« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-7 | トップページ | 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-9 »

2009年12月 7日 (月)

核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-8

雨の中の熊本城石垣     11月10日
古を偲びすばらしい思い出に     

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 弟夫婦は熊本城本丸御殿の再建に出資協力し城主としての資格をもっていて熊本城に誇Dsc00528 りを持っていることがよくわかりました。最初に熊本城の全体をわかってほしいと車で城の廻りを回ってから入城しました。

          1607年(安土桃山時代慶長年間)加藤清正によって築城
 明治維新で城は取り壊され、西Dsc00510 南戦争で天守閣、本丸御殿も燃えてしまいましたが、石垣はほとんど残ったそうです。
 私が一番印象に残ったのは優美にして堅牢という感じの城の石垣でした。石垣がすごく気に入りました。そして、重要文化財に指定されDsc00489 ている宇土櫓(五階櫓)がすばらしいと思いました。
 城内の楠の大木も眼に付き印象に残りました。
    雨の中の石垣に見とれてしまいました
 宇土櫓に着いた頃から本格的なDsc00523 雨になりました。
宇土櫓から天守閣~本丸御殿と歩き雨の中の石垣の間を歩きました。弟が「こんな機会はめったにないこと」と言っていましたが、石垣に雨が吹き付け石垣の間から天守閣を望めるという恰好の場所でした。Dsc00531 雨と石垣が見事にマッチしているのです。本格的な雨で大変ですが必死で写真を撮りました。
   熊本城の最大の特徴は優美で堅牢な石垣
Dsc00527 義妹が「『天地人』の撮影に熊本城を使ったんですよ」と教えてくれましたが、製作者の気持ちがわかりました。家に帰ってから整理していて知ったのですが、熊本城の最Dsc00533 大の特徴は優美で堅牢な石垣だというこを知り、納得しました。
 私たち夫婦にとって忘れられないすばらしい思い出となりました。

 弟から後日CDが送られてきまDsc_7359 した。10日が強い雨で、見る予定もけっこう削り見てほしかった場所も見ていなかったので、わざわざ熊Dsc00483 本城に出かけ写真を撮って送ってくれました。肥後サザンカ、肥後菊、銀杏、熊本城を様々な場所から写したものでした。気配りに感謝しています。

 

|

« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-7 | トップページ | 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-9 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-8:

« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-7 | トップページ | 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-9 »