世界に誇れる憲法9条を生かしたい   7月17日

六 戦争の放棄

みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戦争をしかけた國には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの國々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。

 そこでこんどの憲法では、日本の國が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの國よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

 もう一つは、よその國と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの國をほろぽすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、國の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその國となかよくして、世界中の國が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の國は、さかえてゆけるのです。
 みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。

(あたらしい憲法のはなし六項から引用)

Photo

happy02 「あたらしい憲法のはなし」は、
憲法が公布されてから10ヶ月後の1947年8月に文部省によって発行され、全国の中学生が1年生の教科書として学んだものです。
 しかし、この教科書は2~3年使われただけでした。1950年朝鮮戦争、1952年安保条約が結ばれ、警察予備隊が生れ自衛隊に変わってゆく時代の流れの中で、教室から姿をけしていってしまったのです。

bud 崇高な常備軍を持たないという理想実現に向けての呼びかけで、読み返すと感動します。
これだけすばらしい憲法を持っているのだから、それが実現しない限り、時間がかかるかもしれないけれど、諦めずに憲法を生かすために努力するのが私たちの責任だと思うのです。これが私の憲法と第9条に対する基本姿勢です。

angry 残念なことに、60年以上も続いた自民党政治のもとで、自衛隊が存在する中で、“自衛隊なしに日本の安全は守れない”という考えが広められました。
 国民が“自衛隊をなくしてもいいよ”という気持ちになるには、それだけの時間と手続きが必要になっています。ですから私は国民の合意で自衛隊をなくしていくことが必要と訴えたのです。
しかし、今回の大洗の自衛隊派遣は異常であり、こうしたことは見過ごしてはならないと考え申し入れをしました。

happy02 そこまで行き着くまでの時期に、大規模災害など、必要にせまられた場合には、国民の生命と安全を守るために自衛隊を活用するのは当然だと考えます。3.11東日本大震災で自衛隊はそうした役割を果たしたと思います。
消防や、警察も組織をあげて、その任務を全うするために全力を尽くしました。
 私が考えたのは、自衛隊をなくしていく過程で、地震災害が多い日本では特別の「災害救助隊」のようなものに変えていける可能性もあるのではないだろうかということです。これはみんなで考えて決めていけばいいのではないでしょうか。

angry 私の申し入れのブログに何通かの批判の書き込みがされました。
そのほとんどが、誹謗、中傷のマナーに欠けた物でしたので削除し、名前の書いてあるものは掲載しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑲

《2018年11月10日》  コナラの林で

 昨年の11月2日に、大量のどんぐりの実を見て驚き、関心がわいて、観察続けて1年が経過しました。
 今年も、たくさんのどんぐりの実が地面を埋めているのかと考えていましたが、今年はどんぐり実は全く落ちていませんでした。不思議でした。調べてみて、どんぐりは全く実らない年もあるということを知りました。また、どんぐりの実がたくさん落ちるのはいつのことでしょうか?
 どんぐりの実が大きな木になるのは並大抵ではないこと、自然と人間が共生することについても考えさせられました。
  知らないことばかりが多く、少し勉強しまとめました。それでも、まだ、いくつもの疑問があり、引き続き勉強していきたいと思っています。

Img_2439
1年間、基準の場所としてきた腐った木株が無くなっていて、ちょっとさびしい気持ちになりました。でも、コナラの木は育っていました。
Img_2432

