世界に誇れる憲法9条を生かしたい   7月17日

六 戦争の放棄

みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戦争をしかけた國には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの國々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。

 そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

 もう一つは、よその國と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぽすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。

(あたらしい憲法のはなし六項から引用)

Photo

happy02 「あたらしい憲法のはなし」は、
憲法が公布されてから10ヶ月後の1947年8月に文部省によって発行され、全国の中学生が1年生の教科書として学んだものです。
 しかし、この教科書は2~3年使われただけでした。1950年朝鮮戦争、1952年安保条約が結ばれ、警察予備隊が生れ自衛隊に変わってゆく時代の流れの中で、教室から姿をけしていってしまったのです。

bud 崇高な常備軍を持たないという理想実現に向けての呼びかけで、読み返すと感動します。
これだけすばらしい憲法を持っているのだから、それが実現しない限り、時間がかかるかもしれないけれど、諦めずに憲法を生かすために努力するのが私たちの責任だと思うのです。これが私の憲法と第9条に対する基本姿勢です。

angry 残念なことに、60年以上も続いた自民党政治のもとで、自衛隊が存在する中で、“自衛隊なしに日本の安全は守れない”という考えが広められました。
 国民が“自衛隊をなくしてもいいよ”という気持ちになるには、それだけの時間と手続きが必要になっています。ですから私は国民の合意で自衛隊をなくしていくことが必要と訴えたのです。
しかし、今回の大洗の自衛隊派遣は異常であり、こうしたことは見過ごしてはならないと考え申し入れをしました。

happy02 そこまで行き着くまでの時期に、大規模災害など、必要にせまられた場合には、国民の生命と安全を守るために自衛隊を活用するのは当然だと考えます。3.11東日本大震災で自衛隊はそうした役割を果たしたと思います。
消防や、警察も組織をあげて、その任務を全うするために全力を尽くしました。
 私が考えたのは、自衛隊をなくしていく過程で、地震災害が多い日本では特別の「災害救助隊」のようなものに変えていける可能性もあるのではないだろうかということです。これはみんなで考えて決めていけばいいのではないでしょうか。

angry 私の申し入れのブログに何通かの批判の書き込みがされました。
そのほとんどが、誹謗、中傷のマナーに欠けた物でしたので削除し、名前の書いてあるものは掲載しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

比例北関東選挙区 塩川、梅村 宝の2議席を守り抜いて

塩川鉄也さん、梅村さえこさん宝の2議席を守り抜いて

志 位 和 夫委員長が訴え

JR南越谷駅頭 10月20日

 みなさんどうか選挙はこれからが勝負です。
選挙は最後の最後までがんばった者が勝利を手にすることができます。この北関東ブロックもですね、比例代表で広いですから、なかなか見えずらいけど一票一票争う大激戦大接戦となっております。塩川さん、梅村さん、この宝の二議席をどんなことがあっても守り抜いて下さい。そして、もう一つ、この北関東で埼玉から共産党大躍進を勝ち取らせて下さい。

Img_63591
訴える志位和夫委員長

 日本共産党への一票は市民と野党の共闘を前に進める確かな力になる一票です。

 私たちこの2年間、市民と野党の共闘によって日本の政治をよくする、日本の政治を変える、この取り組みに取りくんでまいりました。確かな成果を上げてきたと思いますよ。去年の参議院選挙では選挙区31の全てで野党統一候補を実現し11で勝ったじゃないですか、新潟の知事選挙でも勝ったじゃないですか、仙台の市長選挙でも勝ったじゃないですか。市民と野党が一つに力を合わせれば自民党を倒せる、証明済みのことではないでしょうか。

 私はこの成果をふまえて今度の総選挙でさらに共闘の流れを前に進めたいと決意しこの1年間取り組んできました。ところがですね、みなさん、総選挙の直前に、解散の日に民進党が希望の党に合流する、これを決定しました。希望の党といいますが、あまり希望内です。全然希望ないです。自民党と同じですから。安保法制は賛成、9条ふくむ憲法は改訂、再稼働も賛成と変わりないですね。この党に合流すること決めちゃった。私はそのニュース聞いたときに市民と野党の共闘に大変な逆流が持ち込まれたと考えました。しかし、私たち共産党は決して諦めることは致しませんでした。だって、みなさんこの2年間、共闘の絆は全国どこでも生まれてるじゃないですか。それは一部の逆流が起こったって決して無くなるものじゃありません。私たちは決してその時も諦めることはしませんでした。なにしろ、みなさん95年間、1回も諦めたことがない政党が日本共産党でございます。

