« 高検の再審開始への異議申し立ては許せない 12月5日 | トップページ | 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 »

2011年12月 7日 (水)

横井久美子第302回春秋楽座 in 春日部  12月3日

暖かくほんわかした雰囲気のなかで盛り上がる
― 横き久美子 今年最後の春秋楽座 ―
clover 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 春日部では2年ぶりの春秋楽座で、実行委員の人たちのきめ細かな配慮が各所にあって、最初から最後まですばらしい雰囲気のミニライブとなりました。
Img_8199
春秋楽座も300回を超え、新たな挑戦

 横井久美子さんは、ボイストレーニングで歌い続ける努力、ネパールにもこの暮れに出かける予定で、エネルギッシュに新たな挑戦をしている姿に横井さんらしさを強く感じました。
Img_8140

Img_8154

横井久美子さんの演目より

 
 あくび
 はちと神様
 なみちゃん

 花がすき
 人生よありがとう
 おいでいっしょに
 筑豊の子守唄
アイルランドの子守唄
よみがえれ我が大地の歌
 浜千鳥
 浜辺のうた
 雨にもマケズ
 雨を汚したのはだれ
 私の子どもたちへ
 人間をかえせ

 赤い椿と青いげんぼし

note 筑豊の子守唄で横井さんは、ユネスコ世界記憶遺産に指定された山本作兵衛さんの炭鉱画を示し(コピーした物)ながら歌い、この日、自らが手塩にかけて作ったネギを参加者に手渡した小島さんに贈呈しました。
Img_8118
(会場設営 生け花が毎回楽しみ)
Img_8125
(小島さんが手にするユネスコ世界記憶遺産山本作兵衛さんの炭鉱画)
 歌がすすむにつれて、横井さんの表情から、気持ちが高揚していることを感じました。「会場もいいし、お客さんがいいんですもの」と後で横井さんが言っていました。
Img_8148

Img_8184


Img_8220
(花束、ネギ花が送られました)
 二次会では、子育ての悩みから、それをどう克服するか、病気とたたかいながら楽座を迎えた話、戦争と平和についてどう次の世代に引き継いでいくかなど参加者からの一言で交流もしながら、手作りの料理を食べながら楽しく有意義に過ごせました。

 

 



 

 

 

 


 

|

« 高検の再審開始への異議申し立ては許せない 12月5日 | トップページ | 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私も楽しませていただきました。

横井さんは鬱になった時のことを包み隠すことなく
語りましたね。、そこを乗りこえてこうした「春秋楽座」スタイルで
50人程度の膝つき合わせての音楽と語り。ホッとする温かい音楽会でした。

なんだか若くなってきれいになったような気がしましたよ。

私も若返れるのかな…なんて思ったり。


投稿: ありばば | 2011年12月 7日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536404/53427138

この記事へのトラックバック一覧です: 横井久美子第302回春秋楽座 in 春日部  12月3日:

« 高検の再審開始への異議申し立ては許せない 12月5日 | トップページ | 千葉県野田市玉葉橋から富士山の日の入り  12月4日 »