« 「ハクレン通り」がきれいです   3月17日 | トップページ | 国公法弾圧堀越事件の控訴審で逆転無罪判決  3月29日 »

2010年3月26日 (金)

足利事件無罪確定 菅谷利和さんご苦労さまでした  3月26日

苦節17年半、冤罪を晴らした菅谷利和さんに
心からの尊敬の気持ちを表します。本当にごく労さまでした。


 午後1時のニュースで足利事件、菅谷利和さんの無罪確定の最終判決を感動を持って聞きました。Photo
 不当逮捕から17年半、多くの心ある人々の支援を受けながらたたかいぬいて冤罪を晴らした菅谷利和さんに「本当にごく労さまでした」という言葉がふさわしいのかどうかわかりませんが、他の言葉ががみつからないので使わせてもらいます。

 「うれしい限りです。(裁判長の謝罪は)予想もしていなかった。(冤罪(えんざい)は)これで最後にしてもらいたい」
                判決後の菅谷利和さんの話

 私は菅谷利和さんの話を聞いていて涙が出てしまいました。
菅谷さんが警察、検察、裁判所の自分に対する不当な逮捕、裁判にどれだけの怒りを持っているか、はかり知れません。権力の乱用で起きた冤罪ですから・・・。
  こうした冤罪事件がこれからも起きる可能性はたくさん存在しています。
菅谷さんの「これで最後にしてもらいたい」とい短い言葉の中に、すごい重みを感じました。自分のことだけでなく、再びこうした事件を繰り返してはならないという、国家権力に対しての厳しい告発であり、国民も、つねに情報を正しく判断して、だれであろうと「非条理なものは非条理」として声をあげなければならないと思うのです。(裁判員制度でも)

 佐藤正信宇都宮地裁裁判長は判決の最後で
「菅谷さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。菅谷の今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この判決に込められた菅谷さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることとします」と
 菅谷利和さんに謝罪しました。

|

« 「ハクレン通り」がきれいです   3月17日 | トップページ | 国公法弾圧堀越事件の控訴審で逆転無罪判決  3月29日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件無罪確定 菅谷利和さんご苦労さまでした  3月26日:

« 「ハクレン通り」がきれいです   3月17日 | トップページ | 国公法弾圧堀越事件の控訴審で逆転無罪判決  3月29日 »