« 高尾宮岡の景観地=緑のトラスト保全第8号地 7月18日 | トップページ | 驚き!!春日部市庄和総合支所の池  7月20日 »

2014年7月24日 (木)

別所・塩田平の小旅行 60年ぶりの再会も 7月13日,14日

 1955年3月浦里小学校卒業6年1組の同級会が60年ぶりに別所温泉で行われ出席しました。
 6名が故人となっていましたが、27名中17名が出席しました。60年ぶりに再会した級友が2名いました。お互いの呼び方は幼かった時の○○ちゃんで、それが不思議でなく自然でした。短い時間でしたけれど懐かしく楽しく交流することができました。

 7月13日(日) 上田から別所温泉まで電車で

Img_5316

Img_5317
(電車が着くとお出迎えです)
Img_5325
(女駅長さんがはかま姿で出迎えてくれます)

何年も前に一度この姿を見たのですが今回で2回目で懐かしく思いました。
別所線の経営は大変な状況が続いているようですが、地域住民が協力し合って存続のための努力が続けられています。

がんばってね別所線!!

Img_5332_2
(昔、使われていた車両が展示されています)

Img_5334

 いっしょだった同級生と別所駅から旅館まで、尋ね尋ね歩きました。汗はかきましたが楽しい散策でした。


  7月14日(月) 塩田平の前山寺、無言館
生島足島神社を訪ねました

 無言館に寄ってみたいという私の希望に、同級生の好意で車で送ってもらうことができました。みんなに声をかけると、千葉県市川から出席していた同級生が「私も行ってみたい」ということで3人旅となりました。

Img_5341
(前山寺未完成三重塔-重要文化財)
中学生の時から思い出のある場所で、何回も来ていますが、何度来ても懐かしい。

Img_5346
(無言館)

 窪島誠一郎さんが館主で運営されています。
アジア・太平洋戦争の戦没画学生たちの遺作となった絵画、作品、絵の道具、手紙などが展示されています。
 3回目の訪問でした。早い時間だったので来館者ではトップで開くのを待って入館しました。
朝、同級生を誘った時に「イメージが暗くていや」という人がいました。たしかに、無言館は絵画を保存するために館内は暗く温度調節もされているようで、暗い感じはします。そう受けとめる人もいるのだなと思ったのです。
 見たのは短い時間でした。もう少し長い時間をとれたらなあと思いました。
20代の前半から20代の後半までの画学生の作品が並べられていましたが、1945年戦後に病死した学生の絵が入口の近くにあったのですが、光の性か絵の傷の性か、なにか呼びかけてきているように感じて仕方ありませんでした。

 今回、無言館第二展示館「傷ついた画布のドーム オリーブの読書館」が造られていたことが新しい事でした。

 
一枚の絵を守ることは
  「愛」と「平和」を守るということ


Img_5358

Img_5352
(このモニュメントはなんだろうかと一瞬驚きましたが、絵筆を埋め込んで造られているベンチでした。赤いペンキは2005年6月18日に、無言館の慰霊碑に赤ペンキがあけられた事件を忘れないためのものだそうです)

Img_5359
(絵筆のベンチの石碑の裏側に書かれていた)
Img_5360

Img_5361


この後、生島足島神社に寄って上田駅まで送ってもらいました。


 










|

« 高尾宮岡の景観地=緑のトラスト保全第8号地 7月18日 | トップページ | 驚き!!春日部市庄和総合支所の池  7月20日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別所・塩田平の小旅行 60年ぶりの再会も 7月13日,14日:

« 高尾宮岡の景観地=緑のトラスト保全第8号地 7月18日 | トップページ | 驚き!!春日部市庄和総合支所の池  7月20日 »