« 1年ぶり? 内牧の黒沼へ  4月10日 | トップページ | 「韓国併合」100年と日本 吉岡吉典 著  4月25日 »

2014年4月23日 (水)

白岡市 太田新井(おおたあらい)のお地蔵さま 4月10日

Img_2997_2
(こんなお地蔵さまが目にはいりました)

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 よく通る道路なのに、初めて気付いたお地蔵さまでした。
6体が刻まれているのが珍しく車を止めて撮影しました。

Img_2987
(永い風雪にさらされて顔が痛んでいますが親しみを感じました)

Img_2984_2
(脇に一体のお地蔵さま)

Img_2991
(アップにしました)

Img_2993
 

Ⓐ 私が調べての推測

 この部分には、3人の男の子と2人の女の子名前が刻まれ、年号は享保16年、19年、元文2年の文字が読み取れます。徳川8代将軍の時代です。1732年に享保の大飢饉があり、ちょうどその時期のようです。子どもたちの死を悼んでのお地蔵さまなのではないでしょうか。太田新井の地名も入っていて、その昔から現代まで受け継がれてきたお地蔵さまのようです。









|

« 1年ぶり? 内牧の黒沼へ  4月10日 | トップページ | 「韓国併合」100年と日本 吉岡吉典 著  4月25日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白岡市 太田新井(おおたあらい)のお地蔵さま 4月10日:

« 1年ぶり? 内牧の黒沼へ  4月10日 | トップページ | 「韓国併合」100年と日本 吉岡吉典 著  4月25日 »