« 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 | トップページ | 「君が代」訴訟 「高裁判決維持を」 教職員側 12月12日 »

2011年12月12日 (月)

野鳥が集まる憩いの場所「大池親水公園」  12月7日

憩いの場所に
サカツラガン・キンクロハジロ・マガモ・コガモなど

 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 大池親水公園は埼玉県春日部市南5丁目にあります。
公園内には大きな「大池」があり高齢者福祉施設「大池憩いの家」もあり、お年寄りの憩いの場所にもなっていますが、東日本大震災では被災者の避難場所にもなりました。

野鳥がたくさんいるので驚き

Img_8378
(大きな大池にたくさんの野鳥が集まります)
 用事があって「大池憩いの家」に出かけたのですが、この場所は前から知っていましたが、来たのは初めてで、最初に驚いたのが野鳥がたくさんいることでした。

餌を与えて野鳥と親しむ人たち

 野鳥があれだけいるので興味がわき翌朝「大池親水公園」に出かけました。
9時過ぎでしたが、1人の方が餌を与えていて、サカツラガンが陸に上がり、一生懸命に食べていました。すごく人になついていることがわかりました。
 餌を与えていた男性の方にお話を聞くと
Img_4357
(サカツラガンが陸に上がって餌を求めていました)
Img_4383
(ピーちゃんピーちゃんと呼ぶとやってきました)
この近所に住んでいて、今年の3月から餌をやるためにここに来るようになったそうで楽しみにしているそうです。この日は来る前に近所の女性から「これ持って行って」と託された餌も持ってきて与えていました。
 サカツラガンはこの大池に居ついていて、雛も孵っているそうで「ピ-ちゃんという名前をつけたのがいるんだよ」と「ピーちゃんピーちゃん」と呼びかけると寄って来て餌をやっていました。

 しばらくすると、違う場所で餌を与えるお年寄りが現れ、そこの幼子をつれたお母さんがやってきて、いっしょに楽しんでいました。
Img_4498
(すごくなついているサカツラガン)
Img_4606
(子どものすぐ側までやってきました)
そこに移動して聞いてみると、この方も餌をやるようになって長いそうでした。そこには、また女性が現れ話になりました。やはりよく来るそうで、鳥の名前なども知っていました。サカツラガンは本来中国からやって来る渡り鳥なのですが、ここに居ついてしまったようです。餌付のせいのような気がします。

 また、違う場所で男性が餌をやりだし、池の各所から野鳥が集まって来ました。
Img_4894
(サカツラガン、キンクロハジロ、マガモ、コガモなどたくさん集まります)
私がわかる範囲で、サカツラガン、キンクロハジロ、マガモ、コガモなどが居ました。数的にはキンクロハジロが一番多くいました。キンクロハジロも渡り鳥で、時期が来るといなくなるようです。

列を作って移動したり
水面をたたくように滑走したり


Img_5047
(サカツラガン)
Img_4775
(キンクロハジロ-頭から垂れている毛が特徴です)
Img_4874
(マガモ)
Img_4782
(コガモ)
Img_4818
(キンクロハジロの群れが移動中)
Img_4793
(キンクロハジロがデングリかえって白い腹をみせました)
Img_4838_2
(水面をたたくように滑走します-キンクロハジロ)

 数が多いので、列を作って移動する姿もなかなかのものです。池が大きいので、水面をたたくようにようにして滑走する姿もすばらしいし、キンクロハジロがごろんとでんぐり帰って、白い腹を見せてもくれます。
 見ていると、鳥たちが様々な姿を見せてくれるので時間の経つのも忘れて楽しみました。

|

« 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 | トップページ | 「君が代」訴訟 「高裁判決維持を」 教職員側 12月12日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥が集まる憩いの場所「大池親水公園」  12月7日:

« 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 | トップページ | 「君が代」訴訟 「高裁判決維持を」 教職員側 12月12日 »