« 客室乗務員原告団の第4回口頭弁論から  7月8日 | トップページ | 「封印された原爆報告書」が放送文化基金賞大賞に  5月27日 »

2011年7月22日 (金)

真夏の昆虫  7月15日

雅の広場にチョウトンボがいっぱい

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 には大小様々な池や沼があります。
トンボ池は暑さで乾ききっていて、水が一滴もありませんでした。
分山沼ではウチワヤンマが飛び魚が大きく跳ねる姿がありました。

 炎天下を雅の広場の舞台で過ごす

 
雅の広場には舞台とスイレンの池が有り、何種類かのトンボとたくさんのチョウトンボが飛んでいました。チョウトンボの魅力に引き付けられて午後1時過ぎの炎天下、舞台の日陰からチョウトンボを観察しました。

★ 実は家に帰ってから森林公園に問い合わせ、写真をメールで送りトンボの種類を教えていただき大変嬉しく思いました。写真が小さいので判断に難しさがあるようでしたが、おおよそを知ることができました。

Img_1691
(分山沼のウチワヤンマ)
Img_1704
(分山沼で)
Img_1725
(分山沼で魚が跳ねていました)

雅の広場で

Img_1816
(雅の広場のスイレン)
Img_1649
(チョウトンボ)
Img_1756
(チョウトンボ)
Img_1807
(一番近くで捉えたチョウトンボ)
Img_1790
(光で羽根の色が変化しますがこれはオスでは?)
Img_1916
(チョウトンボの交尾で何回も見ました)
Img_1841
(ネキトンボ)
Img_1869
(ネキトンボ)
Img_1745
(ネキトンボ)
Img_1831_2
(ギンヤンマ)
   

       

|

« 客室乗務員原告団の第4回口頭弁論から  7月8日 | トップページ | 「封印された原爆報告書」が放送文化基金賞大賞に  5月27日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の昆虫  7月15日:

« 客室乗務員原告団の第4回口頭弁論から  7月8日 | トップページ | 「封印された原爆報告書」が放送文化基金賞大賞に  5月27日 »