« 新方袋(にいがたぶくろ)地内を歩く  5月15日 | トップページ | さきたま古墳群を歩く    5月25日 »

2010年5月25日 (火)

ロナウジーニョ(サッカー)選手のこと    5月25日

「肌の色が違っても人間」
人種差別に正面から立ち向かう


 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 5月21日の朝「しんぶん赤旗」のスポーツ欄の「人種差別発言」「肌の色が違っても人間」という言葉が私を捕え記事に引きこまれました。
 すごく感動する記事で胸が熱くなり、「しんぶん赤旗」に感動をメールで伝えました。Photo_2
                「しんぶん赤旗」の記事
 私はそれほどサッカーには熱中する方ではありませんが、サッカーのワールドカップ大会が近づいている時でもあり、この記事は強いインパクトがありました。注意しないとサッカーの試合を通じて間違ったナショナリズムを増長する傾向が持ち込まれることを危惧しています。

  ロナウジーニョ・ガウーショ選手はどんな人
 私がこの記事で一番感動したのはロナウジーニョ選手の言葉と行動でした。
1042ronaldinho01 はずかしながら、ロナウジーニョ選手のことを知りませんでした。ロナウジー二ョってどんな人と関心がわきネットで調べて納得しました。

・1980年3月21日、ブラジルで生まれブラジルとスペインの国籍を所有。
・現在、イタリアのACミランに在籍するサッカー選手。
・2004年、2005年と2年連続でFIFA選出の世界最優秀選手に選ばれています。
・人種差別撲滅キャンペーン「STAND UP SPEAK UP」に加わって活動。
・津波チャリティーマッチでも主導的役割を果たす。


 05年4月1日発行の「チャンピオン・リーグ・ウィクリ―」
                    に掲載されたインタビューから


「サッカーは僕にとって楽しみ、喜び、そして僕の人生そのものなんだ。1日のうちで最も幸せな瞬間はボールを使ってトレーニングしている時だね。サッカー選手よりも最高Rosport001 な職業は世界のどこを探してもないよ。子どもの頃からの憧れだったんだ。
 僕が初めてプレゼントされたのはサッカーボールと小さなサッカーシューズ。だから幼い頃からプレーするようになったんだ。ボールと共に寝起きしたもんだよ。友人たちとプレーしていて、彼らが疲れてしまったら、飼っていた犬に相手してもらったよ。犬は疲れ知らずだったからね(笑)」

「ブラジルでは、選手の大半がスラム街の出身。貧困がいかに辛いかを身をもって知っているから、選手たちは他者を援助することへの意識が高いんだ。僕は若いサッカー選手の模範になろうと努力している。将来、彼らにも同じことをして欲しいからね」

 ロナウジーニョはティエリ・アンリや他のサッカー選手と共に、人種差別撲滅のキャンペーン(管理人注:ナイキが全面協力する「STAND UP SPEAK UP」に加わった。ロナウジー25_1108661506 ニョがサポートしているのは、彼のチームメートでカメルーン人のエトーである。エトーはスペインリーグのピッチで人種差別的な罵声を浴びせられたため、逆に「(黒人を侮辱するための)猿のジェスチャー」を観衆にやり返すことで抵抗した。

「そうした観衆の行いは不愉快だ。我々は差別を失くす努力をしなきゃいけない。サッカー選手たちも無関係ではいられないよ。公式団体と共に、我々は何かをするべきだ。人々が差別について、もっと考えてくれることを期待しているよ」

 
彼はヨハン・クライフやディエゴ・マラドーナに称賛され、他のサッカー選手たちが認め、注目しているいわば「サッカー王」ではあるが、それでは彼が注目しているお気に入りの選手は誰なのだろう?
Decoetoo01

「エトーとデコは素晴らしくて、ワクワクさせてくれる選手だね。ジダンとロナウドにも注目しているよ。彼らは本当に偉大で、ファンタスティックな技術の持ち主だと思うよ」

|

« 新方袋(にいがたぶくろ)地内を歩く  5月15日 | トップページ | さきたま古墳群を歩く    5月25日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロナウジーニョ(サッカー)選手のこと    5月25日:

« 新方袋(にいがたぶくろ)地内を歩く  5月15日 | トップページ | さきたま古墳群を歩く    5月25日 »