« 第3回春日部市大凧花火大会   8月28日  | トップページ | 第3回横山幸雄 ショパンを弾く   9月5日 »

2010年9月 2日 (木)

関東大震災と大川常吉氏のこと   9月2日

朝鮮人を守った鶴見警察署長の大川常吉氏

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 1923年9月1日に起きた関東大震災から87年が経ちました。
Img_22391 
 (横網町公園 慰霊堂の一角にある朝鮮人犠牲者追悼碑)


D6214e32s_2今朝、NHKのテレビで関東大震災の時に、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマに惑わされた人たちが朝鮮人を襲撃し虐殺するなどの事態が各地に発生し、神奈川県鶴見警察署 に逃れてきた朝鮮人300人を署内に収容し、「朝鮮人を出せ」などと迫る1,000人からの民衆に、毅然と対処して守り抜いた大川常吉署長がいたということを知りました。
 私はそうした事は全く知らなかったので、あの時代に「そういう人がいたのだ」と感動して聞きました。それも警察署長という職にいながらのことなので、さっそくネットで検索すると大川常吉氏のことについての記事がたくさんありました。その中から次のブログをここに掲載しますので詳しくはご覧ください。
http://ここをクリックしてlogs.dion.ne.jp/mrgoodnews/archives/1750156.html

立場を超えて勇気ある行動を貫いたことに改めて感動しました。



  何千人という朝鮮人と中国人が虐殺され
  日本共産青年同盟委員長の川合義虎をはじめ
  労働組合幹部や社会主義者などを虐殺(亀戸事件)


 当時の天皇制政府と支配勢力は関東大震災の混乱に乗じて「社会主義者が内乱をくわだPhotoImg_22451_2 てている」「朝鮮人が暴動をおこした」とかいうデマをふりまき、戒厳令を布告して軍隊をも出動させて社会主義運動、労働組合運動を弾圧しました。そのなかで、日本共産青年同盟初 代委員長の川合義虎(当時21歳)、労働組合幹部、社会主義者の平沢計七など10名が虐殺された亀戸事件もおきました。
 何千人という朝鮮人と中国人も虐殺されました。
東京墨田区横網町公園の東京慰霊堂には関東大震災で犠牲になった人々と東京大空襲で犠牲になった人々が祀られています。その一角に朝鮮の人々にした許されざる日本人の行為を反省し朝鮮人犠牲者を追悼する碑もあります。
 今年は「韓国併合100年」の年でもあり、植民地支配をした朝鮮の人々には言い尽くせぬ加害を与えており、二度と繰り返してはならないと思うのです。

 今日、調べていて川合義虎は長野県上田の出身であることを初めて知り、川合義虎への哀悼の念も強くしたのでした。

|

« 第3回春日部市大凧花火大会   8月28日  | トップページ | 第3回横山幸雄 ショパンを弾く   9月5日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして
川合義虎の写真は何枚か目にしていますが、上に掲載されている写真は未見のもので、大変驚きました。
出典をご教示頂ければ、幸いに存じます。

投稿: 近藤 | 2010年9月11日 (土) 10時42分

時に管理人さん、あなたはこういう問題についてはどうお考えなのでしょうか。
http://yashikipatinko.jimdo.com/
こういう記事も載せてられる限り、あなたが韓国・朝鮮の人達にばかり同情して日本人をないがしろにしている、という訳じゃないというのは分かりましたが、しかしこの件のように罪も無い日本人が逆に韓国人に泣かされている、という例もあるのですよ。
(このマルハンの会長さんは韓国人です)
あなたが本当に全ての人達に「暖かさと希望を届けたい」のなら、この習志野の人達にも暖かさと希望が授けられるよう願って頂きたいものです。

投稿: 通りすがり | 2013年8月27日 (火) 14時10分

「日本人、体にいい福島産さくらんぼを食べろ」放射能からめた芸人暴言コントに韓国紙「大喝采」
http://www.j-cast.com/2013/08/06180865.html?p=all
管理人様、あなたはこの件はどう思われますか。
福島の人達がこの韓国芸人に負わされた精神的苦痛については、あなたは何もお思いになりませんか。
今はむしろ日本人の方が韓国人からの侮辱や誹謗中傷に苦しめられています。その事をお知りになってください。

投稿: | 2013年8月28日 (水) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東大震災と大川常吉氏のこと   9月2日:

« 第3回春日部市大凧花火大会   8月28日  | トップページ | 第3回横山幸雄 ショパンを弾く   9月5日 »