« ツバメがもうじき巣立ちます    7月5日 | トップページ | 岩槻城址公園菖蒲池のスイレン   7月14日 »

2010年7月11日 (日)

アオバズクが元気に育っています  7月9日、10日

 アオバズクの家族が
岩槻城址公園で元気です

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

    岩槻城址公園に出かけました

 9日の朝5時過ぎにさいたま市岩槻城址公園のスイレンを見に出かけました。
Img_05215時半を過ぎていましたが、公園には様々な人が来ていました。
散策する人、池に向かって詩吟を朗々と歌っている人もいました。すばらしい声をしているので「いい声をしてますね」と声をかけました。2年近く、ここに通っているとのことでした。
 スイレンもきれいに咲いていました。

    初めてアオバズクに出会えました

 スイレンの写真を撮っていると、違う方を向いて写真を撮っている人がいるので「なんですか」と聞くと大きな黒松の木のアオバズクの巣があって雛が育っているとの事でした。

Photo  アオバズクを自然の中で見たことがないので胸おどりました。
カメラを黒松の高い場所にある空洞に向け、注意して見ると雛が動いているのがわかりましImg_0742
  (黒松の空洞を巣に― 雛が元気です)
Img_0733_2

Img_0776
  (親鳥が高い枝に止まっていました)
Img_0799
   (別の親鳥も高い枝に止まっていました) 
た。アオバズクの巣でした。
 不思議に思ったのですが、野鳥を愛好する人たちの間で情報が交換されているようで、カメラを持った人が何人もやってきて、写真を撮っていました。

 私の目的は、スイレンを写真に撮ることでしたので、アオバズクの写真も何枚か撮りましたがスイレンに集中しました。

Img_3414
  (黄色い囲みの中が巣です)
Img_3425
  (2羽の親鳥が止まっている枝です)
 家に帰ってからパソコンに写真を取り込んでみると、アオバズクの写真は満足するものがありませんでした。図鑑でアオバズクについて調べると、夏の時期にやってくる渡り鳥で、夜行性で、5月~9月に日本活するそうで、つがいで雛を育てることを知りました。

   午後、アオバズクを写そうと再度出かけました

 現場にはだれもおらず私1人でした。
アオバズクの巣では、朝とは違って雛が外に向かって顔を出してくれたので、見れる写真を撮れました。巣の中で羽をばたつかせてもいました。


    親鳥がいるはず、 親鳥を見たい

 そんな要求が高まって、10日の10時過ぎに出かけました。
    親鳥が2羽を見ることができました

    
アマカメラマンが何人か来ていました。

  「親鳥はいないでしょうか」と聞くと、巣とは反対側になる高い枝に2羽が離れて止まっていました。Img_0814
        (親鳥はこんなかっこうもしていました)
枝で暗さがありましたが、写真でよく見るアオバズクで嬉しくなりました。
やはり、夜行性のためか、ほとんど動かずに枝に止まっていました。

 巣の方は雛が全く顔を出しませんでした。

 これで帰ってきました。

 こうなると巣立ちの様子も見たいと思いたっています。

   

 

|

« ツバメがもうじき巣立ちます    7月5日 | トップページ | 岩槻城址公園菖蒲池のスイレン   7月14日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオバズクが元気に育っています  7月9日、10日:

« ツバメがもうじき巣立ちます    7月5日 | トップページ | 岩槻城址公園菖蒲池のスイレン   7月14日 »