« 春日部市内牧はどこに行っても柿がいっぱい  11月2日 | トップページ | ・センブリがかれんに  10月31日 »

2013年11月 3日 (日)

・陽を浴びてリンドウが咲く 10月31日

「あなたの悲しみに寄りそう」「誠実」「正義」

         ~リンドウの花ことばから~


 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 リンドウの花を見ていると、この花ことばがピッタリくるように感じてなりません。

昨年はのリンドウは見に行きませんでしたが、見たくなって3回目ですが出かけました。

Img_8790
(真中に見えるスギ林の中でリンドウが咲いています)

 南口から入園し、目指すはリンドウです。
小さなスギ林の中でリンドウは咲いています。
今年6月に、この近くまで行った時に、スギ林の中にリンドウが成長している姿を確認していました。

紫色の花房をいくつも付けて咲いていました

 私は約2時間、スギ林でリンドウの写真を撮りました。
天気に恵まれ、陽も射していて、スギ林の奥まで陽がこぼれてきて、リンドウにはハチがやって来ていました。

Img_8807
(地べたに横になり紫の花房がいくつも開花してハチも)

Img_8793
(二方向に伸びています)

Img_8869
(スギ林の中で陽ざしをあびながら咲いています)
Img_8881

Img_8902

Img_8911
(陽が直接差す場所で咲いています)
Img_8941

Img_8960

ここのリンドウは、来るたびに不思議に思っていたことがあるのです。
普通、リンドウというと真っすぐに伸びて頭に紫の花を付けているというイメージなのですが、ここのは、真っすぐに伸びずに、地にはうようにクネクネと横になり、いくつもの花房を付けているのです。
 今回、公園の管理事務所の草花の専門の方に質問をし教えてもらいました。
説明によると、ここの公園にあるリンドウの姿が野生のリンドウなのだそうです。
野生のリンドウは、昔は狭山丘陵などでは普通に咲いていたそうですが、少なくなっているそうです。
普通、オヤマリンドウをリンドウと呼ぶことが多いようで、花屋さんにあるリンドウはエゾリンドウだそうです。
貴重なリンドウなのです。

Img_8843
(ハチたちが集まっていました)
Img_8873

Img_8936

Img_8883


 公園のホームページで、リンドウが見ごろですと案内していることもあってか、見にやって来る人たちが何人もいました。
 一人、熱心に私に負けないほど写真を撮る方がいました。
私は撮影をやめ、その近くで昼食にしました。もう一人の方も撮影をやめたので声をかけると、所沢から来たそうで73歳だそうで、リンドウも好きで、にはよく来ているとのことでした。

|

« 春日部市内牧はどこに行っても柿がいっぱい  11月2日 | トップページ | ・センブリがかれんに  10月31日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・陽を浴びてリンドウが咲く 10月31日:

« 春日部市内牧はどこに行っても柿がいっぱい  11月2日 | トップページ | ・センブリがかれんに  10月31日 »