« 第78回早慶レガッタ-慶応が4年ぶり勝利  4月19日 | トップページ | 第28回春日部藤まつり開催   4月26日 »

2009年4月25日 (土)

桐の花が咲いています  4月23日

なんとなく桐の花が目に入りました

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。
 16号国道を歩いていて桐の花が目にはいって来ました。桐の花に関心を持つなんて久ぶりのことでした。今、木々が花を咲かせ芽吹いている時期ですが、「ああ、そうか、桐も咲いているんだ」と再認識しました。

   春日部は桐箪笥(たんす)・小箱の生産地
Img_3534  春日部市は桐箪笥や桐小箱の生産で知られています。でも、桐の木はそんなに見ることがありません。私の生家(長野県上田市)にも桐の木が植Img_3528 えられていて、だれかが「嫁入りする時にはこれで桐箱を作るんだよ」と聞いたような記憶があるのです。
 数えてみると、私も、春日部市に住み始めて44年も経ちますが、桐の木の思い出で、1本の桐の木を忘れることができません。春日部中学校の近くを流れている古隅田側の岸辺に1本の大きな桐の木が、春日部に移り住んだ頃よりずうっと育っているのです。そのことが頭を過ぎり「そうだ、あの桐の木の花の写真を撮ろう」と思いたったのです。
   知識欲が湧いて
 家に帰ってから、「春日部市でも桐の栽培をしているのだろうか」と知りたくなり、市役所のImg_9237 商工課に電話をしました。私がちょっと情けなくなったのは、当然、春日部市の特産として売り出そうとしているのだから商工課では、そうした資料は掌握していると思っていたのですが、「わからない」という返事でした。「桐の材料はどこから買い入れているんですか」という問いにも「わかりません」でした。私は、「あまりにもひどいんじゃない。おおまかにでもつかんでいなくちゃ。やる気が疑われますよ。そいう姿勢じゃこまりますね」と苦情を言いました。
 納得できずに、「春日部きりたんす組合」のホームページを探して電話を調べ「春日部桐たんす組合」に電話をしました。電話に出た山田桐箪笥製作所の社長さんは教えてくれました。
   会津桐が最高の材質
 桐の材料で最高な物は会津桐だそうです。でも会津桐は値段が高いのだそうです。桐のImg_9112 産地は東北地方が中心だそうです。福島、岩手、青森などだそうです。栃木からも材料を買い入れているそうです。現在は、中国からも材料を輸入しているそうです。手ごろな値段になるのだそうです。春日部の桐は材料が柔らかくて箪笥などの材料には向かないそうで、生産されていないそうです。
 山田さんには、あらためてお聞かせくださいということでお礼を言って終りにしました。
インターネットで調べてみると、福島県大沼郡三島町が「日本一の桐の里づくりを」とめざしていることを知りました。まさに、会津桐の産地であることを知りました。

   httpここをクリックするとアルバムへ://urano.cocolog-nifty.com/photos/kirinohana/

|

« 第78回早慶レガッタ-慶応が4年ぶり勝利  4月19日 | トップページ | 第28回春日部藤まつり開催   4月26日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐の花が咲いています  4月23日:

« 第78回早慶レガッタ-慶応が4年ぶり勝利  4月19日 | トップページ | 第28回春日部藤まつり開催   4月26日 »