« 栃木 お蔵のお人形さん巡り   10月15日 | トップページ | 今年最初の富士三景      11月3日 »

2009年11月 2日 (月)

沖縄普天間基地は閉鎖・返還を - どこへの移転も許されない

沖縄県民にさらなる負担を押し付けることは絶対に
許されない。無条件返還の対米交渉を


 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。

 国民の審判によって自民党政治が退場し民主党鳩山内閣が発足し初めての臨時国会が開催されています。
Photo  鳩山首相は「総選挙の勝利は国民一人ひとりだ。国民の強い意志と熱い期待に応えるべく、国政の変革に取り組む」と所信演説で述べました。
 民主党内閣がどれだけ国民の熱い期待に応えるのかに注目していますが、どうも言葉は並べられていますが具体性にはほど遠く実感が感じられません。
   唯一の地上戦を経験し9万人もの一般住民が犠牲に
   在日米軍専用施設の74.3%が沖縄に集中
 沖縄県の米軍基地のホームページをご覧ください。http沖縄県://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=14&id=17870&page=1 
06623  私は沖縄県民が先のアジア太平洋戦争で被った多大な犠牲にいつも心痛め、一日も早く沖縄の米軍基地が一掃され真に平和な豊かな沖縄の建設が進むことを願っています。
 2006年に長い間の念願がかなって、6月23日、沖縄慰霊の日に慰霊式典に参加し哀悼の気持ちを表すことができました。沖縄平和祈06623_2 念公園で礎(いしじ)に刻まれた亡くなった家族の名前に水をかけ、さする姿に涙が止まりませんでした。
   普天間基地をどうするのか
   対米従属外交からの脱却を
 旧来の自民党政治から憲法9条を生かした自主・自立の転換をするのかどうか最も厳しく問われている問題だと思います。
そんなこともあって、私の思いを表明しなければと思いつつ、書いています。
 今回初めて普天間基地が有る宜野湾市のホームページを見ました。宜野湾市市長の伊波陽一さんは一貫して普天間基地の閉鎖・返還を求めてたたかってきている方です。やはりホームページも.違いました。普天間基地問題を理解できます。引用しますのでご覧ください。http宜野湾市://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2655/1486.html
    11.8「辺野古への新基地建設と県内移転に反対する県民大会」
 Photo_2 辺野古は名護市に有り、新基地建設に反対し粘り強いたたかいがすすめられています。
    世界は沖縄をどうみているか
 11月2日付の「しんぶん赤旗」で興味深い記事をみつけました。普天間基地問題を考えるのにすごく視点のすぐれた内容だと感心しました。この記事もご覧ください。「hutenmakiti.jpg」をダウンロード

|

« 栃木 お蔵のお人形さん巡り   10月15日 | トップページ | 今年最初の富士三景      11月3日 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄普天間基地は閉鎖・返還を - どこへの移転も許されない:

« 栃木 お蔵のお人形さん巡り   10月15日 | トップページ | 今年最初の富士三景      11月3日 »