« 楽しく上高地・安曇野を歩きました-2  8月28日、29日 | トップページ | 東日本大震災から6ヶ月、絆を大切に  9月11日 »

2011年9月 4日 (日)

楽しく上高地・安曇野を歩きました-3  8月28日、29日

安曇野には600体も
様々な表情がおもしろい道祖神

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 道祖神は、村の守り神として、多くは村の中心、道の辻、三叉路に立っています。村人たちが五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願するもっとも身近な神として、具体的な男女像を安曇野人特有のユーモアで創り上げたものです。
 多くの場合、道祖神と同じところに庚申塔・二十三夜塔が祀られています。
 観光協会の話では安曇野にはおおよそ600体の道祖神があるそうです。
安曇野の道祖神の特徴は男女双体が多いということです。

 今回のバス旅行で、車窓から辻などで道祖神を見ることができました。
道祖神を見て楽しむのには、歩きで辻々を見て歩くのが最高です。今回、わずかでしたがその一環を味わうことができました。

Img_2854
(「おひさま」のセットから降りてきた場所にありました)

塩の道道祖神

Img_2895
(穂高神社駐車場 塩の道道祖神)
Img_2867_2
(塩の道道祖神で)
Img_2869_2
(塩の道道祖神で)
Img_2870
(塩の道道祖神で  二十三夜塔)
Img_2875
(塩の道道祖神で)
Img_2877
(塩の道道祖神で)
Img_2866
(塩の道道祖神で)

大王わさび農場で

Img_2978_5
(大王わさび農場で)
Img_2983_16

(大王わさび農場で)
Img_2985_2
(大王わさび農場で)
Img_2986_2
(大王わさび農場で)
Img_2987
(大王わさび農場で)









































|

« 楽しく上高地・安曇野を歩きました-2  8月28日、29日 | トップページ | 東日本大震災から6ヶ月、絆を大切に  9月11日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく上高地・安曇野を歩きました-3  8月28日、29日:

« 楽しく上高地・安曇野を歩きました-2  8月28日、29日 | トップページ | 東日本大震災から6ヶ月、絆を大切に  9月11日 »