« さようなら原発10万人集会  7月16日 | トップページ | 核兵器廃絶は切なる願い 広島平和宣言   8月6日 »

2012年8月 6日 (月)

広島に原爆が投下されてから67年  8月6日

戦争はひとつも

かっこういいものではない


 語りはじめたセーラー服の少女

   
河内光子さん(13歳で被爆)


写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

Am1102_4
(1945年8月6日 広島午前11時ごろ撮影)

電車道が焼場になっているんですね。トラックが

死体を下げては山盛りに乗せて、ここから舟入本

町まで3、4メートルおきに人間の山を作るんで

すね。

みんなが燃えるんですね。何十人かいっぺんに。

くさいんですよね。

アニメとかいろんなものが戦争はかっこういいも

んだと、みなさん思って
いるかもしれませんけれ

ど、絶対かっこういいもんじゃないです。戦争し

たら必ず人間だれか、どっちかが殺すんです。殺

しあいなんです、戦争は。

それだけで済みません。原子爆弾使います。どっ

ちか使ったら相手が死にますね。ものすごい人数

が。そんなことしちゃいけないです。

せっかくこの世に
生れてきた人たちを殺しちゃい

けない。

〝だから〟戦争は絶対しないでほしい。

少しもかっこういいものじゃない。どんなにえら

くなっても、戦争だけは避けてほしいんです。

それをみなさんにお願いしたいんです。

(今年の7月18日、初めて地元の浪江中学校で、封印を解いて8月6日広島の街で見た事を詳しく語りました。その一部です)

Img_5182
(あの頃の同じ年頃の中学生たちと記念撮影)


 河内光子さんは13歳で爆心地から1.3㌔地点で被爆。別の所で被爆した父と逃げて、父親が火傷の手当てを受けました。午前11時過ぎでその様子を松重美人さんが写真に写していました。この写真は米軍に没収されました。河内さんは結婚し子どもも生まれました。1973年に写真が返還されて展示され、写真がほしく、この子は私ですと名乗り出ました。その日からマスコミが押しかけ、いわれのない差別質問をされ、「好きで被爆したんじゃないのに」とそれ以来、取材を断り、被爆者としての自分を封印してきました。
Img_5226 しかしこの写真は、原爆資料館の展示でいつも関心が寄せられ続けました。10年前からピースボランティア大西知子さんが河内さんと連絡が取れて、「あの写真に写っている女性だからこそ伝えられることがある」と説得してきました。

 今年1月に自分と同じヒバクシャだった夫を亡くしました。
被爆体験者が少なくなっていく中、あの日の体験を伝える意味を考えるようになりました。そうして、浪江中学で話をすることになったのでした。
2012
(今年の平和記念式典)
 あの日を忘れるのでなく語り継いでいこう。
河内さんは決意を胸に新たな一歩を踏み出しました。
 8月6日には大西知子さんがピースボランティアとして教師をしている小学校で全校生徒に話をすることになっています。


 2012年  広島-「平和の誓い」

Img_5349
(子ども代表の三保竜己さんと遠藤真優さん) 

 

67年前、一発の原子爆弾によって、広島の街は、爆風がかけめぐり、火の海となりました。

 

たくさんの人の尊い命が、一瞬のうちに奪われました。

 

建物の下敷きになった人、大やけどを負った人、家族を探し叫び続けた人。

 

身も心も深く傷つけられ、今もその被害に苦しむ人がたくさんいます。

 

あの日のことを、何十年もの間、誰にも、家族にも話さなかった祖父。

 

ずっとずっと苦しんでいた。

 

でも、一生懸命話してくれた。

 

戦争によって奪われた一つ一つの命の重み。

Img_5193

残された人たちの生きようとする強い気持ち。

 

伝えておきたいという思いが、心に強く響きました。

 

故郷を離れ、広島の小学校に通うことになったわたしたちの仲間。

 

はじめは、震災のことや福島から来たことを話せなかった。

 

家族が一緒に生活できないこと、突然、友だちと離ればなれになり、今も会えないこと。

 

でも、勇気を出して話してくれました。

 

わかってくれて、ありがとう。広島に来てよかった。」

 

その言葉がうれしかった。

 

つらい出来事を、同じように体験することはできないけれど、

Img_5125

わたしたちは、想像することによって、共感することができます。

 

悲しい過去を変えることはできないけれど、

 

わたしたちは、未来をつくるための夢と希望をもつことができます。

 

平和はわたしたちでつくるものです。

 

身近なところに、できることがあります。

 

違いを認め合い、相手の立場になって考えることも平和です。

 

思いを伝え合い、力を合わせ支え合うことも平和です。

 

わたしたちは、平和をつくり続けます。

 

仲間とともに、行動していくことを誓います。

 

平成24年(2012年)86


 こども代表 

広島市立比治山小学校 6年 三保 竜己

広島市立安北小学校  6年 遠藤 真優

 

 

 

|

« さようなら原発10万人集会  7月16日 | トップページ | 核兵器廃絶は切なる願い 広島平和宣言   8月6日 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島に原爆が投下されてから67年  8月6日:

« さようなら原発10万人集会  7月16日 | トップページ | 核兵器廃絶は切なる願い 広島平和宣言   8月6日 »