« 春日部年金者組合が新春柴又七福神めぐり  1月6日 | トップページ | 第5回春日部市新春凧あげ祭り  1月17日 »

2010年1月 9日 (土)

千葉県鋸南町江月水仙ロードを歩く   1月8日

日本水仙が満開
江月地域はどこもかしこも水仙でいっぱい

淡路島、越前と並ぶ三大産地の一つ

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 一昨年に鋸南(きょなん)町の水仙を見に行こうと思いつきましたが機会を失しました。昨年暮れにNHKテレビで鋸南町の水仙栽培が紹介され、こんどこそ行かなければと1月8日に出かけました。

 春日部から電車で3時間ちかくかかって保田駅に着きましたが、どっと乗客が降りて電車は空っぽの感じとなり「こんなに大勢の人がやってくるんだと」と驚いてしまいました。
     江月水仙ロードは片道3キロ
Img_4917  保田駅から歩いて10分ぐらいで江月水仙ロードで、片道3キロ、往復で6キロになるそうですが歩きました。道すがら話になった2人連れImg_8996 の女性は地元の人で、今年になって今日で3回目ですと言っていました。進むにつれて、道路の両側、山の傾斜地一面が水仙でいっぱいでした。所々で農家の人が即売所Img_9000 を開いていました。
     農家の生活を支える大切な水仙栽培
 写真を撮りながら、農作業をしていたお年寄りに声をかけてお話を聞きました。
1965年頃から水仙の栽培が米作Img_4913 だけでは大変な農家の生活を支えるために始まったそうで、水仙の株を自分たちで増やしてきたそうです。家によって違いますが5反から1町歩ぐらいの工作面積だろうとの事でした。水仙は自然のままにしてImg_8944 置くと衰退していってしまうので球根の手入れが必要で、若い人たちが引き継いでくれるといいのだがと心配されていました。11月中旬から1月いっぱい出荷するそうですが、今年は1ヶ月早くなっているそうです。
         コミュニティーセンターに募金箱が
 途中に江月地区のコミュニティーImg_8931 センターがあって、水仙ロードのスタンプが押せるようになっていましたが、私の眼にはいったのは大きな看板でした。(写真を見てください)そこには水仙を見に来る人のために環境整備の経費の面で苦労され募金を訴えているのでした。確かに、来る途中にトイレなどが設置されているので感心していたので納得できました。「大変だろうな」と思い私も募金に協力しました。
      水仙ひろば
 ひろばには机と椅子があって休憩できるようになっていて、山側は水仙が一面に咲いていました。
 上地区に進むにつれて、どこもかしこも水仙畑という感じになりましたが、標識が出してあって「ここがカメラのシャッターポイント」とありましたが、そこからは、向かい側の山の傾斜地一面が水仙畑になっていてきれいでした。
      直売所「ファームやまもと」で
Img_9006  上地区で直売所を開いている山本信幸さんと話になりました。
「暮れにNHKテレビで見たんですが、あれはここですか」と聞くと「そうです」ということになり話を聞かせていただきました。信幸さんは、こどもの頃から親の水仙栽培を見て育ってきたそうです。1993年にImg_8988 NHKの「小さな旅」で鋸南町の水仙栽培が紹介され、観光客が増えるようになったそうです。
 信幸さんは別に仕事をしながら、奥さんお父さんなど家族と協力して水仙の栽培に取り組んでいるそうで、10年ぐらい前から直売所を開いたそうです。50アールの畑で今年は200本入り50ケースを出荷したそうです。
Img_8977  鋸南町の水仙は日本水仙で生け花にかかせないそうで、葉が花より長く40センチ以上あって、はかま(茎の白い部分)は2センチ以上とか注意点があるそうです。
 球根も3年に1回は植え替えていImg_9010 るそうです。私がお年寄りから聞いた話をすると「そうなんですよね。若い者が協力しあって進めないとね」と言っていました。
 お店には、東京からやってきたという女性が「今日で3回目なんです」と言いながら水仙を買っていきました。

栽培面積23㌶
  年間1000万本を出荷
淡路島、越前と並ぶ水仙の3大産地の一つに

 帰り道、桜が咲きだしている場所でマニアカメラマンが熱心にImg_9022写真を撮っている姿がありました。又、来る時には気づきませんでしたが、源頼朝が挙兵し失敗し再起を期したのがこの安房の国だったということです。そういうことで、頼朝との関わりの言い伝えがいくつもあるようです。

    トンビにたくさん出会えました
 11月に長崎を旅行してトンビが多いことにビックリしてブログに書きましたが、江月水仙ロードImg_4876 を歩いていてトンビがたくさんいて、何回も空高く舞い、林の中に止まる姿を見ました。他の人たちは関心を示しませんでしたが、Img_4928 私にとっては、すばらしい自然との出会いで嬉しい事でした。           

|

« 春日部年金者組合が新春柴又七福神めぐり  1月6日 | トップページ | 第5回春日部市新春凧あげ祭り  1月17日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県鋸南町江月水仙ロードを歩く   1月8日:

» 蒼海の 「老いの一徹」 2 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 そのような日常の中で、時々TVなどで紹介される、健康に関する話題に中で、自分に納得行くものを、取り入れることを始めました。 [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 16時10分

» 鋸南町の水仙ロードを歩く [ビーサンおやじがゆく。]
水仙が見ごろと聞き行ってみた [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 19時40分

« 春日部年金者組合が新春柴又七福神めぐり  1月6日 | トップページ | 第5回春日部市新春凧あげ祭り  1月17日 »