« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐりました-5 | トップページ | 300年の伝統を受け継ぐ秩父夜祭  12月3日 »

2009年12月 4日 (金)

核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-6

神話と高千穂峡の宮崎県高千穂町へ  11月9日

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 熊本県からトンネルを抜けると「ようこそ高千穂へ」の歓迎看板が眼に入りました。
Img_7244   天岩戸神社へ
Img_7240 神話のふるさとということで、天岩戸神社に寄り、ちょっと歩きましたが、 八百万(やおよろず)の神々が集まって相談したという天安河原にも寄りました。天安河原にそって紅葉がきれいで、河原には石がたくさん積み上げられていました。
 高千穂峡に向かう途中で段々畑がきれいで車を止めてもらって写真を撮りました。
     
   自然が織りなす見事な景観  高千穂峡
  Img_7258千穂峡はその昔、阿蘇火山活動の噴出した溶岩流Dsc00413_2 が、五ヶ瀬川に沿Img_7263 って帯状に流出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となったそうです。
 懸崖のすばらしさ、甌穴、水の色の不思議さ、周りの紅葉など見るに値する景勝地でした。弟がわざわざ宮崎まで足を伸ばした意味がわかりました。
  Img_7268
Dsc_8364      

|

« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐりました-5 | トップページ | 300年の伝統を受け継ぐ秩父夜祭  12月3日 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐる-6:

« 核廃絶の願いを込めて長崎~広島をめぐりました-5 | トップページ | 300年の伝統を受け継ぐ秩父夜祭  12月3日 »