« JAL不当解雇撤回求め1800人が結集  10月25日 | トップページ | ・陽を浴びてリンドウが咲く 10月31日 »

2013年11月 2日 (土)

春日部市内牧はどこに行っても柿がいっぱい  11月2日

佐藤農園で柿の収穫

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

春日部市内牧には何種類もの柿があちこちにたくさんあり、10月から11月にかけて黄色い実が目立つようになります。

柿を栽培していると思われる農家に、飛び込みで訪ねお話しを聞きました。

 佐藤裕志さん宅の広い敷地内には次郎柿、鶴の子柿、奥鶴柿、平核無(ひらたねなし)柿、蜂屋柿(はちやがき)など何種類もの柿の木があり、黄色く実っていました。昔と比べると柿の需要は少ないそうですが、時期に応じて採りいれし販売もしているそうです。

Img_8650
(奥鶴柿で直売所に出荷しているとのこと)
Img_8657
(佐藤さん宅で大切にしている鶴の子柿の木です)

Img_8652
(前川次郎柿=たくさん実がついています)

 鶴の子柿は、田や畑の土手に昔から植えられていた柿ですが、春日部の名産として、昔は築地の市場に出荷されていたそうです。佐藤さんが大切にしている、江戸時代から生き続けてきたものでしょうという、佐藤さんの家で一番太い1本の鶴の子柿を見せてくださいました。

Img_8677
(収穫です)
Img_8661

Img_8712_3

Img_8715

 この時期に、出回るのが次郎柿です。次郎柿は静岡県が原産地で、佐藤農園では1965年頃から前川次郎柿を栽培するようになり、50本もの木が有ります。佐藤農園では主に庭先直売で販売し、直売所でも売るそうですが、なじみ客から広がり注文発送にも応じているそうです。佐藤農園ではブドウ、キウイも生産し販売しています。

Img_8733


|

« JAL不当解雇撤回求め1800人が結集  10月25日 | トップページ | ・陽を浴びてリンドウが咲く 10月31日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春日部市内牧はどこに行っても柿がいっぱい  11月2日:

« JAL不当解雇撤回求め1800人が結集  10月25日 | トップページ | ・陽を浴びてリンドウが咲く 10月31日 »