« キジバト家族について  続報     8月11日 | トップページ | 韓国の民主化、民族和解に献身した金大中(キム・デジュン)元韓国大統領 »

2009年8月15日 (土)

アジア太平洋戦争終結から64年目の8月15日

アジア諸国の犠牲者は2000万人
日本の犠牲者310万人
日本の植民地支配と
侵略戦争の責任に向き合う重要性


 8月、テレビ放送を通じ、戦争と平和についてあらためて考えさせられ、新しい事を認識しました。ブログで戦争と平和について繰り返し書いてきている私ですが、今日も考えさせられたことがありました。
 NHKハイビジョンで3時間に渡る「8月15日 あの日世界は 何をめざしていたのか」が放送されました。私はこの放送予定を知らずに、チャンネルを回していて知り途中から見ました。この番組は終戦60周年の20005年に放映された、再放送でした。

   アジア諸国が永い外国からの支配を脱し
   日本敗戦の8月15日を機に独立のたたかいに

 ベトナム、インドネシア、中国、朝鮮の国々が8月15日を機に、それまでの解放運動の上に独立を宣言し新しい国づくりをすすめていることがよくわかりました。知っているつもりでいましたが、知らないことが多く、やはり勉強しないといけないと思わされました。
   朝鮮の歴史に胸が痛くなりました
 どの国のたたかいも、すばらしいもので感動して見ましたが、朝鮮の戦後の状況には胸が痛くなりました。日本の永い植民地支配と戦争に「朝鮮のみなさん申し訳ありませんでした」と心から思いました。
 1945年、沖縄の地上戦、東京大空襲、広島、長崎への原爆投下と日本の国民がどれだけ途端の苦しみにあったか(天皇、軍部、政府の戦争責任)知れません。でも、植民地支配をされ、戦争をしかけられたアジア諸国の人々はもっと耐えがたい苦しみに遭遇していたのです。
    50年以上に渡る日本の植民地支配-朝鮮
 朝鮮をめぐる歴史について考察してみると、1894年に日本軍が朝鮮王宮を占領、1904年第一次日韓協約を押し付け、1905年第二次日韓協約を押し付け、京城に統監を置き(初代伊藤博文)韓国を保護国化。1910年朝鮮総督府の設置を強行し、朝鮮を50年以上に渡って戦争をしかけ支配してきたのです。
    1945年8月15日
    ヨ・ウンヒョン(呂運亨)建国準備委員会を結成
    1945年9月6日 朝鮮人民共和国樹立を宣言
      
 日本の敗戦が明らかになる中で8月15日を前後に、ヨ・ウンヒョンを中心に朝鮮の独立を勝ち取る運動が起こりました。1945年8月15日、朝鮮建国準備委員会が結成されました。この時、全国に145もの支部が結成されていました。元大統領のキム・デジュンも準備委員会に入って宣伝の担当をして活動したそうです。ヨ・ウンヒョンは8月15日に、日本の朝鮮総督府の安全も保障する良識派であったのです。
   1945年9月9日、アメリカ軍がソウルに進駐
   「朝鮮人民共和国」を認めずと発表

 進駐したアメリカ軍がまずやったことは、総督府の日本国旗を降ろすことと、アメリカ国旗を掲げることでした。連合国の間では、朝鮮半島の南にアメリカが進駐し、北側にソ連が進駐することが決められていたのです。アメリカ軍政庁は1ヶ月後、「朝鮮人民共和国」は認めないと表明し、ヨ・ウンヒョンらの運動は成功しませんでした。ソ連軍が北側に進駐。
 ヨ・ウンヒョンは思想、党派の違いを乗り越えて力を合わせ、左右合作運動を展開し、祖国の分断を防ごうと北にも行ってキム・イルソンとも話し合いました。こうしたことが、右翼の反感を呼んで1947年7月19日に右翼青年によって暗殺されました。
 南には徹底した反共主義者のイ・スンマンがアメリカの後押しで1948年に大韓民国が結成されました。1950年北のキム・イルソンの発動で朝鮮戦争が始まり、1000万の家族が離散する悲しい民族の分断となり現在に至っています。
     創氏改名で日本名を押し付けられ
     労働者を日本に強制連行し

    日本の軍隊に徴兵され
    広島、長崎で被爆し
    戦犯として死刑にもなったり

 こんな、言い表せない苦しみを与えてきた日本。そうしたことが今の朝鮮半島の現実を生み出した原因となっているのではないでしょうか。日本は加害国であり被害国なのです。植民地支配と侵略戦争の責任に向き合うことなく、真に友好関係は作れません。

