« 原発技術者の良心を感じた名嘉 幸照さん  7月13日 | トップページ | 大洗町に申入れ“憲法を守り自衛隊はやめよ” 7月16日 »

2013年7月14日 (日)

茨城県大洗町まちおこしに自衛隊10式戦車  7月13日

最新鋭10式戦車
護衛艦・儀仗兵


異様な、まちおこしイベント

こんな異常な行為は許されない!!

 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

7月13日(土)NHKニュース7でニュースを聞いていて、目と耳を疑いました。
茨城県大洗町で海開きと合わせたまちおこしイベントに自衛隊が参加したというのです。

唖然としました。

Img_3828

護衛艦が浜辺に見え、儀仗兵が並び、最新鋭の10式戦車が並んでいるのです。
Img_3850

戦車は静岡県の駐屯地から運び込み、儀仗兵は東京から派遣されたそうです。
自衛隊の派遣は町が要請したもので、石井孝夫副町長は「驚きもあるし、ありがたいなと感じている」とコメントしていました。
Img_3854

こんなことが許されていいのだろうか。
許されるはずがありません。
最近、自衛隊が公然と様々な分野にその姿を現しています。
スポーツにテレビに・・・・・・

 自衛隊は、最近アメリカまで出かけて米軍との共同訓練をおこなったりしていて、戦争をする軍隊としての様相を強めています。
 災害出動もありますが究極的には、自衛隊は戦争をし人を殺す強力部隊です。
 日本の軍事予算は増額され約5兆円も支出されています。

自衛隊に要請した町にも問題があるし、それを受け入れた自衛隊にも問題があります。
平和のための自衛隊というポーズをとっていますが、これほどの浪費はありません。
憲法9条を守り生かし、平和な日本と世界をめざすべきで、憲法破壊へ突き進むことはだまって見過ごすことはできません。

私が残念だったのは、このニュースの中で明確に自衛隊の参加を批判する声が無かったことです。

 大洗町のことも知らないので、ネットで検索したら、今年の3月24日付け「毎日」新聞で、小谷町長が自衛隊に打診したのがきっかけで、まちおこしイベント「海楽フェスタ」の会場に74式戦車が展示されたことが報道されていました。
この記事をみて二度ビックリで、本当だろうかと何回も見直してしまいました。

自衛隊の恣意行動は許さない
軍事予算を減らし福祉、くらしにまわそう
日本と世界の平和に憲法9条を生かそう

|

« 原発技術者の良心を感じた名嘉 幸照さん  7月13日 | トップページ | 大洗町に申入れ“憲法を守り自衛隊はやめよ” 7月16日 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

【大洗に行きましょう】
あなたは三重県に住む私などよりも
よほど大洗の近くにお住まいなのですから
パソコンのスイッチを一度お切りになって
大洗に足を運ばれ御自身の目で
大洗という「被災地」をご覧になるのが良いと思われますね。
「現場の事実」を知るにはそれが一番確かな方法ですから。

そして御帰宅されパソコンのスイッチを入れたら
もう一度あなたが思いをしたためたこの記事に目を通してみましょうか。

投稿: 三重の翁 | 2014年1月 4日 (土) 01時50分

軍備なぞ所詮見栄の張り合いです。
戦争は起こさないのが一番である事は誰でも知っている。
それでも軍隊はなくならないし紛争は各地で起きている。
個人に対する犯罪(他人の物を盗んだり命を奪ったり)に対し警察が存在して警察も武装している。
国に対して犯罪(領地を侵犯したり利益を奪ったり)に対して自衛する人たちが居なくなったらどうすればいいんでしょうか。

個人が国が、どう云う装備で守られているか?
それを知る上でこう言ったイベントがある事は有益に思います。

それこそ情報開示として捉えるのが賢明かと・・・。

あなたの言葉で言うと、戦争をするのは国ではなく究極的にはヒトです。
日本国民が戦争を肯定するとは思えない。
あなたの信じる日本。あなたの信じる日本人は戦争を洗濯するのでしょうか。

そして4兆円のうち40%以上が人件費です
その人たちが失業したら日本はどうなるのでしょうか?

投稿: 福島の稚児 | 2014年11月20日 (木) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県大洗町まちおこしに自衛隊10式戦車  7月13日:

« 原発技術者の良心を感じた名嘉 幸照さん  7月13日 | トップページ | 大洗町に申入れ“憲法を守り自衛隊はやめよ” 7月16日 »