« さいたま市荒川総合運動公園からの富士山 12月13日 | トップページ | 日本航空パイロット原告団の訴訟が結審  12月19日 »

2011年12月18日 (日)

玉葉橋から2回目の富士山日の入り  12月17日

富士山の日の入りは魅力的
江戸川の土手には写真愛好家が並びました

 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_6002
 冷え込みがあって富士山の撮影には好条件なので出かけました。
この日は前回とは反対側の富士山に向かって玉葉橋の左側で場所を探しました。ポイントを定めるまでに迷いがあって時間がかかりました。

大勢の写真愛好家が

 江戸川土手には大勢の愛好家が並びました。
話になった方は東京から来ていて、東武線の運河駅から歩いてきたそうで、飴をいただきました。
Img_5849
(江戸川に夕日が)
日の入りは何回見てもすばらしい

 
 前回の経験を生かし挑戦するのですが、日の入りの富士山の撮影は難しいですね。
「よしうまく撮れた」という写真がなかなかできません。それでいいと思っているのですが。それでも太陽が富士山に沈んでいって周りの様相が大きく変わっていく姿は何回見てもすばらしいです。
Img_5888
(鳥の群れが)
Img_5952
(太陽が富士山の頂上の上に)
Img_5979
(太陽が富士山に沈み始めました)
Img_6013
(太陽が沈んで行きます)
Img_6043
(さらに沈んで行きます)
Img_6050_2
(さらに沈みます)
Img_6059
(太陽がわずかに姿を残しています)
Img_6061
(あとわずかで沈みます)
Img_6068
(16時25分完全に太陽が富士山に隠れ周りの様相が大きく変わりました)
Img_6076
(太陽の残光が上に大きく広がっています)
Img_6166
(おもむきが変わって静かな感じに)























|

« さいたま市荒川総合運動公園からの富士山 12月13日 | トップページ | 日本航空パイロット原告団の訴訟が結審  12月19日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉葉橋から2回目の富士山日の入り  12月17日:

« さいたま市荒川総合運動公園からの富士山 12月13日 | トップページ | 日本航空パイロット原告団の訴訟が結審  12月19日 »