« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル3 1月9日 | トップページ | 今年も鋸南町の水仙ロードを歩きました  1月11日 »

2011年1月15日 (土)

第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル4 1月9日

350年の歴史を重ねてきた
糸あやつり人形  江戸糸あやつり人形

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

B会場で

人形が生きているように感じ、日本文化のすばらしさを堪能することができました。
人形師の話では人形は60㌢で「手板」といわれる操作板から25本の糸が出ていて、きき糸とあそび糸で人形を操作するそうです。
江戸人形はスロバキアの人形と比べて足の長さに違いがあるのが特徴だとも言っていました。

Img_7169
人形師からのごあいさつ
Img_7175
Img_6796
動きが生きているように滑らかです
Img_6806
酔いどれ人形  
Img_6812
徳利を口に運ぶ姿も決まっています
Img_6823
酔いつぶれた姿
Img_6851
おかめの登場です。
Img_6839
色気がかもし出されていて感心するばかり
Img_6843
Img_7214
みなさまにごあいさつです
Img_6864
 獅子舞の始まりです
Img_6871
 立ち舞いをします
Img_6881
 獅子舞の2人の姿がわかります                
Img_7261_3
 花びらに飛びつこうとする獅子
Img_6906_3
  獅子の雄姿
Img_7268_3
演技が終わってから会場で獅子がみなさんに祥福あれと頭を噛んでまわりました 

|

« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル3 1月9日 | トップページ | 今年も鋸南町の水仙ロードを歩きました  1月11日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル4 1月9日:

« 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル3 1月9日 | トップページ | 今年も鋸南町の水仙ロードを歩きました  1月11日 »