 こういう状況の下でも、共闘を進め、安保法制廃止、立憲主義回復という大義に立ってがんばる政党、議員、候補者のみなさんには連携するとすぐに表明しました。その後新しい流れが起こってきました。私たちはもう時間がない、そういう下で共産党の候補者の方々を67名全部降ろしてでも共闘成功させようと決断いたしました。一人一人の候補者のみなさんみんな素晴らしい方です。一年も二年もがんばってきた方を候補者を取り下げるのは私どももつらいところでありますが、しかし、安倍政権を倒し日本の政治に民主主義を取り戻すという大義に立っての行動でございますので、どうかご理解いただきますと幸いです。

 そしてみなさん、そういうことをやったからには、全部で勝とうじゃないですか。全国249で3野党一本化ですよ。全部で勝って自民党に打ち勝って安倍政権さようならで、新しい日本の政治作るために力合わせようじゃございませんか。そしてみなさんこの共闘の流れをもっともっと前に進めたい。そのためにも、共産党の躍進がどうしても必要です。

 前回の選挙で8から21に大躍進させていただきました。この力があったからこそ、私たちは共闘の道に踏み出すことができたんです。みなさんのお力添えがあったからこそ我々今の市民と野党の共闘に取りくんでおります。この力がもっともっと躍進することが市民と野党の共闘を発展させ日本の政治をよくする一番の力になるんじゃないでしょうか。21に躍進させていただいたおかげで日本共産党議員団、議案提案権を衆参ともに持つことができました。たとえば、ブラック企業規制法案を提出しました。まだ、これ実ってませんがね、提出しただけで厚生労働省が動き出しました。全国のブラック企業の調査を始め400を超える事業所で是正をすでに勝ち取っております。みなさん、共産党がのびれば、そうやって一つ一つみなさんの願いが叶う方向で政治は動いてまいります。


Img_63711

Dsc001881
塩川鉄也さん

Dsc001931
梅村さえこさん

movie  クリックすると動画れます
https://www.youtube.com/watch?v=HVVNW_EG3mY&t=79s

比例北関東選挙区  定数 19(前回より1減数)
埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県で構成されている
埼玉13区の小選挙区では野党統一候補の社民党の池田まさよさんを日本共産党が推薦。日本共産党の候補者を降ろした。

比例北関東選挙区で
日本共産党は前回の総選挙で塩川鉄也さんと梅村さえこさんの2議席に前進。
今回の総選挙で安倍政権にさようならするため、塩川さん梅村さんの2議席を絶対確保し議席増を目指している。激しい接戦になっている。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 2017 応援メッセージ 菅原 文子 赤旗から

共産党の努力無にしない

clover 画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_0001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

総選挙 大激戦 比例は共産党  新潟・長岡市から

心意気にこたえねば

涙が出るくらいです


clover 画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_00012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 2017 今言いたい が輝いている  赤旗から

これこそが最良の選択

clover 画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_00011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

総選挙 大接戦 比例は共産党  赤旗日曜版から

共闘進める共産党の躍進で、安倍政権にさよなら

市民と野党で政治取り戻そう

共闘進める決断は歴史的

市民と野党の共闘の要役

9条擁護でブレずに一貫

反戦の党がいまが頑張り時

疑惑は何も解決していない

clover 
画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_0002

Img_0003



| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 2017 今言いたい が輝いている  赤旗から


もう国は信用できない

Img_0001

clover 画面をクリックすると大きくして見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

「ブレない党」 共産党に期待 総選挙で躍進を

Img_0004

clover 画面をクリックすると大きくして見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 2017 今言いたい が輝いている  赤旗から

