条に課せられた憲法を尊重し擁護する義務を自覚し、憲法が要請している士道の役割を果たすべくその職責の行使に努めてまいりました」

Photo

Photo_6


 戦争法案反対討論

 戦争法案反対のたたかいで、もう一つすばらしいと思ったのは、民主党、共産党、維新の党、社民党、山本太郎となかまたち、無所属会派の6党会派が、安全保障政策の違いや様々な条件があって心配になる時もありましたが違いを超えて、衆院から参院まで共同しあってきたことでした。

2015091901392381

  小池晃さんの動画をご覧下さい。

次をクリックすると見れます。

https://youtu.be/xPT6javLuSE?list=PL3M7AtnZgh3U41I_9TybULqo1e-H5dluu

 福山哲郎(民主党)、小野次郎(維新の党)さんが反対討論を行いました。
社民、山本太郎となかまたちは議席数のため反対討論ができませんでした。

201509190036531

201509190128271_2

|

« 憲法を乱暴に蹂躙する安倍内閣は退陣を  9月18日 | トップページ | 自然の中に足を運ばないといけないね  9月20日 »

戦後70年に向きあう」カテゴリの記事

コメント

あなたは原発再開には反対してるんですよね?
【原発を再開したら事故が起こるかもしれない、事故はきっと起こる!】
⇒原発再開に反対!

これは、とても筋が通った考え方です。素晴らしい。

ならば、東アジアの安全保障に関しても、
【東アジアで紛争は起きるかもしれない、紛争はきっと起こる!】
⇒安保に賛成!

と考えなければ、論理矛盾すると思うのですが・・・

原発事故は【起きる!】と叫び、同じ口で東アジアで紛争は【起きるはずがない!】と叫ぶ、そのロジックをお聞かせください。

投稿: | 2015年9月25日 (金) 02時39分

東アジアで紛争は必ず起こる!だから安保法制(戦争法)に賛成という論理はあまりにも乱暴な極端な考え方ではないでしょうか。

 たしかに、この地域には、領土に関する紛争問題、歴史問題、様々な緊張と紛争の火種があることは事実です。
 しかし、東南アジアにはASEAN(東南アジア諸国連合)があって、「東南アジア友好協力協約」(TAC)という、紛争の対話による解決をめざす平和の地域共同の枠組みがつくられて活動しています。ASEANのたゆまぬ努力に大いに学ぶべきではないでしょうか。TACは「いろいろ紛争問題はあるけれど戦争にはしない。何でも話し合いで解決する」というすごい活動をしているのです。
 わたしたちは日本国憲法をしっかり身につけて行動することがいまほど大切な時はないと思っています。前文を読んでいただけましたか。
 「日本国民は、恒久の平和を念願し、人類相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」
 人類の永い歴史から考えて、地上から紛争と戦争をなくすことはそう簡単にできることではないと思います。でも、私たちは憲法9条を手にしたのです。この理念は普通の人ならばだれもが理解できるものではないでしょうか。私はこの理念に近づき実現するためにこそ、多くの力と知恵を発揮すべきだと考えています。紛争と戦争は兵士が命を失うだけでなく、圧倒的多くの国民が犠牲にされているのです。戦争は人を殺しあうものでしかなく、戦争は始めてしまうと、やめるのが大変です。何があっても戦争はダメです。

投稿: よっしゃん | 2015年9月26日 (土) 11時36分

>戦争は始めてしまうと、やめるのが大変です。何があっても戦争はダメです。

そのとおりだと思います

では、「そこは私たちの島だから軍事拠点を作るのは正当な行為だ!」というのも当然ダメですよね?
韓国の竹島の不法占拠しかり、中国の南沙諸島の基地しかり
この地球は宣言さえすればその土地は自分の領土になるのでしょうか?
なりませんよね
中国は昔から国境侵犯数知れず。ちょっと調べれば解りますが中国と地続きの東南アジア国はほぼ国境侵犯されています
最近では北朝鮮軍の中国国内での発砲事件
東アジアは既に戦争スレスレの状態だと私は思います
日本は今の所国民が血を流していないのだから、東アジアの安全、ひいては世界の安全には関わる必要は無いのでしょうか?
真に世界平和を求めるからこそ、先に挙げたような暴挙を牽制するべきだと私は思いますけどね

投稿: | 2015年9月30日 (水) 14時13分

どなたかわからない方とネット上で論議するのは好きでありません。
以前、誹謗中傷でブログが炎上したことが一度ありました。その経験から、ネットで使う言葉には注意するようにしています。
 お互いにどういう人かわかっていて、顔を見合わせての論議なら、少し違うと思うのですが、ネットではそうならなくなる場合があります。ネットの弱点だと思います。
 お互いに、十分に自分の思いを思うように伝えられない、そういうことになるのではないでしょうか。そういうことからこの書き込みでこの論議はやめたいと思います。今後の書き込みは削除するようにしますので了解してください。

 最後になりますが、竹島問題でも、尖閣諸島問題でも、日本が戦前、戦中に行った植民地支配、侵略戦争の心からの反省のうえに、真剣に外交交渉を展開することが大切だと思います。日本政府はどれだけこのことに真剣にとりくんできたでしょうか。全くその努力をしていないのが現在の状況です。このことを改めることこそ今求められていると思うのです。

投稿: よっしゃん | 2015年9月30日 (水) 15時10分

>今後の書き込みは削除するようにしますので了解してください。

了解しました
では私はこの件に関しての発言は中止します

私も最後に

私は発言を中止しますが、他の方が発言する事があるかも知れません
その方々まで私と思い込み、一方的にコメント削除してしまう様な事が無い事を望んで締めさせて頂きます

投稿: | 2015年9月30日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満身の怒りをこめ違憲の戦争法を強行した勢力に抗議:

« 憲法を乱暴に蹂躙する安倍内閣は退陣を  9月18日 | トップページ | 自然の中に足を運ばないといけないね  9月20日 »