« なつずいせん(夏水仙)とオクラ    9月16日 | トップページ | さいたま市岩槻の古式土俵入り  9月19日 »

2010年9月18日 (土)

蓮田市黒浜沼に出かけました    9月17日

蓮田市黒浜沼(くろはまぬま)
さいたま緑のトラスト基金による保全第11号地

写真の画面をクリックすると大きくして見ることができます。

 私は春日部市内牧の黒沼公園に野鳥との出会いを楽しみによく出かけますが、地名の「黒沼」と蓮田市の「黒浜沼」が似ていて注意しないと間違えてしまうことがあります。

 しばらく、黒浜沼には出かけていませんでしたし、この時期には一度も行っていなかったので行ってみることにしました。

Img_4979今、記事を書いていて調べてみると、前回は2008年10月7日に行っていました。2年近くも経っているので時の流れに驚きました。
 当時、ブログに書いたのですが、昨年の3月に大失敗をしてブログを全部削除してしまい、記録が残っていないのです。

● さいたま緑のトラスト基金による保全第11号地に

 今日、改めて「さいたま緑のトラスト基金」のネットを見たら、2009年に正式に保全第11号地に確定していました。ネットによると面積66,286平方㍍で取得経費は1億5600万円(トラスト基金2/3、蓮田市1/3)となっていました。

   黒浜沼の回り8割方を廻りました

 今までは同じ場所だけに行っていたので、沼の全体を知りたく、軽自動車で沼の回りを8割方廻りました。この時期、蓮の葉が大きく茂ってあまり見通しはよくありませんでしたが、黒浜沼全体のイメージがはっきりしました。

   「自然を大切に」
   「100円玉で・・・沼の水・生物・魚・野鳥に元気を下さい」


 車をどこに停めるか苦慮しましたが、手頃な空き地を見つけたので駐車しました。
偶然だったのですが、そこには

・「自然を大切に」という看板と
・「黒浜沼(上沼)」についての解説看板
・「100円玉で噴水を上げて見てください。沼の水・生物・魚・野鳥に元気を下さい。自然の残る沼・黒浜沼を美しく  魚を守る会」の標識


Img_4978

Img_4959

があり、100円玉の入れ口がありました。
私はさっそく100円玉を入れました。
Img_4938
  (1回目の噴水)
Img_4962
  (2回目の噴水)
 蓮の葉などですっきりとは見えないのですが、沼に水しぶきが上がるのが見えました。
(2~3分でしょうか)
もう一度100円玉を入れて、草藪をかけ分けて沼部までたどり着き、2枚の写真を撮ったら噴水は終わってしまいました。
Img_4393
  (トンボが蓮の葉に)

黒浜沼を大切に保全しようとしている人たちの知恵と努力に「がんばってください」と心の中でつぶやきました。
 願わくば、沼に来た人たちに目立つように工夫したらもっといいと思いました。


     沼にはカルガモ、カイツブリ、川鵜が

 野鳥の写真を撮りたくて場所を探しましたが、いつもの場所になりました。
そこにたどり着くのに、先日の雨で田んぼがぬかっていて、足をとられ苦戦しました。
Img_4431
   (手前がカイツブリで奥がカルガモ)
Img_4504
   (カルガモの水もぐり)
Img_4553
  (川鵜)
この日の野鳥の姿は、カルガモ、カイツブリ、川鵜それぞれ1羽だけでした。
 カルガモとカイツブリの位置は遠く、望遠を使いましたが大きくは写せませんでした。でも、水にもぐったり様々な姿を見せてくれ楽しい一時でした。

     噴水の上がる蛇口がわかりました

 これまで来ていて「これはなんだろう」と疑問に思っていた物が噴水の蛇口であることがわかりました。
Img_4450
   (噴水の蛇口とカイツブリ)
Img_1489_08107
 (2008年10月7日に撮影した写真-噴水蛇口)

 

|

« なつずいせん(夏水仙)とオクラ    9月16日 | トップページ | さいたま市岩槻の古式土俵入り  9月19日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓮田市黒浜沼に出かけました    9月17日:

« なつずいせん(夏水仙)とオクラ    9月16日 | トップページ | さいたま市岩槻の古式土俵入り  9月19日 »