« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル4 1月9日 | トップページ | 南房総市白浜・野島崎灯台で  1月11日~12日 »

2011年1月17日 (月)

今年も鋸南町の水仙ロードを歩きました  1月11日

自然・歴史の営みの素晴らしさを実感
水仙・ロウバイ・桜・菜の花・せんだん・トビ・ゴイサギなど

 
写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 昨年の1月8日に鋸南町江月水仙ロードを歩いてから、あの素晴らしさを忘れられずに今年も行きたくなり、妻を誘うと「行く」ということで2人で出かけました。

 全国的な冷え込みの中で、この日は一日中曇りで寒さを感じる天気でした。
江月水仙ロードを歩きましたが、一面の水仙が迎えてくれました。
Img_7626

Img_7695 昨年よりわずか3日しか違わないのに、昨年は3分咲きぐらいだった桜がわずかに開花し始めているという遅れた状況でした。
 休憩所で店のおじさんに話を聞くと、前日の連休は人出が多かったそうですが、この日はすいていました。水仙は最盛期から終りに近づいているとのことでした。

直売所・ファームやもとを訪ねました

吉本信幸さんがいて「わざわざ寄っていただいて嬉しいです」と再会を喜んでくれました。
Img_7693 やもとの休憩所で昼食をしてから、「さ~これからどうするか」やってきた保田駅に戻るか、それとも安房勝山駅まで歩くか迷いました。それで、吉本さんに聞いてみると歩いて大丈夫そうなので決断し安房勝山駅まで歩くことにしました。

見返り峠を越えて安房勝山駅まで楽しい道に

 安房勝山駅までの道順は、道路に白線で矢印が付けられていて、迷わずに着くことができました。江月を出てまもなく、安房勝山駅から歩いてきたという2人に話を聞けて安心できました。見返り峠を越えると雰囲気は江月とはガラッと変わりました。
Img_7709  水仙が道すがらきれいに咲いていました。
年代はわかりませんが古そうな石塚もありました。鋸南は江戸時代から水仙が栽培されていたという歴史があるのですから、昔、旅人が通った道なのではなどと思いをめぐらしたりしながら歩きました。
 ほとんど人には出合いませんでした。
 歩いていて、初めて見る知らない木があり(乳牛を飼っている家)、おばあさんに声をかけ「せんだんの木ですよ」と教えてもらいました。
Img_7734 保田駅から江月に向かう途中でトビがよく飛んでいましたが、安房勝山駅への道でも近くでたくさんのトビを見ることができ、カルガモ、ゴイサギとも出会いちょっと驚きました。
こんなに、自然がまだそのまま残っていることを嬉しく感じました。
 ただ、1ヶ所、砂利産出のための大きなトラックが通り、山肌が段々畑のように削られている姿には胸が痛くなりました。
Img_7742

 安房勝山駅の待合所に着くと水仙まつりの案内と水仙がきれいに活けられていました。
2人して満足する楽しい旅になりました。
Img_7746

 httpここをクリックするとアルバムへ://urano.cocolog-nifty.com/photos/kyonanmati/

|

« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル4 1月9日 | トップページ | 南房総市白浜・野島崎灯台で  1月11日~12日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も鋸南町の水仙ロードを歩きました  1月11日:

« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル4 1月9日 | トップページ | 南房総市白浜・野島崎灯台で  1月11日~12日 »