« 一日々精一杯咲き誇るホテイアオイの花  9月11日 | トップページ | アメリカ・日本政府のオスプレイ飛行強行に怒り 9月21日 »

2012年9月16日 (日)

茶臼岳・牛ヶ首山道通りのリンドウが最盛期    9月13日

那須ロープウェイ山頂駅 ~ 牛ヶ首
  山道の両側に濃紺のリンドウ
 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。
Img_7887_2
(濃紺のエゾリンドウが山道の両側に)

Img_7970 テレビで茶臼岳にリンドウが咲いていることを知り、リンドウが好きな私は出かけました。
黒磯駅からバスで1時間、那須ロープウェイで山頂駅に着きました。
 前日は霧に覆われ視界が悪かったそうですが、この日は天気に恵まれ展望することもできました。

山頂駅 ~ 牛ヶ首までの約1.3㌔


Img_7754
(茶臼岳の山頂を右側に望みながら牛ヶ首に向かいました)
 山道の右側に茶臼岳(1915M=日本百名山の一つ)(別称で那須岳とも呼ばれます)の頂上を眺めながら歩きました。
茶臼岳は歩くにつれて見える形が変わっていきました。
牛ヶ首という呼称は牛ヶ首の場所から、茶臼岳の頂上を仰ぎ見て、牛の首に似ていることから付けられたと聞きました。

すばらしい自然の中で
こんなに群れて咲くリンドウを見るのは初めて


Img_7779_2
(山道から=群れて咲いています)
Img_7874
(〝すばらしい〟の一言です)
Img_7809
(リンドウでもちょっと違う感じ)
Img_7939
(山道からのリンドウの咲いている位置がわかります)

 実際にリンドウがどのくらい咲いているのか、現場を見ないうちはわかりませんでしたが、山頂駅をでてからすぐに、山道の右側にリンドウが咲いていました。
 さらに進むとリンドウは山道の両側の何か所にも、濃紺のきれいな色で咲いているので驚きと感動に変わりました。

すばらしいと思いました。

Img_7887

Img_7910

 多くの人たちは黙々と山道を先へ先へと歩いていました。
6人の女性グループは足を止めて、リンドウの写真を熱心に撮っていましたが、私は後に後にとなりながらも、写真を撮りながら牛ヶ首に進みました。

Img_7900
(茶臼岳を望むリンドウ)
 火山灰に覆われてリンドウを全く見られない場所もありましたが、牛ヶ首までの間をリンドウ通りと名付けてもいいようにさえ思えました。
それほど、自然の中でリンドウが咲いていたのです。

2012091321
(牛ヶ首から望む茶臼岳の山頂)
 山頂の近くからは白い噴煙が上がり、活火山であることを改めて感じました。この時間帯、牛ヶ首からは360度グルッと展望することができ遠くの峰々も眺めることができました。

 次をクリックするとアルバムへhttp://urano.cocolog-nifty.com/photos/tiyausudakerindou/

|

« 一日々精一杯咲き誇るホテイアオイの花  9月11日 | トップページ | アメリカ・日本政府のオスプレイ飛行強行に怒り 9月21日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶臼岳・牛ヶ首山道通りのリンドウが最盛期    9月13日:

« 一日々精一杯咲き誇るホテイアオイの花  9月11日 | トップページ | アメリカ・日本政府のオスプレイ飛行強行に怒り 9月21日 »