 総選挙が18日公示で始まりますが、自民・公明政権は明確な戦争責任の反省がありません。反省もなく、北朝鮮脅威論を声高に叫び、軍事対応に力を入れ外交によって北東アジアの平和を実現する気がありません。憲法9条を守る考えはなく早く改悪しようとしています。こんな自・公政権は退場してもらうしかありません。総選挙を審判の日にしたいものです。
 そんなことを考えた8月15日でした。
 
 

|

« キジバト家族について  続報     8月11日 | トップページ | 韓国の民主化、民族和解に献身した金大中(キム・デジュン)元韓国大統領 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

現代の30代として質問したいのですが、戦争、植民地支配が良くないということは理解できますが、韓国政府が靖国参拝を非難することは理解できません。
日本人からしたらテロリストを英雄と祀り上げている国に対して日本人としたら、何を馬鹿なと思いますが、他国のことなので非難することはありません。

「植民地支配と侵略戦争の責任に向き合うことなく、真に友好関係は作れません。」とのことですが、今までの韓国政府の対応を見れば、パク・クネ大統領がいうように「1000年」謝罪と賠償をするということでしょうか?
ヤクザのように何も譲らず、搾取しようとしているようにしか見えません。

慰安婦問題にしても、日韓基本協定があるのにもかかわらず、事あるごとに持ち出して、日本を貶めようとしているとしか思えません。

お互いに尊重しあえない国とは友好関係が築けなくても良いと考えてしまいます。というか、今後基本的に関わりたく無いです。

投稿: | 2013年8月26日 (月) 11時52分

メディア(テレビ等)の情報だけでなく自分で一度色々と調べることをおすすめします。
FIELD OF HONORと言う映画もある意味参考になると思います。

投稿: | 2013年8月26日 (月) 12時38分

ものすごく狭い視野で歴史を見ていますね。

現代の価値観で当時を捉えるのではなく、当時世界はどのよに変動していたのか?広い視野をもて近代史を学ぶことをお勧めします。

投稿: | 2013年8月29日 (木) 09時55分

管理人様、この度2020年度の五輪開催都市がめでたく東京に決まりました。
国民の皆さんは大いに喜んでられますが、あなたとしてはどう思われてますでしょうか?
安部総理はこの為に大変なご尽力をなされましたが、あなたは安部総理に「お疲れ様」の一言、日本国民に「おめでとう」の一言も無しにまだ自民党を非難されるつもりなのでしょうか?
そしてあの国、韓国は日本に対しておめでとうの一言も無しに、この期に及んでもまだ放射能だの過去の歴史だのを持ち出して「日本に五輪開催資格無し」と日本批判を続けていますが、これでもまだあなたは韓国を擁護されますか?
五輪招致は被災地の励みにもなる事です。まずは五輪招致を祝い、日本人、特に被災地の人達に希望が届く様祈って下さい。そしてこれを悪く言う人達に対する遺憾の心を持って下さい。

投稿: | 2013年9月 8日 (日) 21時18分

上で「韓国からはおめでとうの一言も無い」と書きましたが、今回はさすがに韓国も日本におめでとうと言ってくれてますね。
今回はこちらも、素直にお礼を言わせてもらいましょう。

韓国の皆さん、ありがとうございました。

投稿: | 2013年9月10日 (火) 04時46分

僕は「戦争で等しく悲劇が起きた」ではなく、「日本が加害者」だということを肝に銘じれば彼らの今までの言動は別段驚くに値しないと思います。彼らからの非難を好き・嫌いの感情に乗っけることで議論の本質を相殺してはならず、そういう意味ではむしろ日本国の見解に反して一部の日本人が先の戦争を肯定したり、激しく人間性を欠いた行為をしてますが、非難すべきはそのような人たちですね。あまつさえ一国の宰相が過去の美化をしている現状では、そりゃ向こうは怒りますよ。普通の日本人からしたらいい迷惑です。韓国「本当に反省してるの?」 日本「してません(キリッ」ですかね。

投稿: | 2013年9月11日 (水) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア太平洋戦争終結から64年目の8月15日:

« キジバト家族について  続報     8月11日 | トップページ | 韓国の民主化、民族和解に献身した金大中(キム・デジュン)元韓国大統領 »