« 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 | トップページ | アオバズクが元気に育っています  7月9日、10日 »

2010年7月 6日 (火)

ツバメがもうじき巣立ちます    7月5日

15年以上前からツバメが巣を作って
切っても切れない関係になっているそうです

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 以前からか、軒にツバメが巣を作っている家がありました。
5日の朝、軒を見ると子ツバメが鳴いていました。
Img_0280 さっそく、電話番号を探し写真を撮らせて下さいとお願いし、快く了解してもらいました。
カメラを持って出かけ、奥さんが冷えた麦茶を出してくれるなど快く対応して下さいました。
 しかし、望遠レンズでないと、情景を十分に表現できないように思い、家に取って返して望遠レンズをとってきて写真を撮りました。

   15年以上前から巣を作りました

 ツバメが巣を作ってから15年以上経つそうです。
毎年、4月ごろからやってくるそうです。
最初は1羽で来て、相手を探しつがいになるようだとのことです。
雛は3羽~5羽だそうです。

   今年は5羽の雛が育ちました

危険なのは、カラスがツバメの巣を襲うことがあるそうで、注意しているそうです。
Img_0188
  (5羽の子ツバメが育っています)
巣の子ツバメは糞を巣の中にはしないそうです。糞をするときは尻を外に向けてします。私が写真を撮っている間にも何回も、そのポーズで糞をしました。
Img_0214
  (2羽が糞をしています)
ですから、巣の下はツバメの糞で汚れていました。

   親ツバメの飛ぶスピードの速さに驚きました

 親ツバメが何回も餌を運んで来て雛たちに与えていましたが、猛スピードでサーっと巣にやってきて、さっと餌を与えて飛び去って行きました。
Img_0240
  (餌を与え飛び去る親ツバメ)
 本当に一瞬の事でシャッターチャンスがなかなかとれませんでした。
 巣が軒下で暗く、猛スピードの親ツバメを静止の状況で写すのに難しさがありました。
今回、そのことには成功しないで終わりました。

   数日の内に巣立ち

 ご主人と奥さんは子ツバメに成長状況から、今日か明日には巣立つのではないかと言っていました。
Img_0200
  (巣にしがみ着きながら羽ばたきの練習 ?)
 たしかに、子ツバメが巣の外に出て巣にしがみ着きながら、羽をバタつかせる姿が何回もありました。
Img_0283
 5羽が成長し、巣が狭くなってしまっています。

 子ツバメのかわいらしさに引きつけられた1時間ほどでした。

|

« 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 | トップページ | アオバズクが元気に育っています  7月9日、10日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

南無妙法蓮華経 合掌

よっしゃん様

初めてお便りしています。
私は日本山妙法寺の尼僧で「命の行進」という祈りの行進を毎年、している者です。
このかわいいツバメ達の記事とは全然関係なく、「春日部 9条 原発」で検索をしたら、このブログに着きました。

突然、すみません。

実は、8/15の終戦記念日を東京・千鳥ヶ淵戦没者記念碑から出発し、10/2に青森県の大間原発建設地に到着する「命の行進」を今年は計画しています。

春日部の駅に8/17(金)に着くのですが、ご縁がなく泊まるところがありません。
10人以内の人数でテントと寝袋を持っていて、車もあります。
お店の中、キャンプ場、ホームステイ(何人かに分けて)、教会、お寺、小屋など。

もし、主旨に賛同してくださってご紹介いただけるところがありましたら、ご連絡下さい。

とても温かいブログだったので、ずうずうしいお願いをしてしまいました。


 ↓「命の行進」の様子がわかる動画です
http://www.youtube.com/watch?v=yRKskI-61cI

 ↓「命の行進」のブログです
http://blogs.yahoo.co.jp/inochi_no_koshin


疲れやすい季節ですので、お身体ご自愛下さい。
ありがとうございました。

合掌 三拝
矢向由季

投稿: 矢向 由季(ヤコウ) | 2010年7月 7日 (水) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメがもうじき巣立ちます    7月5日:

« 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 | トップページ | アオバズクが元気に育っています  7月9日、10日 »