« 足利事件無罪確定 菅谷利和さんご苦労さまでした  3月26日 | トップページ | 逆転無罪判決が当たり前のこと    3月31日 »

2010年3月29日 (月)

国公法弾圧堀越事件の控訴審で逆転無罪判決  3月29日

東京高裁-久方ぶりに納得のいく判決
検察は判決を真摯に受け止め控訴を断念せよ

 
今日、国公法弾圧堀越事件の控訴審判決が東京高裁(中山隆夫裁判長)であり、地裁判決を破棄して無罪判決を言い渡しました。

 私はネットでのニュース、テレビでのニュースを聞いて、部分的に納得のいかないヶ所もありますが、全体としてはすばらしい納得のいく判決で嬉しくなりました。不当弾圧に抗してたたかってきた堀越明男さん、支援するみなさん、検察が控訴を断念しこの判決が確定するまで力をあわせましょう。

 ビラ配布に対する裁判所判決が、連続して全く納得のいかない不当判決ばかり続いていたのでどうなるか心配していました。司法界にも筋を通そうとしている裁判長がいることがわかって「まんざらでもないな」と良心を感じ久しぶりに嬉しさを感じました。

「政党機関紙配布が行政の中立的運営を侵害するとは考えられず、罰則適用は国家公務員の政治活動の自由に必要限度を超えた制約を加えるもので、表現の自由を定めた憲法に違反する」
          ― 違憲判決を下した判決文より ―

 ニュースを聞いていると、その他にも国際的に日本の国家公務員法の問題点も指摘しています。これを聞いて、国連・自由権規約委員会の日本政府への政治活動の自由を求める勧告なども真剣に検討されたのではないかとも推測され良心を感じました。
 裁判所や裁判官によって違った判決がでてくるとは思うのですが、今回の判決には、私のような素人でもわかる「ビラを配布しただけで、なぜ罰せられなければならいのか」という不条理が正されたのですから。繰り返しになりますが、すばらしい判決だったと思うのです。
 

  法廷にどよめき
 ニュースを読んでいて嬉しいことがもう一つありました。
 裁判の冒頭で中山隆夫裁判長が「原判決を破棄する。被告人は無罪」と宣告すると、静まりかえっていた傍聴席からいっせいにいっせいに大きな拍手が起こり法廷がどよめいたそうです。       ・・・・情景がよくわかります・・・・
 中山裁判長は「静かにしなさい。こんなことで喜んではいけない」と静粛をもとめたそうです。

http国公法堀越事件とは://www.geocities.jp/kokkou_horikoshi/jiken_aramashi.html

 

              

|

« 足利事件無罪確定 菅谷利和さんご苦労さまでした  3月26日 | トップページ | 逆転無罪判決が当たり前のこと    3月31日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国公法弾圧堀越事件の控訴審で逆転無罪判決  3月29日:

« 足利事件無罪確定 菅谷利和さんご苦労さまでした  3月26日 | トップページ | 逆転無罪判決が当たり前のこと    3月31日 »