« 七転八起の願いを込めて喜多院だるま市   1月3日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル1 1月9日 »

2011年1月 7日 (金)

南中曽根・新方袋オビシャを訪ねました  1月7日

オビシャを観てきました
新方袋・南中曽根香取神社


 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 私が住む地域の自治会内の香取神社で〝オビシャ〟という行事が新年に行われている事を知ってどんな行事なのか興味がわいて出かけました。

Img_6645  今朝はすごい冷え込みで道すがら水溜りなどは氷がはっていました。手袋をしないと寒さを感じる本格的な寒さでした。
 古隅田遊歩道から古隅田公園の遊歩道を時々歩くのですが、香取神社には一度も寄ったことはありませんでした。
 午前10時頃、香取神社に着きましたが大きな神社で、氏子の人たちが焚火をしながら、オビシャで使う弓矢など行事の準備をしていました。

本来は7歳の男児が弓を射て
その年の豊凶を占う神事なのだそうです


 今年は7歳の男児はいなくて、集まった氏子のみなさんが的を目がけて矢を射ていました。
弓矢は精巧に出来た販売品と手作りの弓矢がありました。販売品の方がよく飛びますが、やはり、篠竹で作った手製の方が素朴で親しみを感じました。
Img_6665  私も2回、弓を射させてもらいましたが的には当たりませんでした。

氏子総代の話では壊れてころがっていた狛犬を修復し大切に飾っているとのことで、見てみると間違いなく古いままの部分と新しい部分がはっきりわかりました。
 文化4年(1807年-江戸時代)と刻まれた石碑も有り、ずうっと昔から受け継がれてきた行事なのだと感じました。
Img_6642
    氏子のみなさんが準備をしています
Img_6654
  弓を射る自治会長
Img_6660
  弓を射る氏子さん
Img_6672
   大切に補修されてきた狛犬
Img_6677
  文化4年の文字が見えます


古隅田公園から
古隅田遊歩道を歩いて帰りました


帰りの途中では、昨年11月12日に撮影した時からは木々の姿も全く変わっていました。

Img_6692
  アオキが何か所にも
Img_6709
  アオキの実が色づき始めています
Photo
    ヒヨドリジョウゴの比較です
Img_6713
   寒さに耐えて咲くサザンカ
Img_6718
   サザンカがきれいでした
Img_6770
 スズメバチの巣を見つけましたが蜂は見ませんでした
Img_6774
   梅のつぼみがまもなく開きそうです

|

« 七転八起の願いを込めて喜多院だるま市   1月3日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル1 1月9日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南中曽根・新方袋オビシャを訪ねました  1月7日:

« 七転八起の願いを込めて喜多院だるま市   1月3日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル1 1月9日 »