« 母校浦里小学校・2棟の全焼に悔し涙   9月6日 | トップページ | 東日本大震災から1年6ヵ月  9月11日 »

2012年9月 9日 (日)

オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会  9月9日

Cocolog_oekaki_2012_09_09_20_50

Img_7145
(集会には10万1千人が参加し、沖縄の本土復帰後の基地に関する県民大会では最大規模となりました)

 我々は、本日、日米両政府による垂直離着陸輸送機MV22 オスプレイ強行配備に対し、怒りを込めて抗議し、その撤回を求めるためにここに集まった。

 沖縄県民は、米軍基地の存在ゆえに幾多の基地被害をこうむり、1972 年の復帰後だけでも、米軍人等の刑法犯罪件数が6,000 件近くに上るなど、米軍による事件・事故、騒音被害も後を絶たない状況である。

 1995 年9月に、米海兵隊員3人による婦女暴行事件が起こり、同年10 月に県民総決起大会が行われ、米軍に対する怒りと抗議の声を上げた。日米両政府は、1996 年の日米特別普天間基地の全面返還の合意を行った。

 しかし、合意から16 年たった今日なお、米軍普天間基地は市街地の真ん中に居座り続け、県民の生命・財産を脅かしている。
そのような中、米軍普天間基地に「構造的欠陥機」であるオスプレイを配備すると通告し、さらにオスプレイは米軍普天間基地のみでなく、嘉手納基地や北部訓練場など、沖縄全域で訓練と運用を実施することが明らかとなっており、騒音や墜落などの危険により、県民の不安と怒りはかつてないほど高まっている。

 オスプレイは開発段階から事故をくり返し、多数に上る死者を出し、今年に入ってからもモロッコやフロリダ州で墜落事故を起こしている構造的欠陥機であることは、専門家も指摘しているところであり、安全性が確認できないオスプレイ配備は、到底容認できるものではない。
沖縄県民はこれ以上の基地負担を断固として拒否する。そして県民の声を政府が無視するのであれば、我々は、基地反対の県民の総意をまとめ上げていくことを表明するものである。

 日米両政府は、我々県民のオスプレイ配備反対の不退転の決意を真摯に受け止め、オスプレイ配備計画を直ちに撤回し、同時に米軍普天間基地を閉鎖・撤去するよう強く要求する。

以上、決議する。
2012年9月9日
オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会

★ 宮古、八重山でも9日に集会が開かれました。
★ 9月9日の県民大会は協賛団体が153団体になり、前回大会には参加しなかった県商工会連合会も共同代表になり、大会であいさつしました。

★ 前回(2010年4月)の県民大会決議では、「圏外・国外」移設を求めていましたが、今回は「閉鎖・撤去」を求め、普天間基地返還・新基地建設に反対する県民の総意が前進しました。


この沖縄の青い空はアメリカのものでなく、
日本政府のものでもなく、私たち沖縄県民のもの

沖縄国際大学3年・加治工綾美(かじく・あやみ)さん
未来へのメッセージ

Kajikuayami
みなさんこんにちは。
ただいまご紹介にあずかりました加治工綾美ともうします。

私は沖縄国際大学に通う学生です。
 大学のすぐ後ろには、世界一危険な普天間飛行場が広がっています。今から8年前の2004年8月13日、私たちの大学に普天間基地所属のCH53Dヘリコプターが墜落炎上しました。私はその当時中学1年生でしたが、ニュースで見た事故の惨状はまるで別世界の出来事のようでした。本当にこのようなことが沖縄で起こったのかと疑わざるをえませんでした。
 
 そのような恐ろしい事故が起こった後、大学を取り巻く基地の現状はいまだ変わりません。窓を閉めていても授業を中断せざるをえない騒音は、墜落するのではないかと不安を抱かせるほどに大きく恐ろしいものです。騒音で中断される授業はあってはなりません。
 
 野田総理、森本防衛大臣、私たちは静かなキャンパスで勉強したいのです。
このように今でさえ世界一危険と言われている普天間基地に危険なMV22オスプレイが配備されようとしているのです。
 どうしてこのような危険きわまりないオスプレイを沖縄だけに配備するのでしょうか。

日本政府はどうして断ることができないのでしょうか。

墜落したらだれが責任をとるのでしょうか。
Img_7139政府は安全性を強調するばかりで、沖縄の人々の声は無視され続けられています。沖縄の民意を無視し、危険なオスプレイを配備することは、沖縄差別ではないでしょうか。
 このような危険にさらされない沖縄の未来を築くために、これからの沖縄については私たち若者の一人々が基地について考え、行動することが重要なのではないでしょうか。
 若者の基地に対する認識が薄くなっている現状を変え、一丸となって危険なオスプレイ配備への反対、米軍基地の早期撤去の思いを県外、国外に向けて発信していかなければなりません。
 そして返還された土地を平和的に活用し、県民のために多いに役立てるべきです。
 みなさん、今、オスプレイが軍事訓練をしようとしている普天間基地が返還され、りっぱな街づくりがされたことを想像してみてください。
私たちの未来はみんなが力を合わせれば、危険な基地は平和でのどかな街に変えることができます。
 未来を考えるうえで、オスプレイは到底受け入れ難く、今はまだ幼い子どもたちが危険な思いをしながら生活する未来など考えたくもありません。

 この沖縄の青い空はアメリカのものでもなく、日本政府のものでもなく、私たち沖縄県民のものであることを、ここにお集まりのみなさんと、しっかりと確認したいと思います。
 そうですよね、みなさん。
(大きな長く続く拍手、指笛)

もうこれ以上、このきれいな空に軍用機を飛ばすことを私たちは許しません。
基地は若者に明るい希望の未来を与えません。
私は若者としてますます勇気と自信が湧いてきました。もうなんの迷いもありません。
 沖縄の空にオスプレイを飛ばせない。基地もない、素晴らしい沖縄の未来を切り開くために、私は若者の一人として若者の立場からその実現の日までがんばることをここに決意します。
 (拍手・指笛)
Img_7160 今日、このように県民の思いが一つとなり、オスプレイ配備に反対していることを日米両政府は真摯に受け止め、いかなる防衛政策であろうとも、これ以上沖縄を犠牲にすることは許しません。
 沖縄のすばらしい未来を築くために、みんなでがんばっていこうではありませんか。
オスプレイも飛んでいない平和な未来の沖縄の空を想像しながら私のあいさつとさせていただきます。
 ご清聴ありがとうございました。

|

« 母校浦里小学校・2棟の全焼に悔し涙   9月6日 | トップページ | 東日本大震災から1年6ヵ月  9月11日 »

沖縄と基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会  9月9日:

« 母校浦里小学校・2棟の全焼に悔し涙   9月6日 | トップページ | 東日本大震災から1年6ヵ月  9月11日 »