« 内牧黒沼公園      6月23日 | トップページ | 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 »

2010年6月30日 (水)

清々しく全力でたたかった日本チーム   6月30日

日本対パラグアイ戦 決勝トーナメント
2010 FIFA ワールドカップ南アフリカ大会

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 私はそれほどサッカーに夢中になる方でもありません。
しかし、ロナウジーニョ(ブラジル出身)選手の事を知り、ブログに思いを書いたら、けっこう大Photo勢の方がアクセスする事に驚きました。
 記事を書いた時には認識しないで書いていましたが、ワールドカップの開会が近づき、日本が所属するEグループで最初に対戦するのがカメルーンでそのキャプテンがエト-であることを知り、ちょつと驚いたようなサッカーに知識のない私でした。
 NHKで「サミュエル・エトー  アフリカを背負う男」が放映されエト-選手についての知識と認識を深めた私でした。

 そんなことがあってから、オランダ戦は全部見なかったのですが、他の日本の試合は徹夜して全部見てしまいました。

     清々しく全力を尽くした試合に感動

 日本チームが決勝トーナメントに進み、対パラグアイ戦は4時間近くの熱戦で、テレビの画面から目を離せない状況でした。試合が始まったのが午後11時、試合が終わると午前3時Photo_2 近くになっていました。
 前半、後半をたたかい、延長戦になり、延長戦の前半戦と後半戦で決着がつかずに、PK戦になり、わずかの差で日本が敗れました。

 両チームとも全力でたたかいぬいた試合で、清々しい気持ちにさせてくれるたたかいでした。
Photo_3
(勝利を喜ぶパラグアイの選手)
Pk
  (PKを外し天を仰ぐ駒野)
Photo_4
 (パラグアイに敗れピッチで悔し涙)

Photo_5
  (駒野選手を慰めるチームメ―ト)
Photo_6
  (選手に声をかける岡田監督)
Wca1006301031033p4
 (日本選手に声をかけるアエドバルデス選手)
Wca1006301031033p5
 (駒野に声をかけるアエドバルデス選手)
Photo_7
 (お互いを讃えあう岡田監督とマルティ監督)
Photo_8
  (サポーターの姿)

 パラグアイのアエドバルデス選手が、PK戦で決着がついた後に日本選手に示した態度と、PKに失敗した駒野選手へのチームメ―との心ある対応に感動しました。
 選手と監督が心一つにたたかってきた姿がパラガアイ戦の後にピッチで繰り広げられていました。
 岡田監督とパラグアイのマルティノ監督が抱き合って健闘をたたえあう姿も印象的でした。

       「感動をもらいました」

 今朝のテレビ報道を見ていても、インタビュ-に応えた人の全てが「感動をもらいました。ありがとうございました」という応えでした。

 日本チームのみなさん、よくたたかってくれました。

 ありがとう。

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会  
日本代表メンバーと 背番号

【日本代表監督】

岡田 武史(おかだ たけし、1956年8月25日 生まれ)

日本の元サッカー選手、指導者。現在はサッカー日本代表監督、日本サッカー協会特任理事、2007年8月24日より2007年12月14日まで日本エンタープライズの社外取締役。「岡ちゃん」の愛称で知られる。メガネがトレードマークで、現役時代にはメガネを外さずプレーしていたほどである。また、監督としては以前はジャージ姿で指揮を執っていたことでも知られていたが、2008年に日本代表監督に復帰してからはスーツ姿で指揮を執ることが多くなっている。

【選 手】           
Pos. 
背番号 選手名 (アルファベット表記) 
生年月日 身長 体重 所属 国際Aマッチ出場/得点

GK 
23 川口 能活 KAWAGUCHI Yoshikatsu (チームキャプテン)
1975.08.15 180cm 77kg ジュビロ磐田 116/-104