たじろがない姿に敬意

Img_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

「戦争に近づかない」ために 丹羽宇一郎 赤旗・焦点・論点

Img_00031

Img_00032

 今回の本で言いたかったことは、「国民のみなさん、戦争に近づかないようにしよう」ということです。戦争をやるにしても、やらないにしても、政治家はそれらしい理屈をつけます。
 北朝鮮問題で安倍政権は「対話と圧力」と言い続けてきました。私はどんな対話をしてきたのか教えてもらいたいです。対話は〝有言不実行〟ではないのか。金正恩(キムジョンウン)委員長との首脳会談はゼロ。安倍首相はいまでは、「対話のための対話は意味がない」と言っています。
 北朝鮮が正しいとは思いませんが、あの国が全面降伏するとも思いません。圧力一辺倒は外交上の愚策。やり続けたら戦争しかなくなる危険な道です。日米中韓ロプラス北朝鮮の6者協議の再開に踏み出すことが唯一の道です。
 最近の反中、嫌韓の世論も気になります。相手をバカにし、敵意を持てば、相手も同じ感情を持ちます。人は自分の鏡です。いくら相手をバカにしても、それで自分が立派になることはありません。一時的に留飲は下がりますが、自分自身の尊厳も下げます。
 お互いに共通することだけでなく、違っていることを認め受け入れることが基本です。敵意や戦意をあおるのは、平和友好を説くよりもずっと簡単で、国民の感情的な支持は得やすいものです。現在の日本でも、北朝鮮や韓国、中国に対し、強硬な議員の方が支持を得やすいでしょう。
 日本人に限らず、外国と対立すると、国民は強硬論を好む傾向にあります。慎重論は弱腰とされ、政府の政策が強硬になるとメディアも自由を失い、強硬論以外は排除されていきます。戦前のメディアがまさにそうで、いままた同じ過ちを繰り返そうとしています。

 私か著書でもう一つ訴えかかったことは、戦争を知らない時代に生まれた者がまず第一にできることは戦争の真実を知ることです。戦争を知らず、知ろうともせず、安易に戦争を口にすることは無責任です。結局、国家、国民、そして自らを害することになります。
 私は今回、この本を書くにあたって、戦争体験者に取材し、戦場の真実を聞きました。フィリピンに出征したある元日本兵は、敗戦近くでは「こちらが一発撃つうちに敵はそれ以上撃ってくる。とても応戦などできるものでない。逃げるのに精いっぱいだった」と証言しました。反撃手段すらなかったのです。
 他にもさまざまな証言を聞きました。「曹長は主計中尉とその部下を殺して食料を奪った」「現地での婦女子への強姦も横行した。自分もやった。どうせ死ぬのだから何をやってもよいと思った」
 極限状況に置かれた人の集団は、たやすく鬼畜になるのです。これが戦争の真実です。日本人としては記述の筆が鈍りますが、こうした事実から目をそむけては、戦争の真実には迫れません。
「安全保障とは防衛力」と思い込んでいる日本人が多いと感じます。国会議員でも安全保障の議論をすると、中国や北朝鮮からの攻撃をどう防ぐか、どう反撃するかばかり話す人がいます。
 敵をつくらないことが目的の安全保障に対して、敵がいないことには成り立たないのが防衛計画です。仮想敵国を定め作戦を練るわけです。安全にとって最も大事なことは、敵をつくらない政策だと思っています。
 私は日米安保条約を全面否定するつもりはありません。ただ、アメリカに依存して、日本の安全保障を正面から考えようとしない日本の思考停止状態にこそ問題があると思います。
 仮に尖閣諸島で日中が軍事衝突したとします。アメリカが本国から遠く離れた無人島のために、自国の若者の血を流す決定をしますか。中国との経済関係を反故にして日本を助けますか。大統領が、「アメリカ第一」を公言する国ですよ。
 アメリカにとって必要ならば、曰本に関係なく米軍を動員します。在日米軍は日本を守るより、アメリカの極東戦略、西太平洋の制海権を確保するために存在していると思います。だから、軍事同盟というのは、日本とは無関係な戦争に日本が巻き込まれる危険もあるのです。

 日本が目指すべきは世界中から尊敬される国です。尊敬される国とは世界を屈服させる国ではなく、世界が感服し、見本となる国です。平和的手段で問題を解決するというのは当たり前のことです。
 歴史は勝者がつくるものといわれます。日本が目指すべきは「敗者の歴史」を冷静に検証する国です。
 相手にいかに非があっても、武力で正す方法は避けなければいけません。戦争による解決は選んではいけないのです。
 まもなく総選挙の投票日です。立候補者には、「当選することだけを目的にせず、自分たちの主張を明確にしなさい。民主主義は民が主人で、党が主人ではない。自らの党のために主張を変えた人は国民に説明しなければならない」と言いたいです。私は主張が明確な候補者に投票するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙 2017 今言いたい が輝いている  赤旗から

比例は本気の共産党さんに

北朝鮮危機 対話解決を


clover 画像の画面をクリックすると大きくして見れます。

Img_0001

Img_0002



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«総選挙 2017 今言いたい が輝いている  赤旗から