Img_2426

Img_2429

Img_2423

Img_2424

Img_2441
林の一隅には何年もかけて育つ幼木がありました
Img_2447


クヌギ通りで

Img_2379

Img_2387

Img_2386

Img_2374

Img_2385
クヌギの太い幹
Img_2407

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑱

《2018年10月18日》  コナラの林で

Img_2047

Img_2041

Img_2037

Img_2039

Img_2049

Img_2051

Img_2052


クヌギ通りで

Img_1998

Img_2011

Img_2004















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑰

《2018年9月17日》  コナラの林で

育つコナラの木はほんのわずか

Img_1288

Img_1289

Img_1290

Img_1294

Img_1295

2018年度のコナラの実が落ちはじめている

Img_1297

Img_1291

Img_1292_2

クヌギ通りでも2018年の新しい実が

Img_1243

Img_1233

Img_1230

Img_1231












| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑯

《2018年8月12日》  コナラの林で

数は少なくなったけれど成長は続いていました

Img_0477

Img_0478

Img_0470

Img_0482

Img_0486

Img_0488

Img_0469
2018年の新しい実が落ちていました

クヌギ通りの変化

Img_0442

Img_0443
2018年の新しい実が落ちていました
Img_0444







| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑮

《2018年6月12日》  コナラの林で

 人と自然の共生  姿が全く変わっていました
きれいに草刈りがされていました happy02
近所の人たちが草刈りをするのではないだろうか、という心配があったのですが、その通りになりました。5月の姿とは全く変わってしまっていました。
当たり前といえば当たり前なのですが、コナラの林は古隅田公園の中にあり、人が住み、散策に人や動物がよく歩く場所にあります。

  成長続けるコナラの木
 どんぐりの実が成長して木になり実を実らせるようになるのは、こうした条件を乗り越えたほんのわずかの木々なんだということをしみじみ感じました。

Img_4830

Img_4817

Img_4823

Img_4821

Img_4820

Img_4824

Img_4826_2

Img_4831

Img_4829


クヌギ通りでも、成長を続けるのは数本に

Img_4793

Img_4795












| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑭

《2018年5月24日》 コナラの林で

5月になって、雑草も勢いづいていますが、コナラの実生も元気に成長を続けています。

Img_4479

Img_4439

Img_4452

Img_4454

Img_4456

Img_4448

Img_4433

Img_4468

Img_4473

Img_4475

Img_4477


クヌギ通りでも実生が何本も成長していました

Img_4430

Img_4410_2

Img_4411

Img_4413

Img_4431















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑬

《2018年4月30日》  コナラの林で

Img_3368

Img_3369

Img_3360

Img_3394

Img_3396

Img_3393

Img_3380








| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑫

《2018年4月16日》

クヌギ通りで

クヌギの本葉が何本も成長している姿を見つけました。
クヌギは芽を出さないで終わってしまうのかなと思っていたので、ここでも生きているんだと思いうれしくなりいました。

Img_2765

Img_2761

Img_2764

Img_2762

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

コナラの林で

すごい !!
クヌギの本葉が他の草といっしょに地面いっぱいに勢いよく育っていました。
「これが、みんな育ったらここはクヌギ林になってしまうよね」とこれから先どうなるのだろうかと???


Img_2803


Img_2788

Img_2789

Img_2785

Img_2790

Img_2795

Img_2797

Img_2800

Img_2808

Img_2819

Img_2821

Img_2848
古隅田公園外から写したブナ系の雑木林
Img_2849
東武野田線側からの入り口



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑪

《2018年4月2日》  コナラノ林で

コナラのどんぐりの本葉が、陽を浴びて一面に生え広がっています。
生きている躍動感を感じます。

Img_2530

Img_2531

Img_2529

Img_2527

Img_2536

Img_2539

Img_2544

Img_2545

Img_2547

Img_2549

Img_2553
























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑩

《2018年3月28日》 コナラの林で

コナラの実生(みしょう)(芽が出て成長する様子)を確認しました


前回の3月7日には実生を見ることはありませんでしたが、一気に成長が進んだようです。胸がわくわくでした。もっと間隔を詰めて来なければいけなかったようです。

Img_2058

Img_2064

Img_2017
根から水分を吸い上げ、どんぐりの実の子葉から栄養を吸収し本葉が伸びていました。
Img_2019

Img_2020
芽を出すのはこれからのどんぐりも
Img_2024

Img_2022

Img_2027

Img_2029

Img_2031

Img_2032

Img_2033

Img_2034

Img_2036

Img_2040_2

Img_2044

Img_2047

Img_2049

Img_2050

Img_2052

Img_2055

Img_2057

Img_2059

Img_2060

Img_2062

Img_2066

Img_2069

Img_2071

Img_2075

Img_2076

































| | コメント (0) | トラックバック (0)

«どんぐりの成長をみまもってから1年  ⑲-⑨