« 幼い頃の別所温泉の思い出がよみがえりました 9月17 | トップページ | 福島原発危機打開に生かそう!59年前の経験 10月2日 »

2013年9月24日 (火)

曹洞宗安楽寺 国宝八角三重塔   9月17日

わが国唯一の唐様八角三重塔

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 この塔も幼いころから、何回となく訪れてきました。
塩田平は“信州の鎌倉”ともよばれて多くの人が観光で訪れますが、この安楽寺「八角三重塔」と青木村大法寺の「見返り三重塔」が鎌倉時代後期の建築物として国宝に指定されています。私にとって生れ故郷の誇りにしている宝の一つです。

 安楽寺の山門をくぐり、本堂に突き当たり、木々の茂った山道を登っていくと、木々の合間から三重塔がみえてきます。他の所と違うなあと思うのは、三重塔のまわりがお墓になっていることです。
 もう一つは、四重塔に見えるのですが一番下は「裳階」(もこし)と言い、ひさしなのだそうです。
Img_5816
(木々の合間からみえてきました)
Img_5827
(三重塔の全容が)
Img_5829
(朝日を浴びてきれいでした)
Img_5846
(三重塔への入り口=国宝の名札が)





|

« 幼い頃の別所温泉の思い出がよみがえりました 9月17 | トップページ | 福島原発危機打開に生かそう!59年前の経験 10月2日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曹洞宗安楽寺 国宝八角三重塔   9月17日:

« 幼い頃の別所温泉の思い出がよみがえりました 9月17 | トップページ | 福島原発危機打開に生かそう!59年前の経験 10月2日 »