« ヒヨドリが集まる沼  豊春地区の南中曽根 4月11日 | トップページ | 竹の子、ウラシマ草、ツツジに魅せられて  18日 »

2009年4月21日 (火)

オナガガモが元気 深谷市荒川河川敷 4月16日

渡り鳥で群れをなす
Img_8175 アジア、アメリカ北部で繁殖
冬季は日本やアフリカ、中央アメリカに

 写真の画面をクリックすると大きくして見れます。
 四月になっても、ハクチョウの北帰行を見れるという新聞の記事を読 Mg_8111_2 んで、2月14日に深谷市荒川河川敷で初めてコハクチョウを見たことから、コハクチョウの北帰行を見たくなり、「たぶん無理だろう」と思いながらも16日の朝5時半に家を出かけ7時には深谷市荒川河川敷に着きました。
 予想した通りコハクチョウは1羽もいませんでした。
ちょっと残念な気もしましたが、しかたないだろうとあきらめました。
    オナガガモの群れ
Img_8497_2  でも、オナガガモの群れがいて荒川を上ったり下ったり、少飛行したりして元気でした。そして、カルガモ、コサギ、川鵜、セグロセキレイなどの元気な姿も見ることができ、10時まで河川敷で時を過ごしました。コハクチョウは見れなかったけれど、来てよかったと満足気分で帰路に付きました。
 オナガガモは渡り鳥でアジアやアメリカ北部で繁殖し、冬季は日本やアフリカ、中央アメリカで過ごすそうです。日本ではハクチョウの渡来地で群れをなした、オナガガモがよく見られるそうです。この深谷市荒川河川敷でもコハクチョウが来ていたからなのでImg_8538 しょう。オナガガモの飛び立ちは見れませんでしたが、何回か、数羽で少距離を飛んだりしていました。
 コハクチョウもそうでしたが、オナガガモも様々な姿を見せてくれました。
 河川敷には菜の花が咲き春到来を感じさせました。


  httpここをクリックするとアルバムへ://urano.cocolog-nifty.com/photos/onagagamo/

|

« ヒヨドリが集まる沼  豊春地区の南中曽根 4月11日 | トップページ | 竹の子、ウラシマ草、ツツジに魅せられて  18日 »

人と自然を写真に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オナガガモが元気 深谷市荒川河川敷 4月16日:

« ヒヨドリが集まる沼  豊春地区の南中曽根 4月11日 | トップページ | 竹の子、ウラシマ草、ツツジに魅せられて  18日 »