« 川島永嗣選手と仏国営テレビ不適切発言   10月24日 | トップページ | 東京高裁 21人の減給・停職は違法と判決 10月31日 »

2012年10月27日 (土)

古隅田緑道を久しぶりに歩きました  10月25日

季節の移り目を感じました
4ヵ月以上も歩いていなかった事を実感

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 いつもの道順で歩いて行ったら、高く伸びた草木で行く手を塞がれてしまいました。これには驚きでした。人の手がはいっていないために草木が伸び放題になったのです。
自然の循環にも一定の人の手が入らないと荒れてしまう事を感じさせられました。

◆ アケビ
◆ 女郎蜘蛛
◆ ツタ
◆ ハグロセキレイ
◆ 青空にお月さま
◆ カラスウリの実
◆ 桐の木


Img_0010
(アケビが西日を浴びながら大きく割れて果肉が見えていました。時期が遅くて見れないのではと思っていたのですが・・・)
Img_0041
(女郎蜘蛛の巣がいくつかありましたが、例年より少ないのではとも思いました)
Img_0084
(女郎蜘蛛の巣=色がきれいで広くネットを張っています)
Img_0072
(大きな木から下がっているツタが目に入りました)
Img_0098
(ハグロセキレイでは?よくいる鳥です)
Img_0114
(午後4時20分頃 趣のある月の姿にシャッターを切りました)
Img_0129
(緑色のツルのような枝が伸びているので珍しいので写真に)
Img_0144
(カラスウリの実が熟しきれいな色です)
Img_0145
(桐の木です=2輪薄紫の花が咲いていました)


















|

« 川島永嗣選手と仏国営テレビ不適切発言   10月24日 | トップページ | 東京高裁 21人の減給・停職は違法と判決 10月31日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古隅田緑道を久しぶりに歩きました  10月25日:

« 川島永嗣選手と仏国営テレビ不適切発言   10月24日 | トップページ | 東京高裁 21人の減給・停職は違法と判決 10月31日 »