« 南中曽根・新方袋オビシャを訪ねました  1月7日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル2 1月9日 »

2011年1月10日 (月)

第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル1 1月9日

さいたま新都心を元気にしよう
JR駅を中心に14会場で34パホーマーが活躍

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 さいたま新都心駅を中心に8日(土)9日(日)と今年で8回目になる大道芸フェスティバルが開催されました。私は9日の午後に出かけました。
Img_7268 駅に着いた所に本部テントがあったので寄って「このフェスティバルの主旨はなんですか」「出演者にはどのくらい支払っているんですか」と2つの質問をしました。
 「さいたま新都心を元気にしよう」と言うことが主旨で始まったそうで、出演者には交通費、弁当代だけだそうです。
 天気もよく会場は人の山でにぎわっていました。

 私は2つの会場で4つのパフオーマンスを楽しみ、ジャグリング(道具を使った大道芸)という言葉と、使う道具について初めて認識し、大道芸といっても深い内容があるんだと感心しました。
順次紹介することにします。

● ジャグリング 桔梗ブラザーズ

 クラブ(こん棒とも言うそうです)を飛び交わす(パス)妙技に拍手が湧いていました。その場では知らなかったのですが、家でリーフを見たら、多数の受賞歴を持つテクニシャン兄弟であることを知りました。
 クラブを4本、5本と増やし最後は10本に挑戦し成功させました。
Img_6737
 桔梗ブラザーズ妙技の始まり
Img_6768
 肩を飛び越えました
Img_6786
  4本のクラブをパスします
Img_6800
  5本のクラブをパスします
Img_6818
  肩に乗って6本のクラブを操ります
Img_6807
  7本のクラブをパスします
Img_6852
  8本のクラブのパスを終わって
Img_6867
  9本のクラブをパスします
Img_6886
 10本のクラブを使いきって終了  大きな拍手です

|

« 南中曽根・新方袋オビシャを訪ねました  1月7日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル2 1月9日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル1 1月9日:

« 南中曽根・新方袋オビシャを訪ねました  1月7日 | トップページ | 第8回さいたま新都心大道芸フェスティバル2 1月9日 »