« 公正・公平な選挙報道を-報道各社に要請  12月1日 | トップページ | ビラ配布の自由はだれにも侵せない  12月7日 »

2012年12月 8日 (土)

日本を戦争をする国にしてはいけない  12月8日

Cocolog_oekaki_2012_12_08_20_10

2011120721413890d
(1941年12月8日 真珠湾攻撃で太平洋全域に戦争を拡大)

 日本の未来を大きく左右する重要な総選挙がたたかわれています。
自民党は公然と憲法を改悪し「国防軍」を持つことを公約し、民主党は集団自衛権を解釈改憲ですすめようとし、維新の会は核を持つためのシュミレーションをと主張したり、未来も、みんなも集団自衛権を主張し憲法改悪をすすめようとねらっています。
 こういう中での12月8日です。
Image0025
(1937年12月 南京事件で大量虐殺 長江の岸辺に集められた遺体。この事件をなかったという自民党や維新・・・・侵略戦争と植民地支配に反省なし)
00221
(1945年9月の広島・・・広島・長崎を繰り返すなの叫びに敵向かうのはだれ・・・)

 私は2010年12月8日のブログで、「積乱雲の彼方に」に感銘し、日本を戦争をする国にしてはいけないと書きましたが、その中で
少しでも戦争を批判する者には厳しい圧力が加えられ、大勢が大きく流れている中で「ちょっとおかしいんじやない」と言うことがどんなに勇気のいることだったろうか。
 
 その時に思いました。戦前の日本で「植民地支配反対、侵略戦争反対」を国民によびかけ続けた日本共産党が存在したということです。「戦争反対」の声を上げることをやめなかった人々が日本にもいたのだという歴史上の厳然たる事実をすごいことだと思いました。戦前と違って「国民が主人公」「戦争放棄」の憲法を持つわが国で、情報もたくさん得ることができ、私たち一人、一人が自分の頭で考え、「なにが正しいのか」を判断し、行動するならば、歴史を前向きに進めることができると思うのです」と書いていました。今、同じ事を言える状況にあるように思うのです。

戦争を起こした反省の上に作られた現憲法
「あたらしい憲法のはなし」
Image0028

「あたらしい憲法のはなし」は日本国憲法が公布されて10カ月後の1947年8月、文部省によって発行され、全国の中学生が1年生の教科書として学んだものです。

その教科書の6番目に「戦争の放棄」という項があります。


「みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戦争をしかけた國には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの國々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。
 そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
 もう一つは、よその國と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぽすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、國の力で、相子をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。」


以上がその全文です。
このことに反対する人がいますか。いないと思うんです。
この原点にみんなで立ち戻ろうではありませんか。
すばらしい憲法の内容が実現していないのなら、9条の実現に向けて力を合わせることが最も前向きな希望ある行動ではないでしょうか。

 今日、大宮駅頭で日本共産党の志位和夫委員長が寒風の中で、党を創って90年、戦前の絶対主義的天皇制のもとで、命をかけて「戦争反対」「主権在民」を貫き通した党は日本共産党です。その主張は現在の憲法に生かされていますと訴えていましたが、胸が熱くなりました。しっかり立っていてくれている日本共産党がいる。この日本共産党に選挙で大きく躍進してほしいと強く願うものです。


 

|

« 公正・公平な選挙報道を-報道各社に要請  12月1日 | トップページ | ビラ配布の自由はだれにも侵せない  12月7日 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を戦争をする国にしてはいけない  12月8日:

« 公正・公平な選挙報道を-報道各社に要請  12月1日 | トップページ | ビラ配布の自由はだれにも侵せない  12月7日 »