« 第6回春日部市新春凧あげ祭り-3  1月16日 | トップページ | AFCアジア杯、延長戦を制し4回目の優勝 1月30日 »

2011年1月26日 (水)

日・韓サッカ-息ぬけぬ、すばらしい試合  1月25日~26日

AFCアジアカップ2011カタール
準決勝日本対韓国 息抜く暇もないような好試合

 カタールで開催中のAFCアジアカップの準決勝日本対韓国の試合を最後まで釘づけになって観戦しました。
 試合開始午後10時25分~終了が26日午前1時過ぎでした。
Scc1101260505006p6  (韓国に先取点を許しましたが反撃に長友のパス)
Scc1101260937015p1 (長友のパスを前田がゴールし同点に)
 因縁の日・韓対決ということで観たくなって最初から最後まで観ました。過去に、日本と韓国のサッカー試合は一度も見たことがありませんでした。
すばらしい試合でこういう試合こそスポーツの持つ醍醐味ではないだろうかと思いました。
 サッカーワールドカップ南アフリカ大会での日本対パラグアイ戦の事が思い出されました。
Scc1101260505006p2 (本田のPKこぼれをゴールし勝ち越し)
2011012600017 (韓国終了間際の隙をついて同点ゴール)
 私の感じでは日本が押し気味のようでしたが、後半から韓国の流れが変わってすごい勢いで日本陣地に攻め込み押し気味に変わったように思いました。
 延長戦終了間際での韓国の諦めない攻めによって、日本のわずかの隙に同点ゴールを決められました。韓国の力のすごさを感じました。

  PK戦での川島の2ブロックが勝敗の分かれ目に

 2本続けて韓国のキックをブロックしたことが大きな分かれ目になったように思います。
韓国チームはPK戦で日本がワールドカップで味わったような悔しさを味わったのではないでしょうか。
Scc1101260507008p3(PK戦、川島が2人続けてブロック)
Scc1101260507008p5 (天に向かって気合を入れる川島)
 PK戦で一つ印象に残ったのは、最初のキッカーは本田圭祐で試合中にペナルティーキックで失敗していたのに挑戦したことでした。立ち向かっていく姿勢が感じられました。でも試合後に「監督が今日はよかったよと声を掛けてくれたのが僕に自信を与えてくれる。・・・・・真ん中に蹴って失敗し、PK戦では真ん中に蹴る勇気はなかったです」というコメントでした。
2011012600015 (勝利してゴールに駆け寄る日本イレブン)
Scc1101260507008p7
 (喜び合うイレブン)
 日本は5年ぶりに韓国に勝利したのだそうで、これからも、日本、韓国の熱いたたかいは続くように思いました。

試合終了後の韓国選手の態度に注目していたのですが、すごくマナーがすっきりしていて、日本選手とも握手している姿に好感が持てました。日・韓の友好が深まるといいなと思いました。

|

« 第6回春日部市新春凧あげ祭り-3  1月16日 | トップページ | AFCアジア杯、延長戦を制し4回目の優勝 1月30日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日・韓サッカ-息ぬけぬ、すばらしい試合  1月25日~26日:

« 第6回春日部市新春凧あげ祭り-3  1月16日 | トップページ | AFCアジア杯、延長戦を制し4回目の優勝 1月30日 »