« 「二度と原爆を使ってはいけない」 ビクター・デルノア   8月14日 | トップページ | サイカクが二つの鉢で咲いています  8月20日 »

2011年8月17日 (水)

キジバトの営巣に期待したのですが  8月17日

7月30日~8月11日 キジバトを観察

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 
 
 
 7月30日朝、キジバトが続けて鳴く声を聞いて、家を出て鳴く場所を追跡しました。
自宅のまわりの自然の営みには注意をはらうようにしているのですが、ちょっとしたことに新しい発見をすることが多々ありおもしろいと思うのです。
1img_20571
(一度だけ私のすぐ傍に降りてきました-その時の写真です)
古株から枝を伸ばした場所に居ました

我が家の前の空き地に伐採した古株から枝が伸び青々としているのですが、そこにキジバトが居て鳴いていました。
 2009年の8月11日に、これも我が家の近くの民家の生け垣にキジバトが営巣をし、雛を育てているのを発見し投稿したことがありました。
2img_2062
(移動中)
Img_20841
(車が通る道路までやってきました)
Img_2048
(隣の家の松の切り株に止まりました)
Img_2002
(古株の巣の中に居るキジバト)
Img_2417
(位置を変えてこちらを見ています)
10img_2301
(巣から枝の方に移動し飛び立ちます)
Img_2091
(電線に止まったキジバト)
Img_2396
(電線に止まったキジバト)
Img_2035
(キジバトが巣にした古株です)

 そんなこともあって、キジバトの雛を見ることができるのではと期待が高まりました。
それから毎日、午前6時を過ぎるとキジバトが鳴きだしました。同じ古株の場所です。
枝が茂った中にキジバトが鳴いているのです。
 その古株から飛び立ち、電線に止まり、そこで鳴いて、どこかへと飛び去っていくのが毎日のパターンでした。
私はも毎日、楽しみにして観察を続けました。

でも、二羽のキジバトを確認できず

二羽で居るのなら巣に卵を生み抱卵し雛が孵ることが期待できるのですが、私が観察した限りでは二羽を確認することができませんでした。

12日からピタリとキジバトの鳴く声がしなくなりました

12日の朝からキジバトの鳴き声が全く聞こえなくなって、今も続いています。
何か不思議でなりませんが、キジバトは居なくなってしまいました。
キジバトの雛の誕生を期待していた私にはちょっと残念でしたが仕方ありません。
 キジバト
<iframe width="560" height="349" src="
http://www.youtube.com/embed/9WiXGRVyy54" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
キジバトの姿を写真に納め、鳴き声もビデオに納めましたのでご紹介することにしました。


 

|

« 「二度と原爆を使ってはいけない」 ビクター・デルノア   8月14日 | トップページ | サイカクが二つの鉢で咲いています  8月20日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キジバトの営巣に期待したのですが  8月17日:

« 「二度と原爆を使ってはいけない」 ビクター・デルノア   8月14日 | トップページ | サイカクが二つの鉢で咲いています  8月20日 »