1 楢﨑 正剛 NARAZAKI Seigo 
1976.04.15 187cm 80kg 名古屋グランパス 75/-73

21 川島 永嗣 KAWASHIMA Eiji 
1983.03.20 185cm 80kg 川崎フロンターレ 8/-6
            
DF 
22 中澤 佑二 NAKAZAWA Yuji 
1978.02.25 187cm 78kg 横浜F・マリノス 102/17

4 田中 マルクス闘莉王 TANAKA Marcus Tulio 
1981.04.24 185cm 82kg 名古屋グランパス 37/7

3 駒野 友一 KOMANO Yuichi 
1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田 51/0

13 岩政 大樹 IWAMASA Daiki 
1982.01.30 187cm 85kg 鹿島アントラーズ 2/0

15 今野 泰幸 KONNO Yasuyuki 
1983.01.25 178cm 73kg FC東京 34/0

5 長友 佑都 NAGATOMO Yuto 
1986.09.12 170cm 68kg FC東京 23/3

6 内田 篤人 UCHIDA Atsuto 
1988.03.27 176cm 62kg 鹿島アントラーズ 31/1

            
MF 
10 中村 俊輔 NAKAMURA Shunsuke  
1978.06.24 178cm 70kg 横浜F・マリノス 95/24

20 稲本 潤一 INAMOTO Junichi 
1979.09.18 181cm 75kg 川崎フロンターレ 79/5

7 遠藤 保仁 ENDO Yasuhito 
1980.01.28 178 cm 75 kg ガンバ大阪 91/8

14 中村 憲剛 NAKAMURA Kengo 
1980.10.31 175 cm 67 kg 川崎フロンターレ 45/5

8 松井 大輔 MATSUI Daisuke 
1981.05.11 175cm 64kg グルノーブル(フランス) 22/1

2 阿部 勇樹 ABE Yuki 
1981.09.06 177 cm 77 kg 浦和レッズ 42/3

17 長谷部 誠 HASEBE Makoto (ゲームキャプテン)
1984.01.18 177cm 66kg VfLヴォルフスブルク(ドイツ) 28/1

18 本田 圭佑 HONDA Keisuke 
1986.06.13 182cm 76kg CSKAモスクワ(ロシア) 12/4
            
FW 
11 玉田 圭司 TAMADA Keiji 
1980.04.11 173cm 67kg 名古屋グランパス 68/16

16 大久保 嘉人 OKUBO Yoshito 
1982.06.09 170cm 73kg ヴィッセル神戸 46/5

12 矢野 貴章 YANO Kisho 
1984.04.05 185cm 76kg アルビレックス新潟 17/2

9 岡崎 慎司 OKAZAKI Shinji 
1986.04.16 174cm 76kg 清水エスパルス 25/16

19 森本 貴幸 MORIMOTO Takayuki 
1988.05.07 180cm 75kg カターニャ(イタリア) 3/1


 2人の日本人が審判として活躍

 今回の南アフリカ大会で西村雄一(38才)主審と相楽(さがら)亨(33才)副審の2人が   審判として活躍しています。
Photo_9
     (主審を務める西村雄一さん)
 いままでに、フランス対ウルガイ戦、スペイン対ホンジュラス戦、パラグアイ対ニュージーランド戦を担当しました。

|

« 内牧黒沼公園      6月23日 | トップページ | 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清々しく全力でたたかった日本チーム   6月30日:

» fifaワールドカップ 日本代表 背番号 結果 [岡田ジャパン 最新情報]
寝不足やわ(^^;) - 主税日記 - 藤本主税公式ブログ chikara-11. 性別, 男性. 都道府県, 埼玉県. 自己紹介. 大宮アルディージャ 背番号11 168cm/68kg ... 代表引退 (川村選手). 2010-07-04 09:56:57. 主税さん こんにちは。僕も毎日ワールドカップ三昧です。準決勝のドイツ×スペイン戦はユーロ2008決勝の再現 なので是非、ドイツにはリベンジしてもらいたいです。ただ放送が日本時間の7月8日(木)3:30というのが会社員にとってはつらい時間なの... [続きを読む]

受信: 2010年7月 5日 (月) 13時00分

« 内牧黒沼公園      6月23日 | トップページ | 悔しさを次の跳躍台に 日本代表帰国   7月